ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

【訃報】ワイキキの最後のビーチボーイズ、ラビット・ケカイさん逝く

投稿者: Eriko 更新日:2016年05月14日

Surf legend 'Rabbit' Kekai dies at 95

デューク・カハナモクと並ぶサーファー

オアフ島のラニカイ・ビーチ

 

ハワイ出身の伝説のサーファーで、現代サーフィンの先駆者でもあるアルバート・”ラビット”・ケカイさんが、5月13日(金)に他界しました。95才でした。

ワイキキのビーチボーイズのひとりとしても有名だったケカイさんは、ビーチボーイズの最後の生き残りでした。1991年には、インターナショナル・サーファーとして殿堂入り(スポーツなどの専門分野で優秀な成績を残した偉人)を果たし表彰されました。

ケカイさんは、ワイキキで生まれ、5才のときにサーフィンを始めました。サーフィンやカヌーの技術では、サーフィンの父と呼ばれたデューク・カハナモクに肩を並べると言われ、長年自分の持つ技術や知識を人々に伝授してきました。

■関連記事/第03回 あまり知られていないデューク・カハナモクのお話 前編
■関連記事/第04回 あまり知られていないデューク・カハナモクのお話 後編
■関連記事/【話題】 デューク・カハナモクの家が売りに出される!

1930年から40年の間は、最高に優れた実績を持つサーファーとして活躍し、1955年にはマカハ・インターナショナルで優勝しました。

ケカイさんは、「ラビット(ウサギ)」というニックネームで呼ばれていましたが、これはサーフィンではなく、足が速かったことからつけられたそうです。サーフィン辞典によれば、高校時代はオアフ島で一番速いランナーだったと言います。

5年前の彼の90才のビッグバースデーパーティの際には、「長寿の秘訣は、クリーンでヘルシーな生活、そしてたくさん笑うこと」だと語っています。「90年間のトラブル、皆さんに感謝します。人生のほとんどがトラブル、だから皆わたしのことを”Kolohe(ハワイ語でやんちゃという意味)”と呼ぶのです」と冗談を言っていました。ケカイさんのご冥福を心よりお祈りします。

(Hawaii News Nowより)

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ