ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイのロコボーイに全米のフットボールファンが注目

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

セントルイス校出身のマリオタ選手、ハイズマントロフィー受賞

 

カイムキのワイアラエ通り沿いにある男子校の前に、こんな横断幕が掛かっています。

■関連記事/今年もアロハ・スタジアムにプロボウルがやって来ます!

■関連記事/アロハ・スタジアムで結婚式ができるようになりました!

 

mariota1

「おめでとう、マーカス」

「われわれクルセーダーは誇りに思います」

 

クルセーダー(十字軍兵士)はこちらの男子校、セントルイススクールのマスコットのことです。そして「マーカス」とは去る12月13日に全米大学フットボール最優秀選手賞「ハイズマントロフィー」を受賞したマーカス・マリオタ選手のことです。マリオタ選手は同校の卒業生なのですね。

 

ハワイ出身選手がハイズマントロフィーを受賞するのは今回が初めてのことです。同校やフットボール関係者だけでなく、ハワイ中がこの快挙に沸き立っています。

 

高校卒業後、オレゴン大学に進学したマリオタ選手ですが、チームの司令塔であるクオーターバック選手としてその実力を遺憾なく発揮、今シーズンは12勝1敗でチームをカンファレンス優勝に導きました。そして全米優勝を目指し、来年1月1日に行なわれる準決勝戦のローズボウルでフロリダ州立大学と対戦することが決まっています。

 

今でこそ、アメリカ中のフットボールファンから注目を浴びているマリオタ選手ですが、順風漫歩なフットボール人生とはいかなかったようです。

 

才能を見いだされ、ハワイではフットボールの名門といわれるセントルイススクールに進みましたが、1学年上のジャレミー・ヒギンズ選手の活躍で高校では3年生までプレーするチャンスに恵まれませんでした。

 

試合で活躍し、有名大学にリクルートされていくチームメートをベンチから眺めていた彼は「フットボールは向いていないのかもしれない」と辞めたくなったときもあったといいます。そんなとき家族や親友たちに「とにかく頑張れ」と励まされ、踏ん張ったそうです。

 

「みんなのお陰で今の自分がある」

mariota2

時折涙で話せなくなった3分間に及ぶ彼のスピーチは、多くの人たちに感動を与えました。授賞式の司会をしたスポーツキャスターも「これまででもっとも記憶に残る、素晴らしいスピーチのひとつ」と称賛しています。

 

マリオタ選手の両親は、彼と兄の2人を米本土で開かれていたフットボールキャンプに参加させるため、家を売却したといいます。キャンプには名門大学のコーチたちがスカウトに訪れるので、子どもの将来を考えた末の決断だったといえます。お母さんは仕事も増やしたそうです。

 

マリオタ選手がこみ上げる涙で、途中スピーチが読めなくなったのは、きっと彼を信じてサポートし続けてきた両親のことを思っていたからなのでしょうね。

 

テレビの真ん前で授賞式を観ていた夫は、もらい泣きしていました。実は彼も元フットボール選手で、セントルイススクールの卒業生でもあります。授賞式が終わると、「オレに家を売ることなんてできるか?う〜ん、車ならできるけど」とひとりで唸っていました。

mariota3

そして最近ヤツは、母校のロゴマーク入りのアロハシャツをクローゼットから引っぱり出してきて、着ては洗って、着ては洗ってと、ほぼ2、3日おきにこのシャツを自慢げに着て、颯爽と(笑) 出掛けていきます。クルセーダーにもいろいろなタイプがいるようで…

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*