ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイから明けましておめでとう!

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

newyear1

みなさま明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いします。

ハワイ暮らしも長くなり、なにごとも「あとでいいや」というライフスタイルが身に付いてしまった私ですが、大晦日だけは違います。

大掃除をして、友人が大量注文してくれたサンヌードルのそばをピックップし、録画した紅白歌合戦を観ながら年越しそばを準備し、家族でそばを食べ、花火見物に出掛ける…といった習慣はずっと変わりません。

でも毎年予定通りスムーズにはいきません。「あとでいいや」の癖が抜けずにダラダラとしながらも、「新年を迎える前に済まさなきゃ」という焦りで、今年も最後の最後まで大慌てでした。

大晦日の晩は数年前からカカアコ臨海公園で開かれているニューイヤーズイブパーティに行っています。

■関連情報/【お正月特集】ハワイでお正月を楽しむ芸能人一覧
■関連情報/【ホリデー情報】ハワイの新年カウントダウン花火大会情報!

newyear2

昨晩もものスゴイ人出でした。地元の報道機関もたくさん来ていて、あちこちでリポートしていました。

会場で一番目立っていた観覧車になんだか乗りたくなって、高所恐怖症の夫を説得して親子3人で乗りました。観覧車に乗るなんて久しぶり〜。

newyear3

高いところから下を眺めていたら、この1年に起きた実にさまざまなことを思い出しました。贔屓目にみても良い年とはいえなかったなあ〜。

そして「キレイ〜。しあわせ〜」という娘の声に、ちょっとしんどかった過去から現在に引き戻された私。なぜかさきほど紅白歌合戦で歌っていた絢香の「にじいろ」の歌詞が頭に浮かびました。

 

『なくしたものを数えて

瞳閉ざすよりも

あるものを数えた方が

瞳輝き出す』

 

紅白で娘が「一番イイ」と言っていた歌です。彼女から歌詞の内容を聞かれて、ちょうどこの部分を説明してあげたのでした。

 

思えば娘のこの明るさに助けられた1年でした。

 

結婚して15年経っても子どもに恵まれなかった私たち夫婦のもとに

 

ひょっこりとやってきた娘…

 

そんな彼女が大晦日の晩にこんな嬉しそうに「シアワセ〜」なんて叫んでいるんですもの、瞳を閉ざしてちゃ、罰があたりますね。

 

そういえば、バタバタ走り回っていた師走、前を走る車のナンバープレートに、ちょっとだけ心の落ち着きを得ることができました。

 

newyear4

「KANSHA」

 

今年は感謝の気持ちを忘れずに、瞳を輝かせて毎日を生きていこうと、お雑煮を食べながら誓いました。

 

newyear5

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*