ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

AuntyAYA

私のおんぼろトラック

投稿者: AuntyAYA
投稿日:
コメント: 2 Comments »

ハワイで最初に運転したのはグランド・チェロッキーだったのだけど、それも古〜い車で良くエンストを起こして、何度か相棒を呼ぶはめになったものです。

当時は携帯も持っていなかったので公衆電話を探すのが大変でした。

 

その次はこのおんぼろトラックを運転していました。

truck

 

相棒がペンキ屋さんの友人から買い取ったもので、色んな色のペンキがあちこちについていて、タバコの匂いも染み付いていました。ラジオは壊れていて、ステレオは空っぽ。エアコンも、もちろん壊れていました。そして、バンパーはサビサビで穴も開いていました。

 

相棒には運転ができる車があるだけでも有り難いと思えと憎たらしいことを言われ、当時はコンチクショー。。。と思いながら運転していました。 👿 

 

truck

 

 

正式には古いグランド・チェロッキーもこのおんぼろトラックも相棒の所有物だったのだけど、相棒にはバンがあるので私のトラックになっていました。

ハワイではトラックを運転する女性を見るのは珍しくありません。まぁ〜、もうちょっとみばは良いけどね〜。

 

ノア・ノアに勤めていた時も、ワイキキまでこのトラックを運転していったものです。エスニックでエレガントなロングドレスかロングスカート姿でこのトラックから降り立つ私を見て、日本からの友人は笑い転げたこともしばしば。 服とは真反対の男前さにびっくりしたようです。 🙄 

お酒を飲むことの多いスーパーボウル・サンデイやホリデイ・シーズンには、必ずといっていいくらい、飲酒運転のチェックのラインに並ばされたものです。ほとんどの車が声もかけられないのにですよ〜。 😥 

そして私の番になると、車の中を覗いた警察官は笑いがこらえきれないみたいで、

 

ごめんごめん、アンティはいいよ〜。素敵な夜をね〜。

 

と言われて、結局はスルーをしていました。若いハワイのヤンキー兄ちゃんが乗っているとでも思ったのでしょうね。 🙄 

近所の高校生の男の子には、いくらで売ってくれる?と聞かれたり。高校生が人生最初の車として欲しいお手頃便利車種のようです。

 

窓ガラスには日光遮断のフィルムがなく、いつも顔も腕も左半分がオセロ状態で断然黒かったものです。 🙄 

 

今は、相棒の友人がゴミ収集所に行く為だけに使うと買いとってくれました。

この写真は、その友人が引き取りにくる直前に撮ったもの。なんだか、感慨深いな。。。

 

今は自分の車を持っていますよ。。。。。MJの車のようになっちゃって、私は運転手に成り下がっているけどね。。。 🙄 

 

いっぱい想い出が詰まったおんぼろトラック、既に懐かしいな。

 

この記事が属するカテゴリー: AuntyAYAのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

2 responses to 私のおんぼろトラック

  1. ジョ〜ジ様、返事が遅れました〜。 このミニトラックって、とっても便利なんですよね。ハワイでも人気があるのだけど、もう生産してなく希少価値なんです。相棒は売ってから後悔しています。この次のトラックは大きすぎて結局手持ちぶさたで半年で売っちゃいましたからね。
    アウトドア派や建築、海関係の仕事をしている人には本当に便利です。ハワイでは荷台で人を運ぶこともできますしね。又、良かったら、コメントくださいね〜。:)

  2. はじめまして!ショ~ジと申します。
    アメリカの文化として人気のあるTruckin’、特にミニトラックが好きで26年ほどピックアップトラックに乗っています。
    その世界の者達は、車高を下げたり非力なエンジンを載せ替えたりペイントしたりして遊んでいます。
    普段の生活に使うトラックもHAWAIIも好きで、このようなライフスタイルに憧れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*