ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

花と道、そして誠

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

shodo1

ハワイに暮らすようになって、日本の伝統文化に触れる機会が、日本にいたときよりずっと多くなったような気がします。

 

ホノルルで東花(とうか)書道を主宰するヒロミ・ピーターソン先生から、書道展「心を筆に」のご案内をいただき、この週末、日本文化に興味津々の娘と、なぜか漢字に興味津々の夫の3人で行ってきました。

 

会場はモイリイリ地区にあるハワイ日本文化センター。書道展を鑑賞するなんて、何年ぶりのことでしょうか。

shodo2

会場にはピーターソン先生をはじめ、書道会員のみなさんの力作がズラリと並んでいます。

 

ワタクシも小学2年生から6年生まで近所の書道教室に通ったものです。自分から親に頼んで通わせてもらったのに、最初は楽しかった教室も、だんだん面倒になってきまして…

 

楽しい、楽しい放課後のドッヂボールや缶蹴り、どくろむし、ゴムだんといった、大汗をかく遊びばかり夢中になっていた当時のワタクシ。書道の日は友人に「すぐ戻ってくるから待ってて〜」と告げて抜け出し、教室へ。

 

出来るだけ早く友だちのところへ戻りたいから、立て膝で墨をガンガンすっていると、決まって先生に怒られましたっけ。「墨をするときは心を落ち着けて、円を描くように」と。

 

そんなことを思い出しながら、鑑賞していました。みな素晴らしくて、娘から「どれが一番好き〜?」ってたずねられても、なかなか選べません。

shodo3

「おかげさまで」という言葉はハワイの日系人の間でもよく知られています。選挙キャンペーンで候補者が「オカゲサマ」って、たどたどしい日本語でお礼を言っているテレビコマーシャルが以前ありました。

 

心の友と書いて「しんゆう」というのですね。いいわあ〜。

shodo4

こちら(↑)主宰のピーターソン先生の作品。説明文を読んでからあらためて眺めてみると、心に響きます。

 

「何のために生まれたか」

「何をして生きるのか」

 

夫と娘はいろいろな文字が書かれた小石に夢中です。

shodo5

そういえば以前、用事があってピーターソン先生のお宅を訪ねたときに、フリーの道を選んだワタクシに、先生が「道」と書かれた小石をくださいました。「新しい道を切り開いていって下さい」と。

 

娘には「花」と書かれた小さな色紙をくださいました。花は娘のミドルネームです。

 

漢字好き(なぜかは不明)の夫は、「自分にも欲しい」と大変羨ましがっておりましたので、書道展で自分のミドルネーム「誠」の石を見つけて大感激。

 

さっそく居間の本棚に飾って、「日本っていいねえ」とみんなで鑑賞しています。

 

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*