ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

AuntyAYA

ブルーノ・マーズがハワイに戻ってきた!

投稿者: AuntyAYA
投稿日:
コメント: No Comments »

AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて
“とうとう、ブルーノがハワイに戻ってきました!”

どれだけの人がこの日を待ち望んでいたのでしょうか。
ライブの日が近づくにつれ、ハワイではブルーノの話題一色に。

チケットを手に入れる事ができず転売者から買う友人も多く、値段を聞いて私には高くて無理と思っていたのだけど。。。。我慢できず、開催日の10日前にネットでチケットを入手!実際の値段の倍だったけど、彼の出身地で見るライブは付加価値がつくと思ったのです。
友人の中には3~5倍の値段で買った人もいて、ネットでは1枚を$7120で売ろうとしている人もいました。

私がライブに行ったのはオープニングの日、金曜日の晩です。
7時開場、8時開演。
駐車場がいっぱいになる前にと早めに6時頃、ブレイズデル・アリーナに行くと、既に何百人もの人が並んでいました。
年代は高く、ブルーノの親に近い。。。ということは、私くらいの年代ですね。。。苦笑。

開演寸前になると、ティーンエイジャーや若いカップルが現れました。
数日前までは、ネットで転売のチケットを販売していたけど、当日は空席なんてどこへやら満席です。
皆さん、いくらでチケットを買ったのか気になりました。

9時半までは前座のバンド、ハワイ出身の「ザ・グリーン」などの演奏。
既に、盛り上がっていて立ちっぱなしで踊る人も。

私はというと、ブルーノが出てくるまで体力を温存していました。笑。

■関連記事/ハワイ出身のブルーノ・マーズが故郷ホノルルでコンサート

AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

ステージの前に黒地にキンキラキンの椰子の木が描かれたカーテンが降りました。
映画「極道の妻達」を想い出しました。笑。
ブルーノの新しくもあり、懐かしくもあるファンキーな魅力を表現していますね。

カーテンが落ち、演奏が始まります。ブルーノの登場です!
何の曲で始まったのか忘れたくらいに叫び続けていたのは私だけではありません。
会場中が叫んでいました。

ブルーノが
「待たせたね、みんな。戻ってきたよ!」と言った時には。。。。
ブルーノも感無量な様子でしばらく言葉を失っていました。

AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

アップビートでディスコ世代の面影のある”Treasure”、”Natalie”、能天気で心が温かくなる”The Lazy Song”、”Marry You”。 そして彼の失恋を歌った切ない”When I was your Man”。。。

周囲に若いカップルが数組いたのだけど、女性よりも男性の方が「ブルーノ!」と叫んだりして、ちょっとびっくり。
観客席は小学校低学年と思わしき子供達から、そのおじいちゃん、おばあちゃん世代まで幅広い客層に受けるのは、彼の音楽性の広さと、お茶目さと温かさを感じるキャラクターの賜物でしょう。
彼の作る歌はディスコ調、ドゥー・アップ、レゲー、そして、ラブソングと、本当い幅広い。それでいて、ブルーノ独特の個性を感じるのは素晴らしい。

ギター、パーカッション、ピアノと様々な楽器もこなすし、踊りも上手。
踊れてユーモアもあるミュージシャン件ダンサーたちとブルーノの絡みもショーを盛り上げます。
息のあったチーム作りは、子供のころから家族と一緒にステージに立っていた時に身に付けたのでしょうね。

AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

歌い踊り続け、観客を巻き込みながらコンサートは進みました。
写真撮影もビデオ撮影もOK!ネットに掲載してもいいということで、周囲は忙しくFBやTWITTER、INSTAGRAMにアップしていました。
ライブに来なくても、臨場感のあるレポートを見た人も多かったのでしょうね。

ブルーノのコンサートはいったん、「ジャスト・ザ・ウエイ・ユー・アー」で終わり、再登場したのは、スーパー・ボウルと同じく、彼自身のパーカッションで ”Locked out of Heaven”。

パーカッションでもブルーノ自信のスタイルを持っていますね。
子供時代からワイキキのステージに立っていたので、人を楽しませることを心の底から知っているし、本人自身が楽しんでいるのが伝わってきます。
エンターテイナーとして生まれ育ち、その毎日の積み重ねで今のブルーノがいるのだと感じました。

■関連記事/【エンタメ】ハワイが生んだブルーノ・マーズがグラミー賞を受賞!

AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

最後は ”Gorilla”。
ステージの上は火山の噴火を思わせる爆音とともに火が飛び出します。
最後まで観客を裏切らないショーは、あっという間に終わっちゃいました。

ブルーノのいいエナジーをたくさんもらえたライブでした。
ブルーノ、次の里帰りライブを待っているよ~。

*歴史上残る視聴率を記録したスーパーボウル2014のハーフタイムのブルーノのライブ・ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=zUDplBndUOw

*ブルーノの4才の時のワイキキでのステージのビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=tdxr0z3SZ74

この記事が属するカテゴリー: AuntyAYAのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*