ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

AuntyAYA

90年代に夢中だったJ24というセーリングボート(ヨット)

投稿者: AuntyAYA
投稿日:
コメント: No Comments »

私がハワイに住むきっかけとなったのは、セーリングレース(ヨットレース)に参加したためですが、90年代に特に夢中になった船があります。それはJ24という名前のセーリングボート(ヨット)です。

J24は、ディンギー(1〜3人乗りのエンジンのない帆のある船)を大きくしたような船。だから、ヨット好きでも、恐いと言う人も多いのです。
感度が高く、乗っただけでも揺れるし、人の体重移動や風、波、海流に敏感に反応します。だから、クルーの技量が問われるのです。繊細な人向き、小柄な女性でも操縦しやすい船ですね。
このJ24クラスで男女混合チームでもレディスチームでも全日本に参加したこともありました。

男女混合の全日本は100挺ほどの参加でいつも賑やかな大会でした。公式レースでは、始まる3日前から帆や船の測定と重量測定、クルーの合計の重量制限もあり、男性陣はボクシングみたいに断食して、大会に望んでいましたね。笑。計量も3日間開催していたので、「お腹すいた〜、今日こそは!」と嘆いている男子を観察するのが面白かったな。笑。

その頃の私は体重を増やせと言われても、海での練習で毎週末減る一方で戻りはしても増えることはなかったのです。セーリングは見た目は優雅ですが、運動量はかなりのものです。

レデイスの大会はスポンサーがつくこともありました。旅費も現地での経費もウエアも作ってくれた時も。やはり女性がたくさん集まると華やかで話題性もあるのでしょう。サポートをしたい企業も多かったようです。

それほど好きだったのに、2001年にハワイに来てからJ24に1度も乗ったことがありませんでした。



AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

ハワイに「アイスパレス」というスケート場があるのをご存知ですか? オーナーは冬のスポーツとセーリングレースが大好きで、「ザンボー二」という船を持っています。「ザンボーニ」は氷を磨く機械で、世界でたった1つしかない船の名前だと言っていました。そうですよね。船に氷を磨く機械の名前をつける人はそうそういないでしょうね。笑。

その船のクルー(乗組員)として私も以前は金曜日のビア缶レースに出ていました。最近は、オーナーも海に出ていないようで、ザンボー二ちゃん、ちょっと寂しそうです。

オーナーも90年代はJ24に夢中だったようで「ザンボー二JR」という船を持っていました。ザンボー二も数々のレースで素晴らしい成績を残していますが、ザンボー二JRはハワイ1早いJ24と言われています。

その『ザンボー二JR』は陸揚げされ10年ほど誰も使っていませんでした。ずっと恨めしく眺めていたのです。それが最近、知人がザンボーニJRを買い取ったのです! 名前も替え、金曜日のビア缶レースに参加しています。

*参照。

その知人がアメリカ本土にいるとのこと、相棒と2人だけでJ24を出すことに。なんとJ24に乗るのも13年ぶり。。。なのに舵を取れと言います。ワイキキの海に出ると大きな波が。サーファーがひっくり返っています。夏はワイキキに良い波が来るのです。恐くなりました。。。好きなだけに、この船の危うさも周知しています。悲鳴をあげながら相棒に舵を渡すと30年ぶりなんだけどな〜だって。もっと冷や汗が。。。

タック(方向転換)の練習をしながらマジックアイランドとダイアモンドヘッドの間を行ったりきたり。私はジブトリム(前にある小さめの帆の操縦)をしました。 普通なら、4~6人のクルーがいる船です。それを2人で、それもしばらくぶりの人達で出るなんて無謀です。ハワイの海は風も強く波も高いですから、それに海流も強く、サーファーやダイバー、カヤックをしている人が目の前を横ぎります。。。それでも少しずつ楽しくなってきました。

レースに参加するためにたくさんのセーリングボートがワイキキ沖に出てきます。途中参加で少しだけ一緒に走りました。気持ちよかった!

■関連記事/人気連載「Aunty Ayaのゆるゆる~な海のお話」フライデイ.缶ビールレース

■関連記事/第29回 ハワイ在住者がお気に入りのビーチ教えます!

AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

その後はワイキキ.ヨット.クラブにて、フローズン.マルガリータを頂きました。この飲み物にも想い出がいっぱいあるのです。2000年にハワイのレースに参加した最終日に、ハワイの現地クルーがお疲れ様!と大きなピッチに入ったフローズンマルガリータを私たちに振る舞ってくれたのです。アルコール.アレルギーの私もギラギラ差し込む太陽の下、体にしみ込んだ、この甘酸っぱい味を忘れることはできません。

そして、花火です。久しぶりに金曜日の夜をワイキキで過ごしました。



AuntyAyaのブログ、ハワイの暮らし、ハワイのスポーツとハッピーを求めて

ハワイでJ24に乗るのは私の長年の夢だったのです。ずっと思い続ければ夢って叶うものなのですね。いつか相棒と2人でレースにも出たいな。

この記事が属するカテゴリー: AuntyAYAのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*