ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

ハワイ島ぶらり旅 (2)

投稿者: キョーコ
投稿日:
コメント: No Comments »

ぜひ泊まってみたい素敵な宿

キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報


ハワイ島初心者の旅。このブログでは、友人が作ってくれた見どころ満載の観光コースから一歩外れて出会った旅の思い出ばかりを綴っていきます。今回はその2回目。

アメリカ最南端の地、カラエ岬を目指して、なが〜いなが〜い一本道のサウスポイントロードを走っていると、まるでおとぎ話に出てくるような、こんな素敵な建物 (写真上)を発見!

ここだけなにやら異次元の世界です。鮮やかな緑色の芝とレモン色の建物がひと際目を引きます。

■関連記事/Myハワイホテル/ハワイ島-ビッグアイランドの愛称で親しまれるハワイ8島で最大の島


キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報

近くに看板が立っていました。どうやら「カラエキロハナ」というベッド&ブレックファーストのようです。こちらのウェブサイト(www.kau-hawaii.com)でチェックしてみましたが、各部屋もとってもメルヘンチックで、こんなところに1週間ぐらい滞在したら、ストレスもふっとんでしまうに違いありません。

宿の辺りを見回してみましたが、外灯らしきものはありません。きっと夜は暗闇と静寂に包まれてしまうのでしょうね。臆病者の私にはちょっと怖いかも〜。想像しただけでワクワク、ドキドキしてしまいます。

そうそうハワイ島滞在中、いつか泊まってみたいと思う素敵な 宿をもう1軒見つけました。

キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報


キャプテンクック・タウンにある1917年創業のマナゴ・ホテル。もうこの外観からして私好みであります。どちらかというとカラエキロハナB&Bよりこちらのほうが魅力的。

キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報

こちらレストランも営業していて、宿泊客でなくても利用できるそうです。夫の同僚は、ハワイ島に来たらここで必ず「ポークチョップ」をオーダーするそうです。

この日は建物を眺めるだけで、次の目的地へと向かってしまいましたが、帰宅してからマナゴホテルについて調べ(行く前にするでしょ、普通は)、その歴史の深さに触れ、「食事でもしてゆっくり見学するんだった〜」と後悔しました。

キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報

 

『ハワイ日系パイオニアズ〜100の物語〜(ハワイ報知出版)』によりますと、 創業者のマナゴ・キンゾウ、オサメ夫妻はピクチャーブライド(写真花嫁)で1913年に結婚。その3年後に100ドルを借り入れて、コーヒーショップを開店しました。

当時コナには宿泊施設がなく、出張者からの強い要望に応えて、ショップの一角にシングルベッドを置き、1泊1ドルで提供することにしました。これがマナゴホテルの始まりだそうです。安くて食事が美味いと口コミで伝わり、ホテルは大繁盛しました。また第二次大戦中は軍と契約し、兵隊の宿舎として利用されたということです。

ウェブサイト(www.managohotel.com) によりますと、現在部屋数は64室あり(うち22室はトイレ共有)、長期滞在も可能だそうです。1泊60〜70ドルと安く、創業当時の趣を残す和室もあるそうですよ。

■関連記事/エリコのアロハ映画館 Vol.6 ピクチャー・ブライド(Picture Bride)


キョーコのブログ、ハワイの暮らし、地元ニュース情報

3年後は創業100周年を迎えるマナゴホテル。その時はぜひ宿泊して、こんな美しいケアラケクアベイの景色を眺めながら名物のポークチョップを頬張りたいものです。

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ, 編集部ブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*