ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ

チャイナタウンがサイゴンになった日

投稿者: キョーコ 更新日:2015年12月23日

kingkong1

オアフ島の交通渋滞は年々悪化の一途をたどっておりますが、12月に入るとさらにひどくなっているようで、もう出掛けるのが恐ろしい。

 

わが家の下を通るカピオラニ・ブルバード(↑)は、アラモアナセンターにショッピングに出掛ける人や、ビジネス街から帰宅する人たちなどで、夕方のラッシュアワーの混雑ぶりときたら、もう目も当てられないひどさであります。

 

先週(18日の夕方でしたか)、ちょっと外出して、家に帰ろうとチャイナタウンを抜けようとしたら、今年5本の指に入るであろう大渋滞に巻き込まれてしまいました〜。

 

かなり激しい雨も降りはじめ、ドライバーのみなさん、さらにノロノロ運転。やることがないので、道路の両脇に連なる商店を眺めていたら、見慣れない看板が目に飛び込んできました。

kingkong2

*雨に降られながら車中から撮ったため鮮明でなくてすみません

 

運転席の夫に「あんな看板、前からあったっけ?」とたずねたら、夫も「あれ、英語じゃないな。どこの国の言葉だ?」と不思議そうです。

 

さらにその先にもかなりレトロな、異国のものとみられる看板が続いていました。

kingkong3

よく見ると、ベトナム語の看板のよう。そして地元ニュースで「映画の撮影でチャイナタウンの一部が、午後6時から翌朝5時半まで通行止めとなる」と報じていたことを、このときようやく思い出しました。「なんの映画かね〜」。ニュースで肝心なことを聞き逃し、「ああ、知りたい」。

 

時計をみると午後5時を回っています。すでに映画撮影に使われる器材が路上に運び出され、警官も道路脇で待機しています。通常なら15分もかからないところを、1時間以上かけて帰宅しました。

 

そしてヘトヘトで家に着くと、何の映画だったのかをさっそく調べてみました。

kingkong4

1970年代のサイゴンを舞台にした新作キングコング「コング:スカルアイランド (Kong: Skull Island)」という映画だそうです。報道によりますと、ホノルルの後はロケ地をオーストラリアに移し、撮影が続けられるということです。公開は2017年3月の予定。

 

サイゴンに変身したホノルルのチャイナタウン、はやく観たいな〜。

この記事が属するカテゴリー: キョーコのブログ


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*