ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「フラ講義」

第03回 フラとポリネシアンダンス

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年01月07日

第3回 フラとポリネシアンダンス


日本からわざわざフラを見る目的でハワイに来る人達がいる一方で、フラと他のポリネシアンダンスをごちゃまぜにしている人達がリピーターの中でさえいます。何を隠そう、私もその1人でした。ポリネシアンダンスは文字どおりポリネシア地域の踊りの総称で、タヒチ、トンガ、サモア、ニュージーランドなどが含まれます。ハワイもその1つで、独自の踊りがフラになります。

馴染みがあるためか、フラダンスといって日本人がよく誤解するのはタヒチアンダンス。私がフラを習っていると言うと、「ココナッツを胸に、腰みのをつけて激しく腰を振って踊っているのかと思った」と言われたこともあります(想像しただけで笑える)。衣装の違いはともかく、私が知る限りでは、腰の動きが異なります。タヒチアンでは左右に揺らしますが、フラでは8の字を水平に描くように滑らかに動かします。両方習ったことのある人の話しでは、フラは言葉を理解しないと踊れないけれど、タヒチアンダンスは手の動きが限られていてリズムをつかめば踊れるのだそうです。といっても、どちらが難しく易しいということでなく、向き不向きという気がします。

はたまた、男性もフラを踊ると言うと、「練習中、松明で体を焦がさないのか」と聞かれます。これはホテルのポリネシアンショーで1番人気のファイヤーダンスと間違っているのだと思いますが、フラではありません。去年のメリーモナークフラフェスティバルの前夜祭では、特別ゲストとしてニュージーランドのグループが招待され、顔の表情を豊かに変えて舌を出すニュージーランドの踊りに人気が集まりました。ホテルのショーでは何がどこの踊りだかよくわからないことが多いのですが、その点、ポリネシアン文化センターの2時間のショーはプログラムにそって各地方の踊りを紹介していて得した気分になれます。

最もお手軽なのは、無料ショーの定番、コダックフラショーです。60年余続いたショーも最近コダック社がスポンサーをおりることに決め、その存続が危ぶまれています。6月いっぱいで終了する予定でしたが、ダンサー達のボランティアであと1ヵ月延長されることになりました。現在は、次なるスポンサー候補の会社と交渉中とのことです。昼間のショーは他にあまり無いので、長い間観光客に人気がありました。私が初めて見たのは25年も前のことになりますが、4年半前に再び訪れたときも変わらぬスタイルで続いていることに驚きと感動を覚えました。そのとき、初めてフラと他の地方のダンスの違いを知り、改めてフラを習いたいと思いました。

すでに4年間ハワイに住んでいた大学院のアメリカ人の同級生から「フラ?!何それ?」と言われたときは、さすがに返す言葉もありませんでした。興味がなければ環境と年数(回数)は役に立たないものです。近年のハワイアンルネッサンスにともない、観光業界では、ポリネシアンショーとフラショーの名称を識別し、観光客にもわかりやすくするようになりました。興味さえあれば、ハワイ独特の踊りであるフラを理解することができます。(by Shoko)


フラに関するインターネット・リンク集
ポリネシアン文化センターではチャントを聴くこともできます。
Polynesian Cultural Center
http://www.polynesia.com/

スミソニアン博物館で展示されたフラの写真というのは如何でしょう。
Hula
http://www.si.edu/folklife/vfest/hawaii/hula.htm



ハワイの神話と伝説を綴った新エンターテイメント・ショー
「Ulalena(ウラレナ)」
マウイ島・ラハイナにできた新シアターで7/22から始まった「Ulalena」は、ハワイの歴史と文化をブレンドしたハイテクショー。「マジック・オブ・ポリネシア」や「パラダイス・コーブ」 のプロデューサーが専門家(クムフラや歴史家など)に考証を依頼して、ハワイの神話と伝説をもとに作り上げた、エンターテンメントショーです。
場所:Maui Myth and Magic Theatre(マウイ島・ラハイナ)
時間:6:30p.m. と 9:00p.m. の2回(日曜と月曜を除く毎日)
料金:大人 $35, 子供 $25
問い合わせ:1-877-688-4800

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, フラ
関連キーワード: フラ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「フラ講義」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ