ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「レッスン」

第07回 「ベン・フランクリン」のリボンレイ・クラス

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年04月01日

第7回 「ベン・フランクリン」のリボンレイ・クラス


クロシェット・レイなど、リボンレイの作り方も学べます

●生花によく似たリボンレイのクラス
一見流行のない伝統的なレイ・メイキングの世界で、ここ数年、爆発的なブームを巻き起こしている「クロシェット・レイ」。リボンレイの一種で、羽毛にも似たフワフワの毛糸を編み上げていく美しいレイなのですが、あまり人工的な印象がなく、カラーによっては生花のレイそっくり(たとえば、オレンジ色のものは、オハイ・アリイという本物のレイにそっくりです)。しかも生花のレイとは違い、永久的に使える点も人気の理由なのです。最近では、ホノルル市長が奥様手作りのこのレイをかけてメディアに登場したり、州知事がつけていたりと、大変よく見かけるレイと言えます。

前置きが長くなりましたが、今回はこの、買えば1本$30?$40もするクロシェット・レイ作りを教えてくれる、クラフト専門店「ベン・フランクリン・クラフト」のレイ・メイキング・クラスをご紹介しましょう


難しいポイントごとに講師やアシスタントが一人ひとり指導

●材料は全てクラスで購入OK
クラフトの材料が何でも揃うベン・フランクリン・クラフト。その店の奥で、毎週土曜と隔週の水曜に行われているのが、2時間のレイ・メイキング・クラスです。講師を務めるのは、オアフ島カイルア出身のメリー・イノスさん。ブーム以前からリボンレイ・メイキングを手がけ、過去にはシニア・センターで教えたり、TVで紹介されたこともある著名な女性です。このクラスではメリーさんとそのアシスタントの女性陣総勢5、6人が、手取り足取り、レイ・メイキングのポイントを指導。その上、日本語OKのアシスタントもいるので、心強いですね。


材料は羽毛のような毛糸、アイブロウ・ヤーンなど

参加希望者はまず、ベン・フランクリンのキャッシャーで参加費($6)を支払い、登録を済ませてからクラスに参加します。この時、店の一角に設けられているメリーさんのレイ・ブースで、作りたいカラー&タイプのレイを選び、クラスに持っていくのを忘れずに。全く同じレイを作るのに必要な材料を、クラスでメリーさんから購入するためです。もしくは、店で販売しているものであれば、店から買ってもOK(鈎針は無料で、メリーさんから支給されます)。材料費は、レイの種類にもよりますが$25前後。もっとも、その分量で2本分のレイが作れますから、市販のレイ買うよりも断然安上がりなのは言うまでもありません。


インストラクターのメリーさん(左)とアシスタントのコーラさん

●5、6人のスタッフが丁寧に個別指導
クラスは講義を受けながら一斉に進むのではなく、材料を手にした人から順に、メリーさん、またはアシスタントに個別に教わりながら、レイ作りをスタートするシステムです。クロシェット・レイ作りは基本的に、くさり編みを延々と繰り返していく感じの手法で、日本人にとってはさほど難しいものではないのも嬉しいところ。「アメリカ人の中には、くさり編みができない人がいますが、それでも一から教えるので大丈夫」とメリーさん。日本人アシスタントである梶山さんも、「日本人は手先が器用だから、覚えるのは早いです。レイの色の組み合わせを選ぶセンスもいいですね」と、語っていました。初めての場合は、毛糸を3本、4本と使う複雑なスタイルのレイではなく、2本程度でOKの単純なレイを選ぶのがオススメです。


取材時には、スイスからの観光客も参加中でした

一度スタートした後は、要所要所についてアシスタントに教わりながら、各自さらに作業を進めていきます。分からないことがあれば、アシスタントに声をかけて、1対1で教えてもらえるので、ペースの遅い人でも大丈夫。初心者でもクラスに3回も通えばレイが完成しますが、観光客の場合は3回通うのが無理な場合が多いですね。「明日ハワイを発つ、という観光客もよく来ます」とメリーさん。その場合は、「最初から終わりまで、ステップごとに説明しますから、メモを取りながら聞いてください。そうすれば、家でレイを完成できますよ」とのことだったので、ご心配なく。

実際、取材時にクラスに参加していた10余人のうち、ハワイ在住者は半数ほどで、ほかは観光客でした(日本からの観光客のほか、スイスやテキサスからの観光客と、大変国際色豊かな顔ぶれでした)。1回きりの参加の場合は、事前にその旨を伝えて、全体の流れを教わるといいでしょう。


好きな色の組み合わせを自由に選びマイ・レイを作りましょう

●早めに行ってスペースと材料を確保
なお、クラス参加に予約は必要ありませんが、毎回22人が定員なので、スペースを確保するため、早めに行った方がベター。また、参加者全員が材料を購入する段階で時間がかかるので、実際にレイ作りをスタートするのが遅くなってしまう場合もあります。が、メリーさんは、「私達はクラスが始まるずいぶん前から店に来ているので、早く来て作りたいレイを選び、材料を先に確保してしまうのをオススメします。そうすれば、2時間のクラス中、じっくりレイ作りに励めますから。1度しか参加できない観光客の方は、なおさらです」と、アドバイスの言葉を語ってくれました。

以上のように、美しいクロシェット・レイ作りを学べる、ベン・フランクリンの人気クラス。メリーさんをはじめ、アシスタント陣も大変気さくで、和気あいあいとしたクラスの雰囲気も魅力です。ハワイ在住の女性も毎回たくさん参加するので、レイを作りながら地元の友人を作るチャンスも大。是非、出かけてみてくださいね

参加者のコメント
糸井生美子さん(群馬県出身、ハワイ在住)

今、ハワイに語学留学中です。日本でフラをやっていたのでレイ・メイキングも学びたいと思い、3カ月前からこのクラスに参加しています。当初はくさり編みもできず、1つ目のレイを作るのに5時間以上かかってしまいましたが、先生もすごく優しいので楽しく、クロシェット・レイ作りにハマッてしまって。以来、3カ月間クラスに通い続け、20本以上のレイを作りました。今では単純なものなら、2時間半くらいで作れます。費用が安いのも魅力ですね。日本の同様のクラスをインターネットでチェックすると、材料費込みの料金なのかもしれませんが、あまりに高くてビックリしてしまいます。

鈴木絢子さん(東京都在住)

ハワイには観光で20回以上来ていますが、このクラスには今回初めての参加です。ある雑誌で紹介されていたのを見て、ぜひ参加したくなりやってきました。ふだん編み物はしないのですが、クロシェット・レイは作り方も単純で分かりやすい上、先生やアシスタントも大変優しくて、とても楽しいクラスでした。来て良かったです。今日しかクラスに参加できないので、グリーン&赤、ブルーと2種類のレイの材料を買って、メモを取りながら作り方を教わり、1本目をクラスで作り始めました。あとは日本で仕上げます。説明は、英語で聞いても分かりやすかったですよ。


Ben Franklin Crafts
ベン・フランクリン・クラフト
住所:2919 Kapiolani Blvd., Honolulu, HI 96826(マーケット・シティー・ショッピングセンター内)
電話:(808)735-4211
営業時間:9:00-20:00(日曜は-17:00)

(森出じゅん)

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, レッスン
関連キーワード: ベン・フランクリン, リボンレイ・クラス, レイ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「レッスン」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ