ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「ミキのアロハ・レポート」

第01回 ノノシナアナハイムのコンサート

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2012年04月27日

東京特派員ミキのアロハ・レポート・イン・ジャパン

東京特派員ミキのアロハ・レポート・イン・ジャパン:ノノシナアナハイムのコンサート

●熱気溢れるパフォーマンスに感動

去る4月7日(土)、なかのZEROで行われたノノシナアナハイムのコンサートを見に行きました。ノノシナは1965年にアステラ・ノノシナが設立、娘のリキ・リウファウ、そして孫であるメヴィナ・リウファウとティアナ・リウファウへと引き継がれた全米最大と言われるタヒチアングループ で、今回は総勢40名のダンサーとミュージシャンが来日し熱気溢れるパフォーマンスを繰り広げました。

コンサートは3部制で、1部と2部はノノシナアナハイム日本校であるタヴァケ・レレアタをはじめとする日本各地のチームのタヒチアンダンスで構成されていました。なんと北海道からの参加もあったんですよ。まだ小さな子どもが大人顔負けのセクシーな振りを見せると会場も盛り上がります。とにかくタヒチアンの衣装はカラフルで、観客席にいるだけで元気をもらえます。途中には、ノノシナの男性ダンサーによる意外なパフォーマンスも。なんと少女時代のGeeをコミカルにアレンジしてくれたのです!こんなこともしてしまうメヴィナさん…素敵です。

合間にはファッションショーも開催。ステージ衣装が多かったのですが、ハワイでのバケーションにもぴったりなワンピースなども紹介され、洗練されたデザインに観客席にいる女性たちはうっとりです。色とりどりの、南国の植物があしらわれた美しいドレスはどれだけ眺めていても飽きないんですよねー。

3部は、ノノシナアナハイムによるストーリー仕立てのショー。「NONOSINA 1」という演目で、ポリネシア民族がカヌーで旅を始めるところからスタートします。航海は穏やかに終わるはずがなく、途中で嵐に見舞われます。体奥深くまで響くタヒチアンドラムに熱のこもった歌、そして息の合った激しいダンス…、観客をどんどん惹きつけていきます。やがて嵐は過ぎ去り、カヌーは新 しい土地へ導かれていきました。しかし旅は終わることなくこれからも続くのです…。

伝統的なタヒチアンダンスとコンテンポラリーが融合されたノノシナ特有のスタイルは、指の先までダイナミックで目が離せず、今回初めて鑑賞したのですがすっかり魅了されました。後半にはオテアのソロもあり(これがまたかっこいいのです!)、またティアナさんは演奏がメインでしたが、最後にゆったりとした曲にあわせ伸びやかな素晴らしいダンスを披露してくれました。そして興奮冷めやらぬまま終演を迎え…ミュージシャンとしても活躍するメヴィナさんの新作アルバムと、彼も参加している東日本大震災復興の為の作品「HO’ALA IAPANA」を購入して会場を後にしました。

 

(2012年4月取材)

Eriko

ミキのプロフィール
2003年に短期ホームステイのため初めてハワイを訪れて以来、独自の文化や暖かい気候にすっかり魅了される。好きなハワイ料理はカルアピッグとサイミン。趣味はフラを観賞したりハワイアン音楽を聴くこと。
Mikiへのファンレターはこちらへどうぞ。editor@hawaii-arukikata.com

 

この記事が属するカテゴリー: カルチャー
関連キーワード: コンサート, ノノシナアナハイム,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ミキのアロハ・レポート」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ