ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「夢見る大学院の生活」

1999-07-26 「UH留学生生活事情 −住宅編−」の巻

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:1999年07月26日

7月26日(月)

「UH留学生生活事情 −住宅編−」の巻

マーセッションも折返し地点。これが終わったら、日本に帰って美味しいものが食べられる!!!それを励みにもう少しがんばろう!(今恋しいもの 1.日本のお風呂、2.日本のお米 3.日本のおいしい魚。とにかくお風呂にゆっくりつかるのが今の私の夢!私の部屋はシャワーのみ、つまりバスタブがないのだ!)
今日は授業が2時まであり、いつものように、その後夕方までLibraryで勉強して帰る。部屋に帰って昼寝をしたい気分なんだけど、私の部屋、西日が差し込んでくるから夕方4時から7時ごろまではまるでサウナ状態で、昼寝どころか勉強をする環境じゃないのよね。エアコンはなし。早く引越したいー!

私のアパートはUHから自転車で5分のPunahouというところにあって、窓からタンタラスが見えてなかなか環境のよいところ。この辺に1人暮しをしてる学生は結構多いみたい。学校から近くって、バスの便もいいし、手ごろなアパートがたくさんあるし。今のところ私は1人暮しで、家賃は$600。Studioといって、日本でいうワンルームマンションにあたる間取りだけど、はっきりいって広さは東京の6畳の部屋の軽く倍以上あります!ちょっと建物は古いけど、プールもついてるし、セキュリティもしっかりしてるし。まあ、ハワイの1人暮しとしては平均的なところ。(これがワイキキとなると、同じ家賃で部屋の大きさは東京並になるか、同じ部屋の大きさで家賃が$900前後に跳ね上がるか・・。ワイキキの住宅事情は東京と同じ。UHの学生でワイキキに住んでるのは一部の日本人と、リッチなの台湾人・韓国人留学生だけって感じだ。)

今の部屋はSunday Paper(新聞の日曜版)の住宅情報で見つけたのだけど、こっちで部屋を探すのは案外簡単。毎週日曜日の新聞にはどっさり住宅情報が載っていて、そこから条件に合うものを探して、電話して、見せてもらって、気に入ったら1ヶ月分の家賃をDeposit(保証金、これは原則として出るときに戻ってくる)として払って、契約書にサインしておしまい。極端にいうと、次の日から住むことも可能なのだ。Furnishedというカテゴリーから探せば、だいたいの家具が部屋についてるから、引越も楽だし。UH学生が多いエリアは、学校の近くのMoiliili, 私の住んでるMakiki&Punahouあたりだ。

まわりの友達の住宅事情は、私のような1人暮しか、そうじゃなければルームメイトとアパートをシェアか、UHのDorm(寮)暮らし。ルームメイトありの場合は、1人暮しに比べると家賃は少なくてすむし、なにかと便利でメリットはあり。以前、私もルームメイト(日本人)と2ベッドルームの部屋をシェアしていたけど、家賃は500ドルで、かなり広いリビングに自分の部屋とバスルームがあって、さらに、そのルームメイトが料理名人だったから、毎日おいしいごはんが食べられて、私はこの二人暮しでかなり恩恵を受けていたのだ!(PS.アキコさん、ありがとう!) 話し相手がいて楽しかったし。ついつい話し込んで勉強ができなくなるのが難点といえば難点だけど。(しかし、その次のルームメイトとは、全く生活を別にしていて、単にルームメイトというだけの関係だったけど、まあ、そういう関係もそれはそれで割り切っていていいのだ。)でもなかには、アメリカ人のルームメイトと気が合わずにノイローゼ気味になってしまった友達もいたから、まあ、ルームメイト次第で快適にも不快にもなるってことだと思うけど。

Dormに関しては、UHにはいくつかDormがあって、それによって、値段、住み心地にかなりの差があるみたい。私は経験ないからよくわからないんだけど、2セメスターの間GatewayっていうUHのではまあ「まし」とされる(?)DormにいたTくん(日本人・26才)によると…..

【良い点】

  • 大学に近い(なんせキャンパス内に在るからねえ。大学の施設も使い易いし)
  • 食事の心配が無い(勉強に時間がその分割ける)(と、Tくんは言っているが、ホント?)
  • 友達を作り易い(色々な人に会える。知的刺激も)
  • 安い(月にすると$300弱)
  • 3,4年生と院生専用の為意外に静か(但し他の寮はうるさいらしい)
  • 家具や生活品を殆ど買う必要が無い(来てその日からすぐ生活できる)
  • 風通しがいい(良過ぎて窓を開けっぱなしだと、夜寒いくらい)
  • 景色は最高(ダイヤモンド・ヘッドは見れるし、あとなんといっても夜景かな)
  • 交通の便はいい(アラモアナにもワイキキにもバス一本で出られる)

【悪い点】

  1. 食事が飽きる(カロリーが高めな為、女の子は大概太っていく?あと金曜と土曜の夕飯は手抜きの為最悪)(これってみんな言ってるー!)
  2. 食費は意外にかかる(自炊する場所が限られている。冷蔵庫も共用で、よく物が盗まれるらしい)(あー、これも聞いた事あるわ。)
  3. ルームメイトやスウィートメイトがはずれだと最悪(バスは隣の部屋と共用だからね。それに1人部屋はちょっと高いからねえ。)(そう言えば、アメリカ人ルームメイトの音楽の趣味が最悪って文句言ってた人もいた、Another Tくん。)
  4. 勉強の障害が意外に多し(寮の友達の誘い、道で叫ぶアホども、ルームメイトのいびき、ソフトボールチームの試合、マーチングバンドの練習等)
  5. テレビの見られるチャンネルが少なすぎる(ケーブルは当然×)
  6. 長い休みの度に寮を出なくては行けない(スプリング・ブレイクは1週間なのに出なくちゃいけないのは面倒。荷物も部屋から出さなくちゃいけないし。預かってくれる荷物も責任は持ってくれないし)(そうそう、これもみんな言ってる。ホントに不便そうだよね。冷蔵庫がなくなったっていう友達もいたし。)
  7. ぜんぜんリフォームはされない?(何の為に部屋を追い出されるのか)
    よく乾燥機が、たまに洗濯機が故障する(寮でそれぞれ6台ずつなので日曜とかは混む)
  8. 最近だんだん値上げされてきており、オフ・キャンパスとの値段の差が無くなりつつある
    セキュリティはしっかりしている筈だが大学の新聞によると女の子の部屋に気が付くと見知らぬ男がいる事も~。

?だそうです。結局彼は、Gatewayをでて、今はルームメイト(こちらもTくん。27才。最近結婚した。奥さんは日本で働いてて、彼はUHでPh.D.を目指すStudent。)とMoiliiliのアパートに住んで、自炊に励んでいる~。いつもごちそうさま!

いずれにしろ、ハワイの住宅事情はメインランドに比べると格段に家賃が高いらしい。まあ、東京で10年間ひとり暮ししてきた私にとっては、断然恵まれてるように感じちゃうけどね。さてとー、この次はどんなアパートに住もうかな−?!

この記事が属するカテゴリー: ハワイ留学・学ぶ・英会話
関連キーワード: 学生生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「夢見る大学院の生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事