ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「夢見る大学院の生活」

1999-10-27 「もうすぐハロウィン」の巻

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:1999年10月27日

10月27日(水)

「もうすぐハロウィン」の巻

もうすぐハロウィン。学校のカフェテリアもかぼちゃと幽霊だらけ。昨日MoiliiliのLongs Drugs に買い物に行ったら、レジの人に、「ハロウィンどうするの?決めた?」と、聞かれた。今日クラスに行っても、同じ事を聞かれた。みんな本気みたいです、ハロウィン。Longsも1ヶ月ぐらい前から、ハロウィンコーナーができていて、ありとあらゆるグッズ、キャンディ、それからコスチュームがずらーっと並んでいて、見るだけでも楽しくなってしまいます。(ちなみに私は、Petzコレクターなので、Petzのハロウィンバージョンを購入。)で、私はひそかに、最近お気に入りの、Teletubbies Lalaになろうかと考えているんだけど…しかし、問題は5才用までのコスチュームしか作られていないみたい…。大人はLalaになっちゃいけないのかー!?わざわざ自分で縫うほど暇ではない私~。(ちなみに、こっちでは毎朝8時からテレタビーズやってます。コーヒー飲みながらテレタビーズで1日をはじめるのが最近の朝のパターン。ヤツラ、なんてかわいいんだ!)さっきCNNでやっていたけど、今年の仮装の流行りは「オースティンパワーズ」なんだって。…というわけで、ハワイもハロウィン、もりあがってます!

今日はホントはあるクラスで、Mid Term Examがあるはずだったのだけど、なんとそれが中止(!)になってしまって、今週はちょっとだけ余裕の私。なぜ、試験がなくなったか…?

日本の学校ではあまりなじみがないと思うけど、こっちのクラスでは、かならず学期末にClass Evaluationがある。つまり、学生がクラスを採点するのだ。先生の教え方はどうだったか?先生はちゃんと準備をしていたか?熱心だったか?クラスはわかりやすかったか??などなど。で、クラスによっては、学期の途中でEvaluationをやるところもがあって、私のとってるこのクラスでもMid Term Evaluationが先週行われた。

Evaluationを扱う専門の機関から人が来て、クラスの1時間をさいて(その間担当の教授はどこかにいっている)このクラスのよいところ、わるいところ、どうしたら改善されるか…を、完全に匿名のシステムで話し合って、その結果が教授に報告される。….で、このクラスなんだけど、実は私、その授業、ほとんどよくわかってなくって、「試験、一体どうすればいいんだ…????」と、不安をとおり越して、もう開き直りの境地だったのです。すると…そのEvaluationで、ほかの学生も口々に、「このクラスは全然オーガナイズされてない!」「教授が何を言いたいのか全くわからない!」などと言い出したのだ。うーん、私だけじゃなかったのねー!!ちょっと安心。(こういう態度が、典型的日本人だなー、私。)で、その結果がすぐに担当の教授に伝えられて、さっそくその後の授業で、教授が「みんなの意見を聞いて、これから授業のスタイルを変えることにした。というわけで、Mid Termもやめにします。みなさん、貴重な意見をどうもありがとう!」…という、私にとってはまるで夢のような展開になったのでした!でもまあ、試験がなくなった事はともかく、こうやって学生の意見をすぐに聞き入れるシステムって、アメリカだなーと思う。日本の学校はまだ、なかなかこういうの実現不可能ないんじゃないのかなあ?こっちの学校で感じるのは、先生と学生がほとんど対等だということ。学生は学費を払っているんだから、それに相当する授業を受ける権利(!)があるのだ!評判の悪い先生はクビ…まさに、ビジネスの世界です。

でも、ひとつ試験がなくなったところで、今のこの大変さに、たいして変化は生じないのだった…。今学期、残り半分、忙しさはこれからが本番だー。(by Yuko)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ留学・学ぶ・英会話
関連キーワード: 学生生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「夢見る大学院の生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事