ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「夢見る大学院の生活」

2000-02-15 ミーハーな1週間

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年02月15日

ミーハーな1週間

2月9日(水)
あっという間にハワイの冬も終わり、最近は毎日暑い!こんな日は勉強を放り出してビーチにでも行きたいところだけど、現実を考えると、とってもじゃないけど行動に移せない私。ハワイに住んでいながら、このまえビーチに行ったのは一体いつだったっけー??? という状態だ。今日も、うちのアパートから、Waikiki、Coco Headの青―い海が見渡せるというのに!! まるで遠い世界。さてと、クラスに行くか。

2月10日(木)
今日の夕方のクラスに提出するペーパーのを完成させるべく、朝からずーっと勉強。1週間が過ぎるのがほんとにあっという間だー。

2月11日(金)
気がついたらもう週末。金曜の午後ぐらい! ってことで、Kahala Mallへ買物に行く。Kahala Mallのハワイアングッズのお店で、最近ブーム(注・うちのアパートでのみ。先々週のダイアリー参照。)の「ハワイ版たまごちゃん」が売っている、という事をルームメイトから聞きだしたのだ。私もさっそく行ってみた。いました! たまごちゃん!! ちょっと日焼け気味の、ブルーのアロハを着た「さわやか」たまご! で、またうちに1人(?)たまごちゃんがふえてしまったと言う訳だ。これで3人目。(写真・バレンタインディナーを楽しむ「たまご」カップル)

 

2月12日(土)
アラモアナのダイエーの近くはKoreanの店が多く、どこもディープな雰囲気を醸し出している。なかでもKalakaua Ave.沿いの「Frog(=かえる)Restaurant」は、その名前、たたずまいから、前々から気になっていたのだが、中をのぞいてみると、目に入ってくるのはハングルのみ。かなりの上級者向け。で、今まで二の足を踏んでいたのだが、今日ついに、Koreanの友達が同伴してくれる事になったのだ。「Frog Restaurant」ツアー実現! (その名前から、「蛙料理屋か?」と推測していたけれど、実は、一般的な韓国家庭料理屋さんでした。)
店内はまるで韓国。地元のKoreanの中では有名な店らしく、かなり込み合っていた。(20人も入ればいっぱいという大きさ。)Koreanの友達のおすすめの3品、ひとつは、チヂム(韓国風お好み焼き)。それから、アンコウと野菜を炒めたような不思議な料理。あとは、韓国風ソーセージ(中に春雨その他色々が入っている、これまた不思議なソーセージ)をスープで煮たものを注文したのだが、量にも味にも大満足だった! 特に、チヂムは今まで食べたチヂムの中でベスト! (だいたいべチャッとしているのだけど、ここのは、ふわふわ系。)と、いっしょに行った友達(みんな大食い、更に味にもうるさい)とも意見が一致。メニューをよく見ると、ハングルの横に、英語と日本語の表記がちゃーんとあったので、これから、Koreanの友達の同伴なしでも来れる事が判明した。このお店、当分私達の間でブームになりそう。

2月13日(日)
日曜日だというのに、朝から勉強。夜から、友達の「引っ越しパーティ」にいく。

2月14日(月)
バレンタイン。日本はいまだにお祭り騒ぎなんだっけ?(昔、某大手キャラクターグッズの会社の社員だったので、バレンタインといえば殺人的に忙しい日々を自動的に連想してしまう。)こっちでも、ハート型のお菓子とか、バルーン、カードなんかが売られてたりして、もちろん本場のバレンタインなんだけど、日本のように女性から男性へというわけではないらしい。むしろ、男性のほうから、ガールフレンドや家族にバラの花をあげるのが一般的みたいで、今日は、花屋さんがスゴイ賑わいだった。今日1日で、バラの花とバレンタイン用のハートの風船をもって歩いている男性(オジさんも含む)を何人見かけた事か。日本のオジさんだったら、ぜーったい、やらないでしょう?? バラの花と風船を持って外を歩くなんて。

2月15日(火)
お昼に、King St.にある「JIMBO」にうどんを食べに行った。相変わらず美味しいー。(今日は冷やしかき揚うどんを食べる。)JIMBOほど、私の友達の間で絶大なる支持を受けている食べ物やさんはないな。日本人だからねー、どうしてもうどんが恋しくなるのよ。(by Yuko)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ留学・学ぶ・英会話
関連キーワード: 学生生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「夢見る大学院の生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事