ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「夢見る大学院の生活」

2000-09-08 ハワイ大学インタビュー編 2

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年09月08日

ハワイ大学インタビュー編 2

9月4日(月)〜9月8日(日)
(先週の続き)UHでPacific Island Studiesを勉強中のまさみさん(大阪出身)にインタビューを決行中。とにかく勉強のみ! の毎日なのだった…。

:たしかにまさみさんのアパートに遊びに行っても、ホントにいつもコンピューターの前に座ってるか、本を読んでるか…。こんな過酷な毎日だけど、ハワイの生活でこれはいい! って思うことは?

まさみ:まず海が近いこと!! 和食が充実している(これまで生活したことのある南太平洋の島々とかHiloなんかとくらべて…)。服装が楽! 毎日、TシャツとゾウリでOK。あと、学校の施設でいうと、ライブラリーが充実している事と、UHのアカウントをつかえばインターネットがタダな事。(注:さらに、電話も使い放題。こっちの電話料金のシステムは、基本料金を払ってしまえば市内通話はどれだけかけてもタダなのだ!)。

:Honoluluの生活とHiloの生活、同じハワイでもなにか違う?

まさみ:こっち(Honolulu)では週末に外食したり飲みに行ったりしてるけど、Hiloは周りに行くところがないから、いつも人の家に集まってパーティだった。ハワイアンのパーティは歌って、踊って、飲みまくる。ウクレレは必需品。(注:ちなみにまさみさんはウクレレもフラもかなりの腕前。さすが、ヒロで鍛えられただけある。)あと、GraduationとかBaby Luau(ハワイでは子供の1歳の誕生日に大きなパーティをするのが伝統らしい)とか、ハワイならではのパーティもたくさん。Hiloでの生活では「ハワイを楽しんだ!」っていうかんじ。

:うーん、まさみさんがハワイアンの人たちと大暴れしている様子が目に浮かぶ…。それじゃ、最後にこれからの予定をお聞かせくださいー。

まさみ:もうすぐCourse Work(学位を取るための課程)が終了するから、今学期はComprehension Exam(修了試験みたいなもの? これにパスして論文を書き始める事ができる、で、論文がパスしてやっと修士号!)に向けて勉強をしなきゃーと思っているところだけど、クラスが大変でそんな余裕がないのが現実。

とにかく、今学期は(も?)めちゃくちゃ忙しそうなまさみさん。ご協力ありがとうございましたーっ。ハワイにすんでても、ビーチは遠い…、これがUHの大学院生の現実なのだった…。これからもお互いがんばろうー!

この記事が属するカテゴリー: ハワイ留学・学ぶ・英会話
関連キーワード: 学生生活,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「夢見る大学院の生活」


現地最新情報トップ5


前後の記事