ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「アロハ歳時記」

第07回 10月 ハロウィーンがやって来る!(前編)

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2004年10月21日

第7回 10月 ハロウィーンがやって来る(前編)


ハロウィーンにカボチャは付き物ですが…

●お菓子をもらえる特別な日
子供達が待ちに待った「ハロウィーン」の季節がやって来ました。「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと、いたずらするぞ)」のフレーズと共に、仮装した子供たちが各家をまわるハロウィーン。食べきれないくらいのお菓子をもらえる特別な日とあって、子供達の興奮も最高潮に達します。遊び心を忘れない大人達も仮装で街に繰り出すこの夜は、ワイキキも奇妙な格好の人達で溢れかえります。今回の前編では、ハロウィーンを盛り上げるには欠かせないグッズ関連の情報を中心にお届けします。今なら日本へのお土産にもタイムリーなアイテムが、たくさんゲットできますよ


パーティ関連のグッズを集めたパーティ・シティー

●押すな押すなの大賑わい
ハロウィーンといえば「仮装」。少し前までは、お母さんが創意工夫を凝らした手作りの衣装が主流でしたが、今では流行のアニメのキャラクターから伝統的な魔女のコスチュームに至るまで、あらゆる種類の衣装を取り揃えているパーティ・ストアを利用するのが、とにかく手軽で大人気です。中でも、ワイケレ・プレミアム・アウトレット内にある「パーティ・シティー」は、パーティ関連のグッズを集めたストアの中ではハワイ最大規模とあって、400種類もの衣装を揃えているというから驚きです。


スタッフ同士は無線用ヘッドフォンでやり取り

毎年10月初旬に、「パーティ・シティー」の分厚い新聞広告が入るや否や、「何になるのか」を決めてコスチュームの買い出しに出かけます。品揃えも良く、比較的混雑の少ない10月前半にコスチュームの買い物を済まさないと、希望のスタイルやサイズが品切れで、後で結構大変な思いをすることも… ハロウィーンの衣装だけは妥協できない子供を抱えるハワイの母は、隠れた所で苦労しています(笑) さて、400種類もの衣装の総てをディスプレイすることはできない店側の工夫もさるもので、コスチューム担当の店員は、無線用ヘッドフォンを着用しオーダーを取っています。壁一面に貼ってあるサンプル写真の中から、希望の番号とサイズを最寄りの係に言うと、無線で倉庫内の店員にオーダーを流し、数点をまとめて倉庫から出してくる仕組み。今年は、長女用のネコの衣装、姪と甥から頼まれたチアリーダー、テントウ虫をゲット。ついでに大人用のゴーストと魔女の衣装も買っちゃいました


豊富なハロウィーン用のコスチューム

衣装が決まると、あとは楽勝です。ネコのメーク用に黄色のファンデーションと黒のペンシル(いずれも洗い流しができるハロウィーン専用のもの)など小物を数点。お化けカボチャをくり抜いて作る灯篭「ジャック・ランタン」用のキット、子供達に配るキャンディーを入れる小袋、そして玄関のデコレーション用の紫のクモの巣、オレンジの豆球やカボチャのライトをゲット。お化け屋敷さながら、クモの巣やがい骨のデコレーションを施し、怪しい音色のバックミュージックを流した、怖〜いセッティングに凝る家も多いのですが、小さな子供達にはクリスマスまがいの電飾系のウケが良く、去年あたりからピカピカとカボチャ色に輝く家が多くなりました。そんな訳で、我が家も今年は「クモの巣+電飾」に決定

ハロウィーン用のコスチュームや小物は、オープンしたばかりのウォルマートやKマート、ロングス・ドラッグスなどでも豊富に取り扱っているので、ホノルル市内でも十分調達可能です。ディズニー映画のプリンセスやキャラクター系の衣装は、アラモアナ・センターのディズニー・ストアが狙い目(ちなみにうちの次女は、ここでシンデレラの衣装を早速ゲットし、すでにお姫様ごっこに愛用中)。とにかく、とってもアメリカっぽいグッズが溢れているので、この時期にホノルル入りをされた方は是非、チェックしてみて下さい


ハロウィーン用のコスチュームや小物がズラリ

●キャンディーもお買い得。お土産にも最適
ハロウィーンの「トリック・オア・トリート」用にたくさん用意しなくてはならないのが、キャンディー。この時期は、普段スーパーのレジ横で見かける「キャンディー・バー」のミニチュア版が、個別包装の上、大袋入りで手に入ります。中には、ハロウィーン用に目玉やコウモリのラップにくるまれたチョコまであって、見てるだけで楽しいですよ。これを、ハロウィーン柄の小袋に詰め合わせて小さなお土産にすれば、絶対に受けます 去年、ハワイでハロウィーン・デビューを飾った甥と姪は、日本でこのキャンディーの小袋をお土産として配り、大反響でした。実証済みですので是非、お試し下さい


早くもハロウイーンの衣装に大喜び

●ハロウィーン関連のイベントも盛況
10月31日(日)のハロウィーン前後には、関連イベントも盛りだくさん。本当は、ハロウィーン当日に住宅地で繰り広げられる本場のハロウィーン模様を体験してもらいたいのですが、それが無理ならアラモアナ・センターなどのショッピング・モールを覗いて見て下さい。安全で手軽なだけでなく、時にはクーポンをもらえたりするお得感もあって、親の間で近年人気急上昇なのが、このモールでのトリック・オア・トリート。仮装したチビッコ達がひっきりなしに行き来しているはずです。大人のハロウィーンの醍醐味は、ディスコかな? 仮装した男女で溢れかえる店内は、いつもよりクレージーで楽しい夜となるはずです。では、個人的にお薦めするイベントのインフォメーションをどうぞ

●今からでも間に合うお薦めイベント
パンプキン畑
広大な商業用農園であるアロウン・ファームが、ハロウィーン直前の2週末のみ一般公開されます。果てしなく広がるパンプキン畑に実ったお化けカボチャは、すでに茎を切ってくれているので、後は拾うだけ。子供達は迷いに迷い、親は重いカボチャをエンヤコラと担ぐハメになりますが、体験する価値は絶対あり。干草のワゴンにも乗れます。
ALOUN FARMS EWA OFFICE
場所:91-1440 Farrington Hwy., Kapolei, HI 96707
電話:(808) 677-9516
ファックス:(808) 677-9202
メールアドレス:info@alounfarms.com

ビショップ・ミュージアム
敷地内に作られたトリート・ストリートを通るだけで、すごい数のキャンディーがゲットできる人気イベント。開始直前には行列となりますが、動き始めると以外とスムーズ。待ち時間にする仮装ウォッチングも結構楽しめます。

モールでの仮装コンテスト
各モールとも似通っていますが、カハラモールは仮装コンテストもあり、涼しい屋内モールなので個人的にはお薦めです。上記2つの詳細はこちらからどうぞ。

ハロウィーン直後には、後編として、当日の実況レポートを予定しています。お楽しみに

■現地最新情報 / 仮装の準備はOKですか? 今年もハロウィーンの季節がやってきました
■ファミリー情報 / パーティー・シティー

プロフィール 毎回更新
パパ:アメリカ本土から親友夫婦が遊びに来たため、久々にノースショアにあるポリネシア文化センターに観光に出かけました。楽しいが、とにかく暑い(汗) 結局、エアコンの効いている唯一の場所「IMAXシアター」で2本も立て続けに映画を観ました…(笑)。

わたし:上記の親友夫婦の奥さんと女同士、アフタヌーン・ティーで優雅なひと時を過ごしました。オーシャンフロントの素晴らしい眺めと最高級のサービスが心地よい「シェラトン・モアナ・サーフライダー・ホテル」、マノアの閑静な住宅地にある「ワイオリ・ティールーム」。気分だけはすっかりマダム〜。

ステフ:パフォーマンスが大好きなこの人、ポリネシア文化センターのサモア村のパフォーマンスにも大声で参加し、上客ぶりを発揮。観るもの、聞くものに素直に反応できる子供らしさをずっと失わないで… と母は心の隅で願っています。

クリス:いつもはパワーレンジャーごっこ一辺倒なのに、シンデレラは別格らしく、ハロウィーンも来ないうちから衣装を常時ご愛用。プリンセス・ティーパーティーとやらのお誕生日会にも、シンデレラとしてご出席予定(笑)。この衣装、果たして無事ハロウィーンまで保てるのかどうか… 母はいささか心配。

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー
関連キーワード: ハロウィーン,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*