ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「こだわりのハワイ」

第05回 プレートランチ

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年02月20日

ハワイの歩き方編集部から、最も妥協を許さない「カオリ」、「サイコ」、「ノリコ」、「スコット」の4人が、毎回テーマに沿って、ハワイ生活の中で見つけたこだわりの品やおすすめの場所をご紹介します。ハワイ旅行を計画しているなら必ずチェックすべし! お土産に最適なアイテムもあります。

こだわりのハワイ 第5回 プレートランチ

●ハワイの食文化の王様、プレートランチ
ハワイで「究極のB級グルメ」といえば、プレートランチ。「プレートランチ」という言葉は、実はハワイで誕生したもので、ロコの食文化と深い関わりがあります。もともとは、アイスクリームのスクープですくったご飯とマカロニサラダ、そしておかずが入ったランチボックスのことを指しますが、そのバラエティは実に豊か。今回は、ハワイの歩き方編集部員がそれぞれお気に入りのプレートランチを紹介します。

●有名レストランの姉妹店でハワイらしいメニュー

私のお気に入りのプレートランチ屋は、ワードセンターにある「カカアコ・キッチン」。プレートランチのお店と言っても、お味はその辺りのレストランに負けていません。ここは、カイムキ地区にある名店、「3660 オン・ザ・ライズ」の姉妹店なのです。私は週末になると午前中に野生のイルカを見に行った帰りに必ずここに寄っていたんですよ。屋外のテラス席で道行く人をボーっと見ながらのんびりした時間を過ごします。いつもここで頼むのは、「今日の魚の日替わりメニュー(トゥデーズ・キャッチ)」。ここには、ハワイらしいトロピカルな味付けの新鮮なお魚を使った日替わりメニューがあることで有名です。ハワイ近海で獲れた新鮮なアヒやオナガ、マヒマヒなどのソテーが日替わりで楽しめるので、「今日の魚(キャッチ)は何?」とお店の人に聞いてみてくださいね。今日のメニューは、「マグロ(アヒ)のアボガド・ソース和え」($10.50)。ちょっぴり甘めのソースがいいんですよね。ご飯は、白いご飯と玄米のどちらかを選べ、サラダもグリーン・サラダとマカロニ・サラダのうちのどちらかを選べます。ヘルシー志向の私がいつも選ぶのは、玄米とグリーン・サラダ。このお店では、サラダに曙の故郷の町、ワイマナロで採れた野菜が使ってあったりして、素材にもこだわりを感じます。しかも、ここのサラダについてくるトロピカルな果物とオニオンのような味がするドレッシングがこれまた美味しい! そんな話をしていると、なんだか、もうお腹が空いてきましたわ… ワタクシ。

Kakaako Kitchen
カカアコ・キッチン
 
住所:1200 Ala Moana Blvd., Honolulu, HI 96814 ワードセンター1階ダウンタウン側
営業時間:6:30〜21:00(月〜金)、7:00〜21:00(土)、7:00〜17:00(日)
電話:(808)596-7488

穴場中の穴場、ローカルに大人気のメキシカン・プレートランチ

私の一押しおすすめのプレートランチのレストランは「ディエゴス・タコ・ショップ」。サウスキング通りのロングス・ドラッグスの向かいにある小さなメキシカン料理のレストランです。ここの、「カルネ・アサダ・ブリトー」が絶品です! 「カルネ」は巻き舌でどうぞ。直径8センチはあろうかという太いブリトーの中には、マリネしたビーフがごろごろ入っています。というか、ビーフしか入っていません! お客さんの8割はこのブリトーを買っていくというほどの人気商品。サルサ・ソースはお店の手作りでだし、サイド・オーダーできるアボカドやオニオンから作る「ワカモレ」も最高においしい! しかも、ブリトーは$5.95と超激安! だまされたと思って一度食べてみて。

Diego’s Taco Shop
ディエゴス・タコ・ショップ
住所:2239 S King St, Honolulu, HI 96826
電話:(808) 944-2942
営業時間:11:00〜20:00(月〜土)、11:00〜16:00(日)

●フランス料理にハワイアン・スタイルをミックスしたプレートランチ

私のお気に入りのプレートランチを出すお店は、意外な場所にあります。ワイキキから車で約20分のニミッツ・ビジネス・センター近くにある埠頭は、魚市場や倉庫などが立ち並ぶ、一見レストランがあるとは思えない殺風景な場所。そんなところにグルメなロコの間では有名なレストラン、「ニコス・アット・ピア38」があります。魚市場の近くのプレートランチ屋と聞けば、漁師の溜まり場のような所を想像してしまいますが、ここはお洒落なロコやビジネスマンも多く集まる、漁港とは思えない雰囲気。ワイキキのフランス料理レストラン、「ミシェルズ」でシェフとして腕を磨いたオーナーが作るプレート・ランチは、フランス料理とハワイアン・スタイルがミックスしたお洒落なスタイルです。

毎朝5時すぎに魚市場で仕入れた新鮮な魚を使ったメニューが特にお勧めで、私は、その日仕入れた魚によって内容が変わる「キャッチ・オブ・ザ・デー」を毎回必ず頼みます。味は、プラスチックのランチ・ボックスに入っているけど一流レストランで食べる味と変わらない程のおいしさ。ソースや焼き加減といった細かい所にフランス料理のテイストが感じられて、とっても繊細なお味。また、ここのロコモコも絶品! 何といってもロコモコにかかったグレービー・ソースが、普通のグレービー・ソースと違うのです。普段ロコモコを食べる時、私はいつも「何かもう一味足りない!」と思って醤油をかけて食べるのですが、ニコスのロコモコは余計な物を加えなくても大丈夫。月に一度は通っているので、お勧めのプレートランチはこの他にも沢山あるのですが、どれを頼んでもハズレがないですよ。また、ケーキやクッキーなどのデザート類も充実しているので、食後のデザートの心配もいりません。お店の外にはテープルが沢山あるので、港を見ながらゆっくりと食べられます。

Nicos at Pier 38
ニコス・アット・ピア38
 
住所:Pier 38 waterfront, 1133 N. Nimitz Highway, Honolulu HI 96817
ニミッツ・ビジネス・センターが右手側に見えたら、左にPIER38の看板が出ているので、そこを左折。パシフィック・オーシャン・プロデューサーズという名前の建物の1階。
電話:(808)540-1377
営業時間:6:30〜18:00(月〜金)、6:30〜14:30(土)

ギリシャ料理嫌いを返上 高級住宅地、カハラにあるとっておきの場所

僕のオススメプレートは僕のギリシャ料理嫌いを治した、カハラ・モールの裏手にあるギリシャ料理カフェの「オリーブ・ツリー・カフェ」です。 ギリシャ料理といえばハーブ、ブドウの葉、オリーブオイルを主な材料としている料理でハーブの苦い味やブドウの葉の酸っぱい味が今までの印象でした。ところがここのお店の料理は違いました。ババガヌーシュやギリシャ・サラダをはじめ、何を食べてもはずれがありません。中でも僕のお気に入りがプレートのチキン・スロバキ。グリル・チキンをピタというパンの中に挟んだ料理です。ハーブを満遍なくつかっているため、味がとっても濃いが、プレートについてくるサラダと一緒に食べれば、これはもう美味。皆様もカハラ・モールでのショッピングの合間に是非試してみてください。ただオリーブ・トリー・カフェはランチはやっていなくて、毎日午後5時から10時の営業ですのでご注意ください。

Olive Tree Cafe
オリーブ・ツリー・カフェ
住所:4614 Kilauea Ave, Honolulu, HI 96816-5309
営業時間:17:00〜22:00
電話:808-737-0303

(2007年2月取材)

マシューに会える
グルメなツアーとは?
マシューとキーラが案内するフードツアーは3種類。B級グルメ巡りの「ホール・イン・ザ・ウォール」、伝統的なハワイ料理を雰囲気のあるレストランで味わう「ハワイアン・フィースト・イン・パラダイス」、そして、前菜、メイン料理、デザートをそれぞれ別々のレストランで楽しめる「グルメ・トリロジー・フード&ワイン・ラバーズ・ツアー」。マシューのおすすめのレストランもこっそり教えてもらえるよ!
>>ツアーの詳細&申し込みはこちら

人気連載、B級グルメ
ハワイ大学大食いクラブ部長の明子による「ハワイの歩き方」の大人気グルメ連載。ハワイの安くておいしいレストランをあなただけにこっそり教えちゃう!
>>詳しくはこちら

この記事が属するカテゴリー: こだわりのハワイ, 特集
関連キーワード: プレートランチ, 観光スポット,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「こだわりのハワイ」


現地最新情報トップ5


前後の記事