ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ホーム » オプショナルツアー » その他 » クアロア牧場

クアロア牧場


ディナーショーやフラダンスにサンセット・クルーズ… ハワイには楽しいアクティビティがいっぱい揃っています。このコーナーでは、家族連れやグループでハワイ旅行を満喫できるアクティビティ情報を随時ご紹介しています。

クアロア牧場

Kualoa Ranch


オアフ島北東部に広がる「クアロア牧場」でスポーティーな1日を

ホノルルを北上しコオラウ山脈を越えると、そこには高湿多雨のジャングル地帯、あの映画「ジュラシック・パーク」の撮影地にもなった緑深い大自然が広がります。そんなワイルドな土地柄を存分に活かしたアクティビティ・スポットが、ここ「クアロア牧場」。島全体の面積が約1600平方キロメートルのオアフ島は、日本でいえば国後島とほぼ同面積。というと意外に小さな島であることが分かりますが、その表情は場所により実に変化に富んでいます。今回は、乗馬に、四輪バイクに、スノーケルにと多彩なアクティビティが楽しめるクアロア牧場をご紹介します。

創設は153年前


晴れた日の見晴らしは最高! 遠くにチャイナマンズハットも

オアフ島北東部の約4000エーカー(約16・2平方キロメートル)という広大な土地をゲリッド・ジャッド博士が購入したのは、今から153年前の1850年。時の王「カメハメハ3世」との交友が深かった博士は、この広大な土地を$3000で購入。当時としても破格の安値です。今も昔も持つべきものは、「力のある」友人!? でしょうか。それはさておき、以来、子々孫々へと受け継がれてきたクアロア牧場は、現在も「自然環境の保護」、そして「文化の継承」の一翼を担いつつ、ビジターに開放されているのです。

多彩なアクティビティ・プログラム


プライベート・ビーチで美しいさんご礁とお魚を鑑賞

「総合アクティビティ施設」と謳われるクアロア牧場では、現在、陸上アクティビティ5種類と洋上アクティビティが楽しめます。但し、陸上、洋上の両アクティビティを組み合わせて参加することは出来ませんので、両方楽しみたい方は2日間プランを練りましょう。参加種目を選べる陸上アクティビティでは、「とにかくもう、目一杯遊びたい」という方は3種目でも4種目でも。「ちょっと遊んで、あとはのんびり」という方は2種目くらいでリラックスするもよし。いろんな楽しみ方ができるのが、クアロア牧場の良いところです。下記のアクティビティ・リストを参考に、プランを練ってみてくださいね。

パニオロ乗馬の経験があり、馬を止めたり、走らせたりすることの出来る参加者を対象に、 乗馬の基本を復習した後、 牧草地で牛追いに挑戦。クアロア牧場の本物のカウボーイとともに 牛の群れを追い、群れを分けるなどの動作にトライ12才以上、140cm以上、体重105kgまで。 長ズボン、シューズ着用。 参加者4人以上
種目アクティビティ内容参加資格
陸上アクティビティ
乗馬1時間コース:風光明媚な山岳地帯を馬に乗って散策
2時間コース:牛の群の中などを通りカアアヴァ谷まで行き、ジュラシックパーク、ゴジラ、パールハーバーなどハリウッド映画のロケ地巡り
10才以上、体重104Kgまで。身長140cm以上
ロケ地バスツアー「ジュラシック・パーク」や「ゴジラ」のロケ地にもなったカアアヴァ谷のナレーション付きバスツアー子どもは大人同伴
射撃22口径ライフルとピストルを山手側のシューティング・レンジで16才以上
四輪バギーオフロードの四輪バイクで丘陵を疾走16才以上。シューズ着用。体重110Kgまで
ジャングル・ジープ・ツアースイス製荒地走行用12人乗りシープで峡谷深くに分け入り、鳥の声、風の音、水のせせらぎに耳を傾けクアロアの自然を満喫
洋上アクティビティ
スノーケル(またはダイビング)&BBQ古代養魚地を渡り、キャプテンクックに扮したガイドの案内でスノーケル(またはダイビング)を楽しんだ後、ビーチでのアクティビティ、 BBQランチをエンジョイ。また、全長15mの双胴船「カイラニ号」で、カネオヘ湾をクルーズし、オアフの他所では見られないサンゴ礁や魚たちを見物11才までは保護者同伴。水着、タオル、帽子、サングラス持参。

午前中は乗馬に挑戦


馬の操り方を丁寧に教えてくれるインストラクター

今回は陸上アクティビティの乗馬と四輪バギーに挑戦。まずは乗馬から! インストラクターが馬の操り方を日本語で説明してくれます。ここでは、片手に綱、もう片手で鞍を支えるウエスタン・スタイル。間近で見ると想像以上に大きな馬に、最初はちょっと腰が引けるかもしれませんが、ちゃんと調教された馬ばかりなのでご安心を。コースは1時間と2時間の2種類あり、どちらも20〜30人のキャラバンで山道をゆっくりと巡ります。

青空と新鮮な空気が何よりのご馳走…


汗を流した後にみんなで食べるランチはまた格別の味!

乗馬の後は、お待ちかねのランチ。ビュッフェ・スタイルで、焼き肉や唐揚げ、スパゲティ、サラダ、フルーツなどが食べ放題です。一汗流した後で、草の香りのするそよ風に当たりながらみんなでワイワイ食べるランチは、最高です! ダイニング・エリアのすぐ近くにはロゴ・ショップがあり、Tシャツやアロハシャツなどのお土産も購入できるので、是非のぞいてみてくださいね。

 


簡単な操作で楽しめる四輪バギー。シューズ着用のこ

午後は四輪バギーにトライ

食後は四輪バギーにトライ。バギーに乗る際にはシューズ着用のこと。走行中は砂塵があがるので、サングラスも持っていくといいでしょう。ヘルメットを装着して準備万端整ったら、インストラクターが運転のコツを教えてくれます。乗り心地は何となく幅広のバイクに乗っているような感じですが、二輪バイクと違ってカーブでは身体を倒してもダメでちゃんとハンドル操作が必要です。注意事項としては、足を絶対にステップから外さないこと。下手に足を着くと、後輪に轢かれてしまいます。複雑な操作は何もないので、気軽に挑戦してみてください。


思い切って射撃でストレス発散

1日遊んでストレス発散

2種目を終えると時刻は午後2時半。まだまだ遊べる時間ですが、今日はこのくらいでそろそろ帰り支度。のどかに草を食む牛たちに見送られながら、牧場を後にしました。心地よい疲労感に浸りつつ、車の中でウトウト。これで街に戻ってシャワーを浴びて、冷たいビールなどをひっかければ、1ヶ月分くらいのウサは晴れてしまいそうですね。

 


ワイキキなどの主要ホテルからの送迎もありま


●クアロア牧場

アクセス:ワイキキの主要ホテル及びザ・カハラ・ホテル&リゾートへの送迎あり。
電話:(808) 237-7321(予約受付)
営業時間:7:00-17:30(元日、クリスマスのみ休業)
1日コース、半日コース、ハイキングツアー、クアロアスタイル大自然発見ツアー半日、クアロアスタイル大自然発見ツアー1日
※2歳以下のお子様は無料
※アクティビティにより、小さいお子様は参加できないものもありますので、詳しくは「クアロア牧場」へお問い合わせ下さい。
ホームページ:www.kualoa.com

 

クアロア牧場のお話

 

●小さな子ども連れにピッタリのお散歩スポット

◎ミニ動物園

各種アクティビティが楽しめる「クアロア牧場」。思いっきりスポーティに過ごすのもいいけれど、のんびり派にオススメなのが牧場内にある「動物園」の散策。動物園と呼ばれてはいるものの、イノシシや牛、ダチョウなどの家畜を集めた小規模なもので、散歩がてらに見て回るのに丁度良い大きさです。場所は射撃場のすぐ下の一帯で、チケット・オフィスやダイニングのある建物からも歩いて行けます。青空の下でお昼寝している動物たちを眺めながら、のんびりするのもバケーションの楽しみの一つですよね。


(2003年3月取材、2006年3月データ更新)

この記事が属するカテゴリー: その他の観光ツアー, オプショナルツアー
関連キーワード: クアロア牧場, ノースショア, 乗馬,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">



その他の観光ツアー ,オプショナルツアー