ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko

現代アートの祭典、ホノルル・ビエンナーレ2017が今日から開催!

投稿者: Eriko 更新日:2017年03月09日

Honolulu Biennial 2017 Begins Today

ホノルル9ヵ所でアートを展示

 

2017年3月8日(水)~5月8日(月)ホノルルで、現代アートの祭典、第1回ホノルル・ビエンナーレが開催されます。

「今、ここの渦中から(Middle of Now|Here)」と題したホノルル・ビエンナーレの目的は、太平洋地域をつなぐハワイでダイナミックなコンテンポラリーアートを通して人々に芸術や文化の拠点、アイディアや美学のグローバルな交流の場を提供することです。

■関連記事/【イベント】ワードビレッジで草間彌生氏のアートが見られる!
■関連記事/ワードビレッジ・レジデンス

写真左から関係者のイザベル・ヒューズ氏、南條史生氏、ナヒラカ・メイソン氏、トッド・アポ氏

ザ・ハワードヒューズ・コーポレーションが主催となり展開される同イベントはキュレトリアル・ディレクターに美術館長の南條史生氏、キュレーターにナヒラカ・メイソン氏として迎えます。

開催前日の記者会見で挨拶をした南条氏は、「ホノルル・ビエンナーレは『アロハ・ビエンナーレ』でも良いと思った。…太平洋の中心である最高のロケーションで開催されるホノルル・ビエンナーレは特別な意味を持っている。旅行者や地元の人々誰もが参加でき、子ども、学生たちの教育にも良い影響を与え、ハワイの新しい未来に貢献するだろう」と語りました。

ハワイの生地とファイバーを使用しハワイの神をイメージ

ハワイへ移民してきたサトウキビ畑の労働者をイメージしたアート

1966年から1996年までフランス領ポリネシア諸島で行われた核実験を表現

科学を導入したアートはかなり興味深い!

このイベントの中心会場となるのは、ワードビレッジのThe Hub(旧スポーツオーソリティー跡)と旧IBMビル(ノードストロームラック前)です。編集部員がThe Hubで見学した展示物を一部ご紹介します(上写真4枚)。太平洋諸国に意味深く力強いメッセージが込められたアートはそれぞれ興味深いものばかりです。

チームラボ」による、床に投影された映像の中に参加者が描いた絵をスキャンしたものがアニメーションとして映し出されるデジタルアート作品「Graffiti Nature」が話題になっています。家族でも楽しめそうですね。

 

◎The Hub of Honolulu Biennial, Ward Village(ホノルル・ビエンナーレ会場)
住所:333Ward Avenue, Honolulu, HI 96814
駐車場:無料
開館時間:12:00PM-7:00PM 水曜日を除く毎日
入場料:一般$10、大学生、シニア(62才以上)$5、18才以下 無料、パス$25(1回購入すると期間中The Hubの展示会場に本人とゲスト1人は無料で入場できる)

草間彌⽣氏のアートのオブジェが、フォスター植物園で見られる!

ホノルル・ビエンナーレの展示会場は、オアフ島の中心ホノルルの9ヵ所に設置されます。多くの場所は入場料無料なので気軽に楽しむことが出来ますよ。上写真はダウンタウンのフォスター植物園での展示物の1つで、日本を代表する前衛芸術家で水玉模様の作品でも知られる草間彌⽣氏のアートです。

展⽰会場⼀覧:
アーツ・アット・マークス・ガレージ
バーニス・パウアヒ・ビショップ・ミュージア
フォスター植物園
ハワイプリンスホテルワイキキ
ホノルル・ハレ(ホノルル市庁舎)
ホノルル美術館
The Hub at ワードビレッジ
IBM Building at ワードビレッジ
シャングリ・ラ邸、イスラムアート&⽂化センター

ワードビレッジにある中心会場には25名のアーティストによる作品が展示されます。今回参加アーティストは、ハワイ、オーストラリア、ニュージーランドを含む太平洋諸国やアジア、北米出身の有名アーティストや、期待の新人アーティストたち。日本からの参加も3組です。展示作品は以下のとおりです。

アーティストによる作品展示の加え、イブ羽化交流と現代アートに対する理解を広める目的とする無料プログラムも開催。プログラムの詳細はhttp://www.honolulubiennial.orgでみることができます。2年に一度開催されるビエンナーレ、アートファンはもちろん、ハワイで環太平洋の国々のアートに触れる機会をお見逃しなく!

参加アーティスト⼀覧:
Vernon Ah Kee, オーストラリア
Sama Alshaibi, アメリカ
Alfredo and Isabel Aquilizan, オーストラリア/フィリピン
Andrew Binkley, ハワイ
Drew Broderick, ハワイ/アメリカ
Jane Chang Mi, ハワイ /アメリカ
Kaili Chun, ハワイ
Sean Connelly, ハワイ
Beatrice Glow, アメリカ
Brett Graham, ニュージーランド
Marques Hanalei Marzan, ハワイ
Choi Jeong Hwa, 韓国
Kathy Jetn̄il Kijiner, マーシャル諸島
Mohammad Kazem, U.A.E.
Yuki Kihara, ニュージーランド/サモア
Charlton Kūpa’a Hee, ハワイ
草間彌⽣, ⽇本
Al Lagunero, ハワイ
Alexander Lee, タヒチ
Les Filter Feeders, ハワイ
Mariquita Micki Davis, グアム/アメリカ
Lee Mingwei, 台湾/アメリカ
Eko Nugroho, インドネシア
Fiona Pardington, ニュージーランド
Lisa Reihana, ニュージーランド
Chris Ritson, ハワイ
Michelle L. Schwengel‐Regala, ハワイ
Greg Semu, ニュージーランド/サモア
チームラボ, ⽇本
John Vea, ニュージーランド/トンガ
Zhan Wang, 中国
Lynne Yamamoto, アメリカ
Ken + Julia Yonetani, ⽇本/オーストラリア

ホノルル・ビエンナーレ2017:アート – 「今、ここの渦中から」ウェブサイト www.honolulubiennial.org (英語)

ワードビレッジ
住所:1240 Ala Moana Blvd., Honolulu, Hawaii 96814 
Ward Centers, Ward Warehouse
ウェブサイト(日本語):www.wardcenters.com

 

この記事が属するカテゴリー: エンターテインメント・ショー, カルチャー, ショッピング, ショッピングセンター, ワード・センターズ, 美術館・博物館
関連キーワード: ホノルル・ビエンナーレ, 草間彌生,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*