ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「マシューのグルメ評論」

ホクズ – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年09月01日

ホクズ

Hoku’s

●ホクズは「食のオリンピック」会場だね
今日は、ワイキキの喧騒を離れたところにある「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」内の五つ星レストラン、ホクズを紹介するよ。

ホクズの何がすごいって? それはね、料理法や食材が世界中からここにどっと集まったような料理を食べられるところだね。伝統的な料理法にヨーロッパやアジアの手法が合わさって、まさに「食のオリンピック」のようなんだ。もちろん、お値段もそれなりにするけれど、おいしい食事を堪能できる、とっても素敵なレストランだよ。

ホクズは最近改装されたんだけど、これまでと変わらずアットホームな雰囲気が漂う、きれいでモダンなレストラン。お店に入ると、すぐ右側に以前と変わらずオープン・スタイルのキッチンがある。「オープン・キッチンだとうるさいかな?」と思うでしょ? でも、全然そんなことないんだ。お客の注文を受けて、シェフたちが忙しく動き回っているんだけど、ちっとも気にならない! 逆に、「シェフたちの華麗な包丁さばきはパフォーマンスの一つ?」と思ってしまうほどだよ。

●さて、前菜…
まず、席につくと、自家製のハワイアン・スタイルのクラッカー、柔らかいタロイモのパン、温かいロールパンとアヒ・ポキ・ディップの小鉢がテーブルにセットされるんだ。そのディップはほんの少しの海の甘さと塩味がちょっとずつ効いていて、クリーミーで、濃厚な味なのに軽い食感。不思議なんだよね。これ。もうみんなも病みつきになること間違いなし。僕はいつも「このディップさえあればもう何も要らない!」って言っちゃうんだけど、そう言っている僕の手には、ワイン・グラスがちゃっかりあるんだけどね。そんな時、いつもガールフレンドのキーラから、「他に何も要らないなんて嘘じゃない?!」って突っ込まれちゃうんだ(笑)。

さて、ディップとタロイモのパンでグーグーと鳴っているお腹を少しだけ満たしたら、刺身プレートを試してみて。エビ、ハマチ、サーモン、アヒ(マグロ)と白身のお魚が、お皿に載ってくるんだけど、いやー、これが新鮮、新鮮! この刺身プレートは、鮮度の高さへのこだわりを感じるよ。

なになに? 「魚は日本でもおいしいものを食べられる!」だって? よーし、分かったよ。そういう人は、「トリスタン・ダ・クーニャ・サラダ」を食べてみて。これ、ロブスター好きにはたまらない一品。旨みを逃がさないように一茹でしてある柔らかく、海の甘さの詰まったロブスターが、温かいポテト・サラダ、地元で採れた新鮮なレタスと一緒に、お皿に並んでるんだ。しかも、粒マスタードとレモン、そしてタイムのビネグレット・ソース(フレンチ・ドレッシングの一種)和えというからたまらない。そのロブスターとレタスを取り囲むようにスーッとかけられたネギ・オイルの緑色と、濃縮されたビートの赤色が、まるで散りばめられたヒスイとルビーのように白いお皿を彩っているんだ。食べるのがもったいないくらいだね。

●メイン料理はこれ
前菜の後は、お待ちかねのメイン料理! メイン料理も前菜同様、見ているとどれも食べたくなるほどおいしそうなんだ。いつもここに来るたびに、どれにしようかと迷っちゃう。四川風ロブスター炒め? それとも、カリッと揚げられたハワイ近海で獲れた魚の中華風姿揚げ? いやいや、キアヴェの木でゆっくり燻製した黒豚のポーク・チョップのカフク産のコーンとさやインゲン添えにしようか?

あれやこれやといろいろ悩んだあげく、結局最後は、とっても高級な子羊のあばら肉、ラム肉($94)を注文。これは、2人分みたいだけど、実際には3人分でも十分なほどボリューム満点! そのラム肉なんだけど、泡立てた卵の白身と岩塩を混ぜ合わせた生地に包まれて調理されるんだ。注文すると、その生地に包まれたままテーブルに運ばれてきて、ウェイトレスが食べ易いように切ってくれるんだけど、もう、そのラム肉ものすごく柔らかくてジューシー。で、それをミント・クリーム・ソースで食べるの。もう最高だよ。

●やっぱり最後はデザートだよね
食事の締めくくりは、やっぱりデザートだよね。どれにしようか迷ったら、ホクズのデザートの盛り合わせが絶対おすすめ。いくつものデザートがちょっとずつ楽しめるよ。もし、1品のデザートをどーんと食べたいのであれば、「マンゴ・タルト・タタン」、またはラズベリー・シャーベットとの組み合わせが絶妙な「チョコ・ナッツ・ケーキ」、もしくは濃厚な「生チョコレートケーキ」のどれかを試してみて! どれも唸るほど、おいしいこと間違いなしだよ。

●ホクズの人気の秘密はここにあり
ホクズ。素敵な雰囲気と、変わらないおいしさがそこにはある。そして、僕はこのレストランに行く度に、珍しい銀食器や陶器、そして3〜4種類の異なる形の皿やボウルに目を奪われるんだ。料理だけではなく、食器などにもホクズのこだわりを感じることができるね。

また、ワイン・リストは200種以上の銘柄から選ぶことができるので、ボトルではなく、グラスでオーダーした方がいい。そうすることによって、注文した一つ一つの料理に合うワインを少しずつ飲むことができるからね。

最後に、ホクズの人気の理由が知りたかったら、ぜひ一度行ってみて欲しいな。百聞は一見にしかず! なぜそんなに人気が高いレストランなのかすぐに分かると思うよ。スタッフは、フレンドリーで礼儀正しくて、食に精通しているから、どの料理にしようか迷った時にでも「お肉はどれがいいかな?」とか「オススメはどれ?」なんて気軽に相談できるんだ。そして、何よりも、彼らはお客に対する気遣いがとっても細やかだから、おいしい料理と共に、最高の一時を過ごせる。それから、もし、ディナーに行くのであれば、日の入り前に行ってみて。レストランから、海にゆっくりと沈んでいく夕日を臨むことができるから、ロマンティックな夜を演出してくれるよ。

グルメ評論家、マシュー・グレーのプロフィール
 ハワイの人気グルメ評論家。エグゼクティブ・シェフやレストラン評論家として活躍した豊富な知識と経験を活かし、現在はファイン・ダイニングからB級グルメまでハワイの幅広いレストランを対象としたユニークなグルメ・ツアーを主催している。マシューは、80年代から90年代にかけて、ハリウッドの映画スターや有名政治家らのセレブ御用達シェフとして活躍。カリフォルニアで起業したフードショップも成功を収め、彼の名は雑誌やテレビを通して全米で広く知られるようになった。1993年にハワイに移住後は、地元紙「ホノルル・アドバタイザー」のレストラン評論家として歯に衣着せないストレートなコメントの掲載を開始。地元ハワイはもとより、アメリカ本土からも熱烈な支持を受けた。「ハワイの美味しい食事と料理の楽しみを多くの人々と共有したい」という考えから2004年に始めたグルメツアーは、彼自身がガイドを務め、ハワイの食文化の紹介や食にまつわる豊富な体験談などを交えながら、おすすめのレストランをまわるというもの。数々のメディアにも取りあげられる人気ツアーとなっている。

>>グルメツアーの記事を見る

(2006年9月取材)


ちょっとシックなエントランス。一歩店内に入れば、青い海が目の前に広がります。

 

 

住所:5000 Kahala Ave. Honolulu, HI 96816 
ザ・カハラ・ホテル&リゾート
アクセス:ワイキキよりタクシー利用、約10分。
駐車場:
電話番号:739-8780(レストラン直通)、739-8888(ホテル代表)
営業時間:ディナー:17:30-22:00(火〜土) サンデー・ブランチ:10:30-14:00(日)
休業日:年中無休
予約:ディナー予約がベター
バースデーサービス:その場でのお楽しみ!?
1人分の予算ディナー$45〜、(チップの平均は合計金額の18%〜25%)
日本語メニュー
ホームページ:jp.kahalaresort.com

この記事が属するカテゴリー: グルメ評論家, レストラン
関連キーワード: カハラ, ホクズ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*