ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

タウン – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年06月02日

おいしくて、雰囲気も最高なレストランでの食事は、ハワイ旅行の楽しみの1つ。でも、お店のチョイスには迷うことも多いのでは? そこで、このグルメ・レストラン情報では、ハワイで最も権威のあるレストラン・アワード「ハレアイナ賞2006」(ホノルル・マガジン主催)に選ばれた名店をご紹介します。

タウン

Town

マヒマヒのバター風味ソテー$19は、ボリューム満点だけれどしつこく感じさせないライトなソースが決め手。付け合せに野菜もたっぷり

ハワイのグルメシーンは、人種や文化と同様にクロスカルチャーな雰囲気がいっぱい。パシフィックリム・キュイジーヌに代表される、ハワイの素材を使った西洋料理スタイルのプレゼンテーションに醤油や味噌などのアジアンテイストを併せた味覚が広く支持されているのは皆さんもご存知の通りです。他にもフレンチ、イタリアン、和食などバラエティに富んだ「食」が楽しめますが、ここでご紹介する「タウン」は、今までありそうでなかった、小粋なダイニングです。

インテリアはシンプルでスタイリッシュ

●おしゃれだけど気取らない、ロコに大人気のニュー・レストラン
2006年度ハレアイナ賞のベスト・ニューレストランに選ばれた「タウン」があるのは、グルメ・ストリートとして知られているカイムキ・エリアのワイアラエ通り。近くにはフレンチの人気店「カフェ・ミロ」や、中華やタイ、デザートが美味しいカフェなどが立ち並んでいる一角にあります。歩道から小さな植え込みをはさんで一段高くなっているお店は、レストランというよりも住宅を改装した雑貨屋さん風の店構え。オープンスペースになっているテラス席がなければ、レストランと気づかずに通り過ぎてしまうような雰囲気です。入口のスイング・ドアを開けて中に入ると、モダンで落ち着いた雰囲気のインテリアがハワイというよりも、少しだけ都会的な印象。

気持ちがいいテラス席ではパーティーも可能

店内のデザインも手がけたというオーナーが作りたかったレストランは、サンフランシスコの郊外などにあるおしゃれな雰囲気で、コジャレたお客さんが集まるようなダイニング。賑やかな街の中心でなく、かといってカントリーでもない「タウン」なのだそうです。シンプルかつスタイリッシュなインテリアのイメージは確かにハワイではあまりお目にかかれないものです。テーブル席のダイニングエリアは照明も少し控えめでゆったりとしており、一方カウンターの正面から広がっている外のテラス席はガーデン・ダイニングをしているような感覚が楽しめて、決して大きくないお店なのにいろいろな工夫が感じられるのもうれしいところです。

Ma’o農園のオーガニック野菜とチーズ、ナッツのサラダ$7。野菜が本来持つ自然な味わいとチーズの風味がほどよくマッチ

●地元産&オーガニック食材を取り入れたヘルシー・メニュー
2005年3月の開業以来、あっという間にロコたちの人気レストランの仲間入りをしたタウンの料理は、地中海風とイタリアンをベースにしたヘルシーなメニューが中心。毎日プリントされるメニューの一番下にはこう書いてあります。「Local first, organic whenever possible, with Aloha always」。 つまり「地元産の食材を優先して使い、できるだけオーガニック素材で、そしていつもアロハの気持ちをこめて」ということでしょうか。

取材の対応をしてくれたスタッフのト二ーさんによれば、「タウンの料理は毎日違う。地元の食材のほうが、本土から船便で来るものより絶対フレッシュで美味しいし、有機栽培の素材をできるだけ使いたい。でもいつも気に入った材料がマーケットにあるわけじゃないから、地元以外の材料も使うし、野菜もオーガニックばかりを使えるとは限らない。だからメニューも毎日違うんだよ」と、実に気取らない話をしてくれました。「何が何でもオーガニック!」と言い切らないところが自然体で好感度大。前菜からアントレまでボリュームはたっぷり、ソースはあっさりと仕上げてヘビーにならないようにしているのがタウン流とのこと。ヘルシーなトレンドやお洒落に敏感な西海岸の人たちにはぴったりきそうなコンセプトですが、意外にも、ハワイのグルメたちの舌にもマッチしたということです。

●朝食からディナーまで終日オープン!

バターミルクのパンナコッタに濃密なハワイ産蜂蜜をかけたデザート$6は、コーヒーと一緒に召し上がれ

同店のユニークな点は、ディナーばかりでなく、毎日朝6時から夜まで、終日オープンしていること。朝食はヨーグルトやベーグル、ランチはパスタやサンドイッチをサーブしているので、カイムキ周辺を散策する時にはディナータイムでなくても気軽に立ち寄れます。それからディナーですが、こちらは予約を忘れずに。特に週末は必ず予約が必要とのことです。

グルメエリアのカイムキでは、これまで以上にレストラン選びに迷ってしまいそうですね。

(2006年2月取材)

住所:3435 Waialae Ave. Honolulu, HI 96816
アクセス:ワイキキから車で約15分。ワイアラエ・アヴェニューと9thアヴェニューの角。レストラン前にバス停あり。
駐車場:あり。ただし、数台しか置けないので路上のパーキングメーター利用がベター
電話番号:(808) 735-5900
営業時間:6:00-21:30 (月〜木)、6:00-22:00 (金〜土)
予約:ディナーは要予約。ただし屋外のテラス席はウォークインのゲスト用
休業日:日曜
クレジットカード:VISA,MC,JCB,AMEX
1人分の予算ディナー$30〜 (チップの平均は合計金額の15%〜25%)
お店の雰囲気カジュアル
こんな場合もOK赤ちゃん&小さな子供OK、ご両親も納得、15名程度のパーティOK(屋外のテラス席を利用)
コースメニュー:なし
日本語メニューなし
バースデーサービス:なし
ホームページ:なし

この記事が属するカテゴリー: ヨーロッパ料理, レストラン
関連キーワード: オーガニック, カイムキ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*