ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

パラダイス・グリル – B級グルメ アジアンフード

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2006年05月01日

静かなブームを呼んでいるB級グルメ情報 安くて美味しくて、ちょっとディープな秘密のお店を紹介します。誰も知らない怪しいお店やロコで賑わうお店にチャレンジしてみませんか? 独断と偏見で選んだ美味しさは超A級でもお値段はB級の素敵なお店を「ハワイ大食いクラブ(知る人ぞ知るハワイ大学一熱心なサークル)メンバーの私がご案内いたします。

パラダイス・グリル


ピーナッツ風の甘ダレがうまい カンボジア風焼き鳥、サテー$5.95

●東南アジア料理のレストランがオープン *このお店は閉店しました
B級ファンの皆様お元気ですか? 日本はそろそろぽかぽかと暖かくなってきたことでしょうね。ハワイも雨季が終わり、ようやく夏らしい日々が戻ってきました。私事で申し訳ありませんが、只今ファイナル(期末試験)シーズンまっさかり。折角の良いお天気も全く楽しめず、ただただ我が家と図書館を往復するばかりの日々が続いております。でも、これが終われば夏休み。ともすれば挫けそうになる、老いさらばえた肉体に鞭を打ちつつ、ひたすらペーパー(論文)を書く日々が続いております。

以前にもお話しましたが、私はハワイ大学の大学院で東南アジアの文学について研究しています。専門は主にフィリピンですが、今学期はミャンマー、カンボジア、インドネシアなどの古代文明(アンコールワットとかね)についてのゼミを取りまして、まさに東南アジア一色の学校生活を送っています。当然クラスメート達も、私に勝るとも劣らない「東南アジア・マニア」ばっかり。特にタイ・マニアやカンボジア・マニアは「濃い」ですね。元バックパッカーの白人男性が多く、流暢に東南アジアの言語をあやつり、ちょっとでも話題を振ると、もう語ること、語ること! あと、東南アジア各地からの留学生や教授も多いです。そんななか、日本出身の私はかなり変り種なのですが、まあ専門が文学で、文化人類学などではない分、マニア度も低いかと思っているのですが。

前置きが長くなりましたが、そんなマニア学生たちのひとりから教えてもらったのがこの店、「パラダイス・グリル」です。東南アジア11カ国(最近、東ティモール=日本語表記ではチモール? が加わって、11カ国になりました)のうち、カンボジア、タイ、ラオスの料理がいっぺんに食べられるという、お得なレストランなんですよ。

ユニバーシティ・アベニューとキング・ストリートの交わるところ、パックス・アレイ(UH学生で賑わうバー「マグース」、「カレーハウスCOCO壱番屋」などが入っています)の中に新しくオープンしたこのお店、他の東南アジアマニアに先を越されたことを悔やみつつも、早速行ってまいりました。



大食いクラブ推薦。白身魚とココナッツミルク&スパイスの相性が絶品のアモック$6.95

●独特のスパイスに舌鼓!
さて、早速お店に入ってみると、入口からは想像しにくい、大きなお店で、ハワイ風と東南アジア風が混ざったインテリアが良い感じ。平日にもかかわらず、東南アジア出身の人たちや、例の「マニア君」たちで賑わっています。奥にはバーやビリヤードができるプール・テーブル、応接セットなどもあり、くつろげる雰囲気です。

メニューには、アジア各地の珍しい料理がずらっと並びます。本日はカンボジア物を中心にオーダーしてみることにしました。私たちがオーダーしたのは、1)カンボジアンサテー(カンボジア風焼き鳥)$5.95、2)アモック(魚をバナナの葉に包んで蒸したもの)$6.95、3)カンボジアンスープ(海老とパイナップルの入った甘酸っぱいスープ)$6.95、そして4)カンボジアンフライドヌードル$6.95、の4品。2スクープずつのご飯もついてきます。

まずはヌードル。予想を反して、パリパリとしたお菓子のような歯ざわり、甘めの味付け。サラダ感覚でいくらでも食べられそうです。海老せんのような、ベビースターラーメンのような、不思議な美味しさ! 癖になりそうです。

次はスープ。見た目はタイのトムヤムクンのようですが、一口食べて、またびっくり。甘酸っぱくて、少しだけスパイシー、独特の味付けです。ご飯にかけて食べると「美味しいーっ!」。トムヤムよりはやさしめで、でも中華ともまた違う南国の味でした。

サテーは、ピーナッツ風の甘いタレがかかっていて、これまた辛すぎず、深みのある味。でも、何といっても美味しかったのは、アモックです。見た目はハワイのラウラウのような感じ、バナナの葉に包まれた白身魚(スズキかな?)は、ココナッツミルクとスパイスにマリネされたあと、ふんわりと蒸上げられています。魚はまったく生臭くなく、クリーミーで、とてもエキゾチックな味でした。お店の人のおすすめだけあって、ちょっとない美味しさでした。

カンボジア料理は、タイ料理に比べて甘めで、独特のスパイスが効いています。暑い日には特に良さそう。次はラオス料理にチャレンジしてみたいですね。というわけで、ユニバーシティーエリアに新しくオープンした「パラダイス・グリル」、すごく良い感じでした。皆様も是非!

(2006年5月取材)

お店データ

PARADISE GRILL
パラダイス・グリル

住所:2600 S. King st. Honolulu, HI 96826

アクセス:バスでの行き方:ワイキキからだと4番で、キングとユニバーシティの角、カレーハウスCOCO壱番屋前で下車、同じ建物内。アラモアナからだと6番で同じところで下車。

車での行き方:ワイキキからだと、アラワイからマッカリー橋を右折、マッカリーアベニューに入り、キングで右折、ユニバーシティーで左折、曲がったらすぐ右手にパーキングの入り口有(2階)。

営業時間:11:00-22:00(火〜土)、17:00-22:00(日)  月曜休み
駐車場:パックスアレイの駐車場、バリデート有
電話:(808) 949-5158
大食いクラブからのアドバイス大きなお店なので大人数でもOK!

この記事が属するカテゴリー: B級グルメ, アジアン・フード
関連キーワード: カンボジア料理,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ