ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

田中オブ東京 アメリカン・スタイル鉄板焼き

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年01月01日

おいしくて、雰囲気も最高なレストランでの食事は、ハワイ旅行の楽しみの1つ。でも、お店のチョイスには迷うことも多いのでは? そこで、このグルメ・レストラン情報では、ハワイで最も権威のあるレストラン・アワード「ハレアイナ賞」(ホノルル・マガジン主催)に選ばれた名店やハワイの歩き方編集部が自信を持ってオススメするレストランを紹介します。

田中オブ東京

Tanaka of Tokyo

(編集部注:田中オブ東京ウエストは、アラモアナセンター内に移動しました)。鉄板の上で繰り広げられる「エンターテイメント」と「食」の融合。このどちらかが欠けていたら、「田中オブ東京」がこんなに有名になることはなかったかもしれません。田中オブ東京は1978年の創業以来、レストラン業界のアカデミー賞として知られる「ファイブスター・ダイヤモンド賞」、レストラン・ホスピタリティ誌の「全米ベスト・キッズミール賞」など数々の栄えある賞を受賞してきた鉄板焼きレストランの名店として、地元の人はもとより世界中から集まる観光客からも絶大な支持を得ています。今回のグルメは、ワイキキに3店舗ある田中オブ東京の1つ、キングス・ビレッジ内の「田中オブ東京イースト店」をご紹介します。

 

田中オブ東京の一番人気メニュー、「将軍」($58.95)。高級フィレステーキとシーフードが楽しめるボリュームたっぷりのセット

● 一番人気メニューは将軍様も納得の「将軍」コース
田中オブ東京に来たら一度は試してみたいのが、一番人気メニューの「将軍」($58.95)。「将軍」という名前にふさわしく、高級フィレステーキとホタテの貝柱やエビ、ロブスター等のシーフードが楽しめる、将軍様も納得の贅沢な内容。これにご飯、味噌汁、お新香、サラダ、デザートの抹茶アイスクリームが付きます。今回担当してくれたイースト店料理長のピーターさんが鉄板の前に立つと、いよいよエンターテイメントのはじまりです。まずは熱した鉄板に油を垂らし、その上に生の野菜をどんどんのせていきます。包丁をすばやく取り出すと、野菜を鉄板の上で細かく切っていきます。時折ジョークを交えながらのシェフとの楽しい会話に気を取られがちですが、シェフの手元を見ることも忘れずに。ジョークを飛ばして愉快に笑うシェフの手先は、鉄板の上で休むことなく動き続けます。ひとしきり笑った後に鉄板を見てみると、ピーターさんはあっという間に玉ねぎを段々に乗せていき、「ダイヤモンドヘッド!」と言ってにっこり。玉ねぎで出来たダイヤモンドヘッドの中央部の空洞に油を入れてマッチで火をつけると、山から炎が噴出。噂には聞いていましたが、炎が噴き出す光景を間近で見る機会なんてめったにないので、実際に目の前で繰り広げられるパフォーマンスを見るとその迫力に驚くばかり。ちなみにダイヤモンドヘッドに形を変えた玉ねぎは、マウイオニオンと呼ばれるマウイ島で栽培された甘みの強い品種のもの。マウイ島の特産品です。ダイヤモンドヘッドのパフォーマンス後、この玉ねぎは他の野菜と一緒に炒められて最初の一品、野菜炒めの出来上がり。塩と胡椒で味付けをされた野菜炒めの味はとてもシンプルですが、シンプルだからこそ野菜それぞれの味が見事に引き出されています。特にマウイオニオンは絶妙な焼き加減で、生に近い歯ごたえを残しつつ、マウイオニオン独特の甘さが口に広がります。

 

●こだわりの食材を目の前で焼いてもらって食べる至福の一時
数々のパフォーマンスの中でも、特に有名なパフォーマンスとして知られているのがエビの鉄板焼き。「将軍」のメニューの中にももちろんエビの鉄板焼きが含まれています。鉄板の上に一列に並べられたエビに油を垂らして火をつけると、今度は玉ねぎの時とは比べ物にならない勢いで炎が天井近くまで一気に燃え上がります。炎に包まれて姿が全く見えなくなったエビは丸焦げになったのでは、と心配になりますが、皿に盛られたエビはほんのりピンク色をしてなんとも美味しそう。エビを美味しくいただいた後、今度はエビの王様「ロブスター」の登場です。「将軍」コースで出されるロブスターは、食材にこだわる田中オブ東京が自信を持って仕入れたトンガ産のスパイニー・ロブスターと呼ばれるもの。他のメニューでもロブスターは食べられますが、メニューによって使うロブスターが変わってきます。このトンガ産のロブスターは甘味が強く、肉厚の噛みごたえのあるプリプリした身からは、噛む度に旨みたっぷりの汁が出てきます。そして高級フィレステーキも「高級」という名にふさわしく、アイオワの農場で大切に育てられた牛肉を3週間半から4週間熟成させたこだわりの一品。お好みによって、ニンニクを入れてステーキを焼いてもらうことも可能です。ステーキは厚めに切られているにも関わらず、口に入れるとその柔らかさにびっくり。肉自体の味がおいしいので、ソースなど何も付けずに食べても良いのですが、是非自家製のマスタード・ソースを付けて食べてみてください。まろやかで上品な肉本来の味に、ピリッとパンチの効いたマスタード・ソースが絶妙に絡み合ってとっても美味。

これだけの量があると1人前にしては多すぎると感じるかもしれませんが、女性1人で完食する人も決して少なくないのだとか。それもそのはず、私も「将軍」を頼んでみてその理由がよく分かりました。こだわりの食材を使った料理自体も食が進む理由の1つですが、目の前でシェフが行うパフォーマンスを楽しみながら出来立ての料理をその場で食べていると、不思議と次から次へと料理を口に運んでしまいます。ただ美味しい料理を食べるだけではなく、ビックリするようなパフォーマンスやシェフの面白いジョークなど、笑いの絶えない一時が、レストランを後にする時にいつもより満足した気分にさせてくれるのでしょう。

 

店内は落ち着いた雰囲気

田中オブ東京の店内は、照明を絞った落ち着いた雰囲気。子供連れだと入りにくいと感じる方もいるかもしれませんが、心配いりません。「お子さん連れの家族、大歓迎です」とイースト店のマネージャー、アンディさんが言うように、田中オブ東京ではキッズメニューも充実しています。キッズメニューのほかにも、小さな子供が退屈しないように塗り絵セットを出してくれたりと、細かい心配りが嬉しいですね。また、大小さまざまな規模のパーティーや宴会なども行うことができます。

今回この記事で取り上げたパフォーマンスはコース料理の中の一例をご紹介しました。担当するシェフによっても、料理の内容によってもパフォーマンスは変わってくるので、実際に行ってみて目の前で繰り広げられるパフォーマンスを楽しんでくださいね。

(2007年1月取材)

住所:田中オブ東京ウエスト
1450 Ala Moana Blvd., 4th Floor, Honolulu,HI 96815
田中オブ東京セントラル
2250 Kalakaua Ave, 4th Floor, Honolulu HI 96815
田中オブ東京イースト
131 Kaiulani Ave, 3rd Floor, Honolulu, HI 96815
駐車場:あり(バレーパーキングサービスもあり)
電話番号:ウエスト店 (808)945-3443
セントラル店 (808)922-5485
イースト店 (808)922-4233
営業時間:ウエスト店 ランチ:11:30- ディナー:17:30-
セントラル店 ディナー:17:30-
イースト店 ディナー:17:30-
予約:予約をおすすめ
休業日:年中無休
クレジットカード:VISA,MC,AMEX,JCB
1人分の予算ディナー$20.00〜
お店の雰囲気カジュアル
こんな場合もOK赤ちゃん&小さな子供OK、ご両親も納得、パーティ可
コースメニュー:あり
日本語メニューあり
ホームページ:なし

この記事が属するカテゴリー: レストラン, 日本食
関連キーワード: アクロバット, 鉄板焼き,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ