ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ヤードハウス – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年03月01日

おいしくて、雰囲気も最高なレストランでの食事は、ハワイ旅行の楽しみの1つ。でも、お店のチョイスには迷うことも多いのでは? そこで、このグルメ・レストラン情報では、ハワイで最も権威のあるレストラン・アワード「ハレアイナ賞」(ホノルル・マガジン主催)に選ばれた名店やハワイの歩き方編集部が自信を持ってオススメするレストランを紹介します。

ヤードハウス

Yard House


ズラリと並んだビール・サーバー。100種類以上のビールを楽しめる

ワイキキの中心部に誕生した話題のスポット、「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」。40軒以上の個性豊かなショップ、レストラン、そして宿泊施設などが集まったエリアに新しくオープンしたレストランが、今回ご紹介する「ヤードハウス」です。ヤードハウスは100種類以上にも及ぶ世界中の生ビールを揃えたレストランとしてカリフォルニアにオープンし、今やアメリカ全土に展開する人気レストランとして有名。レストランの店名は、馬車での旅が一般的だった頃に、駅馬車の運転手が馬車を降りずにビールを受け取れるようにとイギリスでデザインされた、高さ1ヤード(91.44センチメートル)もあるグラスに由来しています。1メートル近くある当時のビール・グラスには及びませんが、その半分の0.5ヤードのビール・グラスに注がれて出される生ビールがヤードハウスの看板商品です。

しかしヤードハウスの売りは、生ビールだけではありません。分厚いメニューには、サラダからハンバーガー、ピザ、デザートまで100種類近い料理が並びます。アメリカンなレストランの雰囲気から料理もアメリカ料理が主だろうと想像してしまいますが、ここヤードハウスでは様々な国のテイストをミックスしたフュージョン料理が楽しめます。今回、数あるメニューの中でも特にお勧めメニューをヤードハウスのマネージャー、パトリックさんに5品選んでもらいました。


見た目も美しい「スパイシー・ツナ・ロール」($11.45)

●彩りが美しい前菜は目と口で味わう
まずは前菜。1品目は「スパイシー・ツナ・ロール」($11.45)です。程よく炙ったマグロ、アボカド、そして枝豆が層になった、まるでケーキのような盛り付けが目を引きます。一口大にカットされたツナは炙られ過ぎてなく、半刺身状でプリプリとした食感がたまりません。脂がのったツナをさらにまろやかな味わいにするのが、アボカドの存在。そこに適度な歯ごたえのある枝豆が加わります。全体的にまろやかな味付けがされたツナ・ロールの味を引き立てるのが、わさび醤油がベースとなったソース。ピリッとしたスパイシーなソースとまろやかなツナとの相性が最高です。

サラダを頼むなら、変り種の「サマー・サラダ」がお勧め。イチゴやオレンジといった、一見サラダに合わないと思うフルーツやナッツが入った珍しいサラダです。フレッシュなレタスとフルーツ、そしてアボカドをバルサミコ酢をベースにしたドレッシングで和えたサマー・サラダは、酸味と甘味のバランスが絶妙な意表をついた1品。ドレッシングがかかったイチゴやオレンジに最初は抵抗を感じるかもしれませんが、1度食べると病みつきになる味です。

また、春巻きと言うと中華料理をイメージしますが、ヤードハウスの「ムー・シュー・エッグ・ロールズ(春巻き)」はまさに創作料理という言葉がピッタリなメニュー。カラっと揚げたきつね色の大ぶりの春巻きは、中に具がぎっしりと詰まっていてボリュームがあります。春巻きの具には、鶏肉、人参、ネギなどとスパイシーなチリソースを混ぜたクリームチーズが入っていて、その味のバランスが絶妙。さらにエスニック料理を連想させる香草が入っていてアクセントになっています。


フルーツがたっぷり入った「サマー・サラダ」($8.45)

エスニックな味わいがくせになる「ムー・シュー・エッグ・ロールズ」($9.45)

●ボリューム満点のメインディッシュ
メインディッシュは、肉と魚料理を1品ずつご紹介。「味噌風味のチリ産シーバス」(写真左)は、ジャスミン・ライスの上にシーバスと呼ばれる白身魚がドーンと乗っている、何とも迫力のあるメニュー。肉厚のシーバスは、脂がのっていてとても柔らかい食感が特徴。魚の味を表現するとすれば、新鮮なサーモンと脂がたっぷりのったサバを足した感じでしょうか。適度な魚の塩気とジャスミンライスとの相性も抜群。シャキシャキとした歯ごたえが特徴の中国野菜、パクチョイ(青梗菜の一種)が付け合せとしてたっぷりと付いてくるのですが、この野菜もまた美味。パクチョイをソースに絡めて食べると、いくらでも食べられそうです。

「バーベキュー・ポーク・テンダーロイン」(写真右)は、柔らかい肉に甘めのバーベキューソースがかかった、子供も喜びそうなメニュー。テンダーロインは一切れずつが肉厚ですが、噛むと何の抵抗も無く噛み切れる程肉が柔らかいことに感動。付け合せのマッシュポテトにはハーブやコーンを混ぜてあって、ハーブ風味がほんのりと効いた味付けがされています。


「バーベキュー・ポーク・テンダーロイン」($20.95)

プリプリな食感がたまらない「味噌風味のチリ産シーバス」($29.95)


サッパリしたチーズケーキはデザートの王様

●デザートは別腹 ケーキ屋さんのケーキより美味しい絶品メニュー
ボリューム満点の料理を食べても、やっぱりデザートは別腹。ヤードハウスはデザートメニューも充実していますが、特にお勧めなのが、「マカデミアナッツ・チーズケーキ」。マカデミアナッツがたっぷり入ったチーズケーキは、ずっしりとした密度の濃そうな見た目ですが、意外にもサッパリとした軽い食感。レモンの酸味が後味をさわやかにしてくれます。甘すぎないので、これならお腹に負担がかからずにデザートが楽しめます。

ヤードハウスでは子供用のメニューも充実しているので、家族皆で楽しく食事ができるカジュアルなレストランとして気軽に足を運べそうです。また、お酒を楽しみたい人も、美味しいご飯が食べたい人も、皆が満足できるワイキキでは数少ない貴重なレストランです。

(2007年3月取材)

住所:226 Lewers St.,L-148 Honolulu, HI 96815
エンバシー・スイーツ・ホテル内オアシス・ライフスタイル隣
駐車場:エンバシー・スイーツ・ホテル内のバレーパーキングを$6で利用可能
電話番号:(808)923-9273
営業時間:11:00-翌1:00
予約:不可
休業日:年中無休
クレジットカード:VISA,MC,AMEX,
1人分の予算ディナー$20.00〜 (チップの平均は合計金額の15%〜25%)
お店の雰囲気カジュアル
こんな場合もOK赤ちゃん&小さな子供OK、パーティ可
日本語メニューあり
ホームページ(日本語):www.yardhouse.com

この記事が属するカテゴリー: アメリカンフード, レストラン
関連キーワード: グルメ・レストラン情報, ビール, ヤードハウス,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*