ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ザ・ランチハウス – グルメ・レストラン情報

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2010年02月01日

おいしくて、雰囲気も最高なレストランでの食事は、ハワイ旅行の楽しみの1つ。でも、お店のチョイスには迷うことも多いのでは? そこで、このグルメ・レストラン情報では、ハワイで最も権威のあるレストラン・アワード「ハレアイナ賞」(ホノルル・マガジン主催)に選ばれた名店やハワイの歩き方編集部が自信を持ってオススメするレストランを紹介します。今回は、カパフル通りにオープンしたばかりの「ザ・ランチハウス」を訪ねてみました!

ハワイが愛する「家庭の味」、ザ・ランチハウス

The Ranch House

●ハワイの老舗が復活した
(編集部注:ランチハウスは休業中です)。オアフ島東部の高級住宅街アイナハイナで、長い間ハワイの人々に親しまれてきた老舗レストラン、「ザ・ランチハウス」。惜しまれつつも1986年に閉店しましたが、それから約25年の時を経て、カパフル通りによみがえりました。ハワイの人々が心から美味しいと思える、上質のコンフォート・フード(家庭の味、おふくろの味)を提供してきた名店が復活するとあって、地元のファンは大喜び。さっそく、2010年1月27日にオープンしたばかりのザ・ランチハウスを訪ねてみました。

場所はカパフル通りのワイキキ寄り、アラワイ・ゴルフコースの向いにあります(同じビルの1階には中華料理のヒー・ヒン・レストランが入っています)。ワイキキから、散歩がてら歩いて行ける距離というのも嬉しいですね。

ハワイの家庭料理が味わえる、ザ・ランチハウス

●子ども歓迎 家族で楽しめるレストラン
ザ・ランチハウスのコンセプトは「ファミリー・レストラン」。と、聞くと、俗に言う「ファミレス」を想像してしまいがちですが、大手チェーンのファミレスとはひと味もふた味も違います。「家族のためのレストラン」、「家庭の味を楽しめるレストラン」という意味なのです。クレイトン・ババス料理長によるメニューの数々は、どこか懐かしくノスタルジック、そして上質な家庭の味。プライム・リブや各種ステーキ、ミートローフやシーフード。ハワイの人々が愛してやまないオックステール・スープやフリフリ・チキン、ガーリック・シュリンプなども揃います。

お店の人々のサービスもとてもフレンドリーで親切。まるでローカルの家庭に招かれたような、暖かい気分が味わえるレストランなのです。

●フライド・チキン? それともステーキ?
ザ・ランチハウスのメニューはどれもこれも魅力的でなかなか決められません。ということで、シェフのクレイトンさんにおすすめ料理を作ってもらうことに。まずは、「チキン・フライド・ステーキのカントリー・グレービーがけ」。アメリカ南部の家庭料理で、チキン・フライド・ステーキという名前だけど、実はビーフ。柔らかいリブ・アイのステーキをフライドチキンのように衣を付けて揚げ、クリーミーなカントリー・グレービー・ソースを掛けたものなのです。それにしてもそのボリュームにはビックリ! 大人の手のひら2枚を合わせたくらいの大きなお肉がドーンとお皿に横たわっています。さっそく食べてみましょう。見た目とは裏腹に繊細な味で、お肉の風味がグレービーと良く合って満足感たっぷり。まろやかでやさしい味のグレービーは、さすが老舗、という味。ワンランク上の家庭の味です!

おふくろの味、ミートローフ

●忘れられない「Tutu(おばあちゃん)の味」
チキン・フライド・ステーキですっかり満足していると、もう1つのおすすめ「Tutu(トゥトゥ=おばあちゃん)のミートローフ、ハマクア・マッシュルーム・グレービーがけ」が出てきました。ひき肉にみじん切りの野菜やパン粉などを混ぜ込みオーブンで焼き上げたミートローフは、ハワイで愛されるおふくろの味の代表選手。

バターの風味がとても美味しいたっぷりのマッシュポテトと甘いコーンが添えられたミートローフは、とても大きく厚みも5センチはあろうかという大ボリューム。ハワイのハマクア産のマッシュルームがたっぷりと添えられています。赤ワインをふんだんに使ったグレービー・ソースは、まるでデミグラス・ソースのようにリッチな味わい。おしゃれじゃないけど、美味しくてやさしい、まるでおばあちゃんの家で食べるような「古き良き」ミートローフに大満足でした。

その場で焼き上げてくれるデザート、スイーツ

●焼きたてアップルパイで夢心地
ここで忘れてはならないのがデザート。アメリカのおふくろの味を代表するデザートといえば、まず名前が挙がるのが「アップルパイ」ではないでしょうか? ザ・ランチハウスには、その場で焼き上げてくれる「Tutuのコブラー」がありました。これは季節のフルーツをプレートに並べ、上にビスケットをかぶせて焼くパイのようなものですが、ちょうど今の季節のフルーツはリンゴ! まさに「おばあちゃん手作りのアップルパイ」を味わうことができました。焼きたてのコブラーの上には、カウアイ島生まれの「ラパーツ」のアイスクリームが乗っています。アツアツのパイと冷たいアイスクリームのコンビネーションが絶妙で、おなかが一杯だったにも関わらず完食してしまいました。なお、コブラーは焼きあがるのに30分ほどかかりますので、最初からオーダーしておいた方が良いですね。

他にも、美味しい家庭料理がいっぱい! ハワイとアメリカの古き良き上質な家庭料理が味わえるザ・ランチハウスに、家族揃って出かけてみませんか?

(2010年2月更新)

ツイスト・アット・ハノハノ住所:449 Kapahulu Ave. #201, Honolulu, HI 96815
駐車場:ビル内地下の駐車場を利用
電話番号:(808)737-4461
営業時間:17:00-21:30、無休
予約:したほうが良い
ウェブサイト:www.ranchhousehawaii.com
1人分の予算約$30〜、(チップの平均は合計金額の20%程度)
お店の雰囲気カジュアル(子ども歓迎)

この記事が属するカテゴリー: アメリカンフード, レストラン
関連キーワード: 家庭料理,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*