ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「犬と一緒にハワイ移住」

第04回 日本にいながら、ハワイで住む家探しをスタート?

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2007年12月15日

ペット犬と一緒にハワイ移住

ハワイ移住はある日、突然やってきた!? 日本で働く国際派カップルが愛犬を連れてハワイへ引っ越すまでの道のりを公開。ハワイへの引越しから現地での家探しまで詳しく綴ります。海外赴任や国際結婚、ハワイ留学を控えている人も必見です。

犬と一緒にハワイ移住 第4回 日本にいながら、ハワイで住む家探しをスタート?

 

ハワイ移住・決定ハワイに住んだら、犬も海で泳がなきゃ

インターネット革命に大感謝? 日本でハワイの不動産情報が手に入る
日本からハワイに引越しするということは、荷物を送らなければならないということ。前にオーストラリアに引越しをした友人から海外へお手ごろな値段で運送してくれる会社を紹介してもらったのだけど、荷物を船着場に引き取りにいく場合でも、引越し先の住所がないと送ってくれないらしい(当たり前か!)。それにうちの娘(犬)のためのハワイ検疫所へ送る書類にもハワイの住所が必要、ということで現地で住むお家探し、もとい、アパート探しを開始。いやー、IT革命に感謝! インターネットって素晴らしい。日本にいながらインターネットでハワイの不動産情報が手に入るなんて! こりゃ思ったより楽そうだぞ(ロサンゼルスで家探しの苦い経験あり)と思っていたのですが…

まず、ハワイに詳しい方には常識ですが… 「ハワイでは家賃が高い! ペット可の賃貸物件が少ない! 空きが少ない!」と三重苦。ハワイでは、近年の不動産バブルで家賃が急騰し、とんでもない金額になっているではありませんか。そして、ハワイの不動産業界は依然売り手市場。空き物件が少ないから当然といえば当然ですが。後にある物件の見学に行った時に不動産屋さんが「ハワイの物件は限りなく100%に近い状態で空きがないんだよね。前の住人が退去して次の住人が入るまでの期間があるから100%って言えないだけなんだ。」と仰っていました。へーへーへーへー(古っ)。

犬とハワイ移住今日は、ビーチでお散歩。砂浜をひたすら走るのが好き

ハワイ移住前に、オアフ島へ家探しの旅に出ることになりました…
そして、アメリカ人の夫、アンちゃんが日本からハワイの不動産会社にいろいろコンタクトを取ってみても、「ペット可の物件ありませ〜ん。がんばって探してね」という返事がほとんど(泣)。または、あったとしてもとても私たち夫婦が払える値段ではなかったのだ(なんせ2人ともハワイに職のあてはないし、学生ローンがあるもののアンちゃんは学生に戻るわけだし)。インターネットで賃貸情報を検索して、「ペット可でこの値段ならいいね!」という物件を探し出して問い合わせをしてみると、「では、明日か今週中、というかすぐに見に来てください」という返事ばかり。品薄状態だから見学者が殺到するし、貸すほうとしてはすぐにでも貸し出して家賃収入をなるべく早く得たいので、すぐに決められないならご遠慮くださいという状態だったのです。こりゃハワイに行かないと埒があかないわ、ということで日本からオアフ島ホノルルへ家捜しの旅に出ることにしたのでした。

アメリカとはいえ、ハワイは違う?

犬とハワイ移住「日本でハワイに家探しができるの?」

ちなみに物件探しに使用したサイトは
1. ウードル・ホノルル(Oodle Honolulu) honolulu.oodle.com/housing/rent
2. クレイグズ・リスト(Craigslist Oahu) honolulu.craigslist.org/oah
3. ホノルル不動産業評議員会(Honolulu Board of Realtors) www.hicentral.com/properties/isle.asp?isle=1&type=rental、
4. ホノルル・アドバタイザー新聞(Honolulu Advertiser) http://www.honoluluadvertiser.com/apps/pbcs.dll/frontpage
5. ハワイ動物愛護協会(Hawaiian Humane Society) http://www.hawaiianhumane.org/index.asp などです。
有料で「ペット可の物件紹介会社」みたいな会社もあるのですが、結局は「いろいろなサイト、新聞、フリーペーパーにある情報をかき集めただけじゃないのか?」という疑心と、過去にアメリカ本土で「賃貸物件紹介会社」にお金を払って紹介してもらった物件がひどいものだった(過去10年くらい空き家だったようなノミだらけの家などがあった)経験から使いませんでした。実際はとても良い物件を紹介してくれるのかもしれませんが、お金の無い私たちは無料の情報を使います! また日本語のサイトでも探したのですが、ほぼ100%ペット不可だったので途中から見るのを止めてしまいました。(私が知らないだけで実際にはあるのかも。今後のため誰か知っていたら教えてください!)

ペット可の物件探しと同時に進めていたのが入居申し込み書類一式の用意。アンちゃんも私も過去7、8年日本に住んでいたため、アメリカ国内でのクレジット・チェックをしてもろくに記録がないこともあり、私が書いた賃貸履歴書(この人はxx年xx月からyy年yy月までzzマンションに住み、毎月ちゃんと家賃を払って何の問題も起こしませんでした、といった内容)に日本の不動産屋さんに判を押してもらったものの原本コピーと翻訳、そして銀行通帳のコピー、アンちゃんの学校の奨学金の証明書、過去一年の給与明細と源泉徴収、当時の雇用証明書、それから「この犬はとてもいい子で、アパートに住んでも迷惑をかける子ではありません」という友人からの証言書など、使えると思ったものすべてを放り込んで入居申し込み書類一式をそろえたのです。

家探しのため、4泊5日の格安ツアーでハワイに出発

ハワイのビーチ犬も海を眺めるのが好き!?

そして2人の仕事のスケジュールを調整して、6月の第一週目に家探しのためのハワイ行き決定。4泊5日の滞在予定で格安のツアーを取りました。格安ツアーだから航空会社は指定できないはずなのですが、旅行会社の人に事情を話して朝一番にホノルルに到着するユナイテッド航空便にできるだけしてくれるように頼みこみました。で、ホノルル滞在時間を増やして見られる物件をすべて見ようという魂胆です。ちなみにユナイテッド便は取れました。担当者さんありがとう!

ペット親バカ日記  ハワイで犬と暮らす人にインタビュー  「捨て犬2匹を養子にして、幸せいっぱいです!」
ペット自慢 迷子になるのも脱走するのも一緒だった2匹ケンカをしてもやっぱり可愛いですね
飼い主ナオミさん
ハワイ在住暦10年くらい
ペットのプロフィール小太郎&花子。2匹は双子で共に4才。多分、チワワとミニチュアピンシャ(チワピン)、ひょっとしてジャックラッセルも入ってるかも。
我が家に来たいきさつこの子たちは、ヒュメイン・ソサエティー(施設)から引き取ったのですが、迷い犬として保護されたようです。産まれた時からずっと行動を共にし、迷い犬になるのも脱走も2匹揃って常に一緒。一心同体なのがすごいですね。
お散歩コースミリラニ高校近辺。気が向いたら色々な公園に行きます。水は残念ながら怖いみたい〜。
家族だなあと思う瞬間は?帰宅すると2匹に平等に真っ先に「ただいま」の挨拶をしますが、「私(僕)が一番になりたい!」みたいでそのうちお互い嫉妬し始めて噛み付き合いのケンカになるのが困りますね。でも、帰宅して目一杯に尻尾を振ってお出迎えをしてくれるときは本当に家族だなぁって思います!

 
 

 
日本での輸出手続

アパートなどを借りる際、アメリカにはクレジット・チェックといってその人物の経済的信用度を評価する仕組みがあります。アメリカ国内での支払いの履歴がないとクレジット(信用度)の記録がなく、経済的な信用度を判断のしようがないので普通はクレジットカードや車のローン、学生ローンの返済などからクレジット(信用度)を積み上げていきます。海外から来る人の場合はそういったことができないため、代わりに定期的な収入の証明や銀行残高、雇用記録などでどれだけ支払い能力があるか証明することが重要となります。

 
 

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし
関連キーワード: スタート, 家探し, 愛犬, 日本,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*