ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Eriko
人気連載「エリコのスーパー・ワンダーランド」

第11回 旅行者の目線で選んでもらいました!(前編)

投稿者: Eriko 更新日:2013年02月06日

エリコのスーパー・ワンダーランド

エリコのスーパー・ワンダーランド 第11回 旅行者の目線で選んでもらいました!(前編)

ハワイのスーパーマーケット
ハワイのスーパーマーケット
ハワイのスーパーマーケット

アロハ! Erikoです。今回のハワイのスーパー編は、ちょっと思考を変えて、ツーリスト目線で選んでもらったスーパーのすぐれものを紹介します。協力してくれたのは同僚の編集部員たちです。

東京スタッフMikiさんのピックアップは…?

前編では、先月ハワイ歩き方の東京オフィスから出張でハワイにやってきた編集部員のMikiさんに聞いてみました! Mikiさんは、ワイキキのキッチン付きのコンドミニアムに約3週間滞在。女子一人旅ということで自炊にも挑戦。よく利用したスーパーは、便利なところでワイキキのフードパントリーやアラモアナのフードランドだそうです。Mikiさんが最初に選んでくれたのは、ハワイのお惣菜! 「お惣菜は日本のほうが充実しているんじゃない?」と私が逆質問すると、「ハワイのスーパーには『POKE(ポケ)』の種類がたくさんあって、ポケがご飯のおかずになるのがいいですね」とのことでした。なるほど~そうですね。そういえば、我が家でもステーキの日には、お肉派ではない私はポケでご飯を食べているわ!

いろんな文化の影響を受け進化してきたハワイのソウルフード♪

そこでポケについてちょっと。ハワイ語でポケは、「切り身」という意味なんです。その昔ハワイアンは、釣ってきた魚を切り身にして、シーソルト、リム(海藻の一種)などと混ぜて食べていたそうです。19世紀には、新しく登場したトマトやオニオンなどの野菜を混ぜたポケ、そして1970年には、生魚とわさびや醤油とミックスのレシピが料理本に紹介されました。なんとなくアジアの移民が作りだしたフードだと思っていたポケなんですが、実は、ハワイの中で様々な文化の影響を受けながら進化し、今でもハワイの人たちに愛されているソウルフード(郷土料理)なんですね。ハワイアンも日本人のようにお刺身(?)を食べていたんですね~。ちなみに、ミキさんが今回食べた中でのヒットは、コストコで買ってきた「タコポケ」だそうです。

さて、もうひとつのMikiさんのピックは、アメリカの調味料。「ハワイのスーパーは肉料理などにそのまま使える調味料が充実している。」ということでしたので、こちらに我が家でお肉を焼くときによく使う調味料をひとつご紹介します。

スーパーで探せるアイテム:Grill Mates from McCormick
マコーミック社のグリルメイト・シリーズ。ハワイのスーパーの調味料コーナーで探せます。お値段は$3~5くらい。使い方は、肉を焼く前に振りかけるだけ。美味しいステーキが出来上がりますよ。

後編では、昨年ハワイに越してきた編集部員Makiさんのピックをご紹介します。どうぞお楽しみに!

(2012年2月更新)

Eriko

ハワイ在住マム・エリコのプロフィール

1992年に夫の仕事でハワイへきてそのまま移住。地元のツアー会社で働いていたが、2人の子どもを出産後はしばらく子育てに専念。子どもたちが学校に入学すると同時に、英語力を強化して子どもに勉強を教えるために自分もカレッジへ。ハワイ大学在学中にライター・デビュー。計画よりも行動するほうが先。「当たって砕けろ」がモットー。映画とヨガが大好き。現在の課題はストレス・フリー・ライフです。過去の連載、「エリコのカレッジ・マム奮闘記」は、こちらのページからどうぞ。
エリコへのファンレターはこちらへどうぞ。editor@hawaii-arukikata.com

 

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし
関連キーワード: 旅行者, 目線,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「エリコのスーパー・ワンダーランド」


現地最新情報トップ5


前後の記事