ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Akiko
人気連載「エリコのスーパー・ワンダーランド」

第06回 アメリカンな朝食を作るための大ヒット商品をご紹介!?

投稿者: Akiko 更新日:2012年10月05日

エリコのスーパー・ワンダーランド

エリコのスーパー・ワンダーランド 第6回 アメリカンな朝食を作るための大ヒット商品をご紹介!?

ハワイのスーパーマーケット
ハワイのスーパーマーケット
ハワイのスーパーマーケット

使ってみた感想は?
アロハ! エリコです。さて、前編でご紹介したロス・ドレス・フォー・レスで見つけてきた、クッキングの小道具を家でさっそく試して見ました! 使ってみた感想はといえば、最初に見つけたシリコン・エッグ・リングのほうば、目玉焼きが綺麗にできてかなり使いやすい。リングに持ち手が付いているのが便利。目玉焼きのサイズが2段階選べるのも良いということ。一方、シリコン・ポーチーのほうは、見た目は可愛い。でも出来上がった際に卵が容器から外れにくいのが難、でした。

人気の卵料理、エッグ・ベネディクトにまつわるお話♪
ポーチド・エッグが大好物な私が、最近はまっている料理がエッグ・ベネディクトです。私は、ハワイの歩き方の「アロハ・インタビュー」というインタビュー・ページで、日本の旅行者にレストラン情報を聞くことがあるのですが、エッグ・ベネディクトは常に人気の朝食メニューのひとつなんですよね。半熟卵のとろ~り感とソースのもちもち感の組み合わせがたまらず、リッチなソースなのに意外とあっさりと食べられるのが良いこの料理。一説によると、19世紀後半、ニューヨークのウォルドーフ・ホテルで、ウォール・ストリート退職者の株式仲介人、レミュエル・ベネディクトという男性が、ひどい二日酔いをなんとかしようと、バター付きのトーストにオランデーズ・ソースのかかったポーチド・エッグ、カリカリのベーコンをオーダー。それを見たシェフが感動して真似したのがこのメニューだったそうですよ。

How to Cook? 簡単に自宅で作れるポーチド・エッグ料理!
そこで自称手抜きシュフの私は、今回見つけたアイテムと家の冷蔵庫にある材料を使って、エッグ・ベネディクトもどき私流の卵料理をクリエートしてみました! レシピはこちら♪

1. シリコンエッグリングをフライパンにおいて、最初にハムを敷き、その上に卵を割る。
2. 残念ながらエッグベネディクトに肝心なオランデーズ・ソースはないので、その代わりに、モッツァレッラとチェダーの細切りチーズ(Shredded Cheese)をトップにのせる。
3. フライパンの中に卵が溺れない程度にお湯を入れる。
4. フライパンに蓋をして5分ほど中火で軽く沸騰させる。
5. 蓋をあけてチーズにとろみがでていたらリングを取って卵を掬い上げる。黄身の硬さはお好みで。
6. 出来上がった卵をカリカリに焼いたトーストやイングリッシュ・マフィンの上に乗せる。

これでエリコ風ポーチド・エッグの出来上がりです! 付け合せにフルーツや野菜を盛り付けたら栄養のバランスも良いですね。お味のほうも、エッグ・ベネディクトとまではいきませんが、モッツァレッラ・チーズのもちもち感がなかなかで美味でした。家族もみんなこのアメリカンな朝食に大満足の様子で、「美味しい!」と食べてくれましたよ。皆さんももし良かったらまねしてみてください。

(2012年10月更新)

Eriko

ハワイ在住エリコのプロフィール

1992年に夫の仕事でハワイへきてそのまま移住。地元のツアー会社で働いていたが、2人の子どもを出産後はしばらく子育てに専念。子どもたちが学校に入学すると同時に、英語力を強化して子どもに勉強を教えるために自分もカレッジへ。ハワイ大学在学中にライター・デビュー。計画よりも行動するほうが先。「当たって砕けろ」がモットー。映画とヨガが大好き。現在の課題はストレス・フリー・ライフです。過去の連載、「エリコのカレッジ・マム奮闘記」は、こちらのページからどうぞ。
エリコへのファンレターはこちらへどうぞ。editor@hawaii-arukikata.com

 

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし
関連キーワード: アメリカン, ご紹介, 大ヒット商品, 朝食,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「エリコのスーパー・ワンダーランド」


現地最新情報トップ5


前後の記事