ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「フラ留学&ハワイ暮らし」

第03回 キング・カメハメハ・フラコンペティション

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年07月10日

フラ留学&ハワイ暮らし

Aloha! Sueです。日本で出会ったフラに魅了されたことをきっかけに、家族と離れ、仕事も捨てて、すべてを投げ出し、ハワイへ留学してから早8年めに突入。若いロコのフラシスターに負けないように、ハワイで体に鞭打って頑張っています(リポDは常備)。そんな私のフラ体験談や、思ったことなど、皆さんに少しばかりシェアしていきたいと思います。フラ留学に興味がある方はもちろん、フラに興味が全くない方も楽しんで頂けたら嬉しいです!

フラ留学&ハワイ暮らし 第3回 「キング・カメハメハ・フラコンペティション」

ガンバレ日本…人

今回は、先月の6月20日と21日に、オアフ島で行われたフラの大会に出場してきたので、この大会について書きたいと思います。私がフラのハラウに入った次の年は、クム(先生)が厄年という事もあってか、「べーシックに専念!」とのお達しが… お言葉どおり、その年はフラの大会に出場するどころか、ハラウで毎年夏に行われるイベントさえ中止でした。ハワイの人たちは、意外と厄年とか気にするようです。でも、厄年パーティをしたりとか、ちょっと考え方が日本とは違うような?  話はそれましたが、そんなこんなでやっと巡って来た出番が、2003年に行われたのが「キング・カメハメハ・フラコンペティション」でした。

大会メンバーには中級、上級に加えて、私たち初級クラスからも、何人か出場を許可されました。ハラウから、私を含め8人。そのうちの6人が日本人留学生! 「なんで日本人ばかり!?」と、無謀にもクムに言いに行った生徒がいたようですが、クムの答えは「私がReady(準備ができている)と思った生徒しか出場許可はしない。出たい、出たくないの問題ではなく、それは私が決める事だ!」と、きっぱり。初級クラスと言っても、日本人はほとんどが2 〜3年の経験者。でも、ハワイの人は本当に初心者で入ってくる人がほとんど。初めの2〜3年の差というのは、やはり大きいようです。そして大会に向けたレッスンが始まりました。私を一番悩ませたのは、やはりなんと言ってもハワイ語のオリ。カヒコ(古典フラ)を踊る際に入場する時に唱えるのですが、これがまた長いのなんのって! こんなもんどうやって覚えるのー? って感じでしたが、カセットに録音して紙と一緒に持ち歩く毎日。授業中もオリ、車を運転しながらオリ、シャワー浴びてもオリ…  とにかく毎日オリ三昧だったので5年経った今でも覚えてます。

もう一つ、いや2つ私を悩ませたもの、日本で散々憧れていた、本物のティー・リーフ・スカートと生のレイ作り。あんなに大変だとは本当に知らなかった。今でこそスカートは半日で仕上げられますが、その時は3日くらいかかりました。それでもなかなかできず、一緒に出場が決まってたフラシスター、のりPが助っ人に。練習も儘ならない中、衣装作り、レイメイキング、それに付け加え、立ち居置が決まったのが出場1週間前。大会直前の一週間はかなり慌しかったです。ローカルの子達は、割と家族がレイメイキングなんかにも一緒に来て子供の分を作ってます。娘には練習に専念させ、他の準備は家族がヘルプ。羨ましかったな〜…  でも家族のいない私たち日本人は、みんな自然と助け合うようになっていくのです。そうやって本当の「フラシスター」になっていくのですね。そして待ちに待った大会当日、私はどうやら心臓に毛が生えているらしく、緊張のキの字もありませんでした。「初めてのハワイでの大舞台、少し位緊張感味わいたい!」と思い、自分を緊張させようと試みたけど… 無駄な努力だった。でも、気持ちよく踊れました。結果、ワヒネ(女性)アウアナは2位、カヒコは確か4位だったと思います。この大会では「踊るフラ」だけでなく、本当にいろんな事を学びました。クムに感謝です。

(つづく)
(2008年7月更新)

 

ハワイ在住フラ・ガールSueのプロフィール
東京生まれ。ハワイ在住8年。東京で働いていた20代のあるとき、「私は何のためにこの世に生まれてきたんだろう? 夢中になれる何かが欲しい。でも一体それは何?」という哲学的な自問自答をしているうちに、ハワイで90日間滞在してフラを習うことに。家族と離れ、仕事も捨てて、フラ留学を敢行。その後、ハワイでフラに夢中になっているうちに、あれよあれよという間に永住することになったラッキー・ガール。現在は、メリー・モナークなどフラの大会に出場したり、ハワイのフラ・シスターたちと共にハラウで日々、フラ修行に励んでいる。趣味は、ミニチュア収集(特に食べ物系)と甥っ子のPONOと遊ぶこと。好きなハワイの食べ物は、タコポケとスパイシー・アヒ。ハワイで好きな場所は、カネオヘ湾にあるサンドバー(海の中に浮かぶ白い砂浜の場所)。好きなフラ・ソングは、I Fall in Love With Honolulu/Waikiki。

 

 

ハワイの有名クム達からフラを学ぶチャンス
2008年11月13日(木)から11月15日(土)の3日間にわたり、ホノルルのハワイ・コンベンションセンターで「第2回インターナショナル・ワイキキ・フラ・カンファレンス」が行われます。主催はワイキキ・インプルーブメント・アソシエーションで、昨年に引き続き今年で2回目となります。この催しはフラの「学会」で、フラ生誕の地ハワイの有名なクムフラ(フラの指導者)達によるフラやフラに関連する題材をテーマにした多彩なワークショップが行われます。参加者は現代フラ、古代フラ、ハワイ語、レイ・メイキング、その他クラフトのワークショップや、フラ・マスターの話が聞けるセミナーなど、128のクラスから好きなものを選んで参加することができます。また、会場内にはフラ用品を販売するブースも並びます。参加予定のクムフラは42名。カリスマ的存在のコディー・プエオ・パタやエイプリル・チョック、ポーハイ・スーザの各クムフラも初参加の予定です。クムや世界中からの参加者との交流が楽しめるプログラムが目白押し。申込みはインターナショナル・ワイキキ・フラ・カンファレンスのウェブサイトをご参照ください。先着1000名までですので、お早めに。
場所:ハワイ・コンベンションセンター
主催:ワイキキ・インプルーブメント・アソシエーション
日時:2008年11月13日(木)~15日(土)
ウェブサイト(日本語):www.waikikihulaconference.com/jp/

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, フラ, 暮らし
関連キーワード: キング・カメハメハ・フラ, フラ, 留学,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

1 response to 第03回 キング・カメハメハ・フラコンペティション

  1. Aloha
    はじめまして、
    ハワイ大好きなMEGです。

    10月頃から3ヶ月ハワイに滞在する予定です。宿も場所もすべて未定ですが、
    やりたいことはフラです!
    どうしても本場のフラをやってみたいのです。
    英語は日常会話程度です、
    英会話が大好きなので一緒に英語も勉強したいと考えてます。

    このブログの記事を初めて拝見し、こんな生活が私の夢なんだーと思って感激しました!
    何か情報がありましたら教えてください!!

    よろしくお願いします、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「フラ留学&ハワイ暮らし」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ