ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「フラ留学&ハワイ暮らし」

第07回 Ya,ya,ya,フラシスターがやって来る!

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年09月15日

フラ留学&ハワイ暮らし

Aloha! Sueです。日本で出会ったフラに魅了されたことをきっかけに、家族と離れ、仕事も捨てて、すべてを投げ出し、ハワイへ留学してから早8年めに突入。若いロコのフラシスターに負けないように、ハワイで体に鞭打って頑張っています(リポDは常備)。そんな私のフラ体験談や、思ったことなど、皆さんに少しばかりシェアしていきたいと思います。フラ留学に興味がある方はもちろん、フラに興味が全くない方も楽しんで頂けたら嬉しいです!

フラ留学&ハワイ暮らし 第7回 Ya,ya,ya,フラシスターがやって来る!

心からフラを楽しむ心

ハワイのおしゃれ

忘れないうちに書きとめようと思った。

先日、私達のハラウで、ラ オハナと言うイベントが行われました。毎年8月に行われるホイケで、コオリナの海をバックに家族や親しい友人を招いて、日頃の成果を披露する場です。でも今年は、私達ハワイの生徒に加えて、日本からもフラシスター達がやって来た。

私たちのハラウはハワイ本校と、日本の東京にもハラウがあります。そして今回は初めてのハワイと日本の合同で、クプナやケイキも併せ総勢200名以上のス テージでした。私達ハワイ校はいつもどおりの準備に加え、日本から来るフラシスターの為に、カヒコで使うレイポーのラウアエ摘みやティーリーフを用意した り、アウアナで使うプルメリアを買いに走ったり。そしてラ オハナまでの数日間、昼間はみんなで衣装を染めるのを手伝ったり、練習もそこそこで、夜はリ ハーサルや親睦を深める為にビーチパーティと大忙し。

そんな中、まだ立ち居地も決まっていない私達は、リハーサルを見てびっくり。日本校のフラシスター達は準備が万端。入りもはけも踊りも完璧でした。踊って る表情もみんなステキです。一曲一曲とても丁寧に踊っています。みんなが、このラ オハナを、いかに楽しみにしていたのか本当に伝わってきました。そして 日本で練習してきた歌、“Ua Mau”と言う歌を私達にプレゼントしてくれました。急なことだったのですが、お返しに私達も歌を歌うことに。残念ながら 私の知らない歌で、参加は出来ませんでしたが、歌い終わる頃には、目に涙を溜めているフラシスターがちらほら。本番当日も、出番前にみんなでオリを唱えて る時にすでに涙目になっている人も。ラ オハナ終わった後はもちろん涙。私たちには毎年恒例の単なるホイケ、でも彼女達にとっては、ハワイでハワイ本校の 生徒達と一緒に踊れると言う事で、思い入れも一入だったのでしょう。彼女達の踊りを見て、数日間接して、日本にいた頃は私もあんな風に踊っていたのか なーって思ってしまいました。

ハワイのおしゃれ

フラが好き、ハワイで踊りたい。上手になりたい。踊ることが本当に楽しい。あの頃はそんな気持ちで一杯でした。今は、たまにスランプに陥ったり、練習を怠 けたり、辛いと思うこともしばしば。もちろんフラは好きだし、辞めようと思ったことはありません。でも彼女達日本のフラシスターのように、心から楽しんで 踊るフラを、もう何年も踊っていないような気がしました。私は欲しかった物を手に入れました。本場ハワイでフラを踊れる事。習いたかったクムフラの下でフ ラを直接指導して貰えること。そしてこのハラウから、カメハメハやメリーモ?ナークといった大会に出場したり、コンサートで日本に行ったりできた事。いつ も目標を持って頑張ってきました。そして一つずつ達成してきました。でもいつの間にか趣味で愉しく踊っていたフラが、私には修行になっていたのです。テク ニックは上達したと思います、日本では学べなかった、たくさんの物も学びました。でもそれと同時に、彼女達のようなピュアなフラを楽しむ心は、何処かへ 行ってしまったようです。日本で憧れていた生のレイ作りや、ティーリーフスカート作りもいつの日か面倒臭いと思っていたり、練習を怠ったり、そんな事を彼 女達は心から楽しいと思っているのです。正直私のハラウは、ハワイでもかなり厳しいハラウだと思います。でも、クムが私を彼の元で踊るように選んだわけで はなく、私がクムを選んでクムの元にいるのです。誰に強制されたわけでもなく、自分の意思です。今回の日本のフラシスターとの出会いは、私に大事な事を思 い出させてくれた気がします。どんなに辛くても、彼女達のように心からフラを楽しむ心を、もう一度取り戻したいと思いました。

(2008年9月更新)

ハワイ在住フラ・ガールSueのプロフィール
東京生まれ。ハワイ在住8年。東京で働いていた20代のあるとき、「私は何のためにこの世に生まれてきたんだろう? 夢中になれる何かが欲しい。でも一体それは何?」という哲学的な自問自答をしているうちに、ハワイで90日間滞在してフラを習うことに。家族と離れ、仕事も捨てて、フラ留学を敢行。その後、ハワイでフラに夢中になっているうちに、あれよあれよという間に永住することになったラッキー・ガール。現在は、メリー・モナークなどフラの大会に出場したり、ハワイのフラ・シスターたちと共にハラウで日々、フラ修行に励んでいる。趣味は、ミニチュア収集(特に食べ物系)と甥っ子のPONOと遊ぶこと。好きなハワイの食べ物は、タコポケとスパイシー・アヒ。ハワイで好きな場所は、カネオヘ湾にあるサンドバー(海の中に浮かぶ白い砂浜の場所)。好きなフラ・ソングは、I Fall in Love With Honolulu/Waikiki。

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, フラ, 暮らし
関連キーワード: フラ, 留学,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「フラ留学&ハワイ暮らし」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ