ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「フラ留学&ハワイ暮らし」

第09回 ハワイから日本へ、フラ興行

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年10月20日

フラ留学&ハワイ暮らし

Aloha! Sueです。日本で出会ったフラに魅了されたことをきっかけに、家族と離れ、仕事も捨てて、すべてを投げ出し、ハワイへ留学してから早8年めに突入。若いロコのフラシスターに負けないように、ハワイで体に鞭打って頑張っています(リポDは常備)。そんな私のフラ体験談や、思ったことなど、皆さんに少しばかりシェアしていきたいと思います。フラ留学に興味がある方はもちろん、フラに興味が全くない方も楽しんで頂けたら嬉しいです!

フラ留学&ハワイ暮らし 第9回 ハワイから日本へ、フラ興行

フラショー、「ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ2008」に出演

私、実は何を隠そう新婚さんでございます。今年の2月14日にハワイで入籍いたしました。相手は、(生粋?)の日系人。本人は「アメリカーンだ」と言い張っていますが、見た目はどっから見ても日本人。ハワイで産まれ育ったと言うだけで、物体は日本人なのにねぇ。その日本人顔なのに、アメリカンだと言い張るダーリンを残し、私は3年ぶりの日本へ1週間ほど行って来ました。目的は10月の3、4、5日と後楽園のJCBホールで行われたフラショー、「ナ・ヒヴァヒヴァ・ハワイ」に出演するためです。凱旋帰国(?)って言うとかっこいいので、そう言わせていただきます。このフライベントは今年始まったばかりで、コンセプトは「メリーモナークを日本へ持ってこよう」という感じらしいです。もちろん、全部再現は出来ませんから上位チームが招待されました。総合優勝を飾ったハラウの「カムエラ」は、伊香保に出演のため欠席。後は私のハラウの他、アロハさんやオラナさん、カピオラニハオやオブライエンのハラウが出演。ナホクで賞を取ったホク・ズッタマイスターも来てました。ショーは金曜日の夜のカヒコ・ナイトに始まり、土日は昼と夜で違うハラウが出場です。5回もショーがある上、今年初めてだというのに、私たちが日本入りする前からチケット完売と言れてました。金曜の夜は全ハラウが参加でカヒコを披露。この日は滞りなくショーも済み、友達が見に来ていた私は久しぶりに会いたいので、恐る恐るクムに許可をもらいに行くと快く「OK!」。さっさと荷物を詰め込み、みんなに会いにゴー。後楽園内にある居酒屋で大盛り上がり。朝まで飲みたいところだど、今日が初日で明日もあさってもショーはある。明日の準備もあるし、12時前には切り上げました。さて、お風呂に入ってそのまま寝れるかと言えば、No! 私たちには夜のお仕事が待ってます。髪を3つ編みするのです。ほとんどの子がストレートヘアなのボリュームを出すために細い3つ編みを何本もしなくてはなりません。しかも洗うと後がつきにくくなるので、ジェルやスプレーで固まった髪でも洗うことが許されず、3日間ホームレス状態。その分、終わった後の洗髪の気持ちよさは、この世のものとは思えないほどの爽快感です。

さてさて翌日の土日は、ハラウごとで昼夜分かれ、カヒコ、アウアナ両方踊りました。土曜日はみんな疲れていたのか、私を含め私のハラウはかなりミスが目立ちました。終わった時は少し凹み気味。それはダンサーだけでなく、もちろんクムも感じていたことで、終わってから早速ミーティング。こってり絞られました。確かに直前になって曲が増えたり、立ち位置も日本に入ってから決まったり(←いつもの事)でしたが、クムは普段からちゃんと練習していれば、どんな状態にも対処は出来るはずだと。お金を払って見に来ている観客の皆さんに申し訳ないと… 確かにそうです。高いお金を払ってみんな見に来てるわけで、がっかりさせるような事はやはりプロとして失格。私もかなり反省しました。でも、私たち的には良い出来とはいかなかったけれど後日、見に来ていた方からは結構お褒めのお言葉を頂きました。実はこの日、ダリエルというフラシスターがコンバインを踊っていて、カネとすれ違う時見つめあわなくてはいけないのに、見つめ合わなかった事をクムに注意されたそうです。次の日クムと共に私たちが舞台そでで見ていると、ダリエルは「これでもか!」ってほど相手を見ていました。その姿を見て、クムも私たちも大爆笑。この時のダリエルはすっごいキュートでした。最終日はみんな気合を入れて頑張ったようです。クムも昨日とは打って変わってご機嫌でした。ところで、この3日間、日本のフラシスターの方からは、ものすごい量の差し入れが次々と届き、特にクムが好きな「じゃがりこサラダ味」は5ダースくらい届いてました。ドーナツも何箱あったか解りません。3日間のショーで少しは痩せるかと期待していた私たち、痩せるどころか更に大きくなってハワイに帰ってきたような気がします。そしてフラブラザーのアキタカ君、3日間お手伝いに来てくれました。みなさん、マハロです。さて私の日本での最終使命は、残すところ全員参加のパーティで、ビール片手にカニにかぶりつくことだけです。

(つづく)

(2008年10月更新)

 

ハワイ在住フラ・ガールSueのプロフィール
東京生まれ。ハワイ在住8年。東京で働いていた20代のあるとき、「私は何のためにこの世に生まれてきたんだろう? 夢中になれる何かが欲しい。でも一体それは何?」という哲学的な自問自答をしているうちに、ハワイで90日間滞在してフラを習うことに。家族と離れ、仕事も捨てて、フラ留学を敢行。その後、ハワイでフラに夢中になっているうちに、あれよあれよという間に永住することになったラッキー・ガール。現在は、メリー・モナークなどフラの大会に出場したり、ハワイのフラ・シスターたちと共にハラウで日々、フラ修行に励んでいる。趣味は、ミニチュア収集(特に食べ物系)と甥っ子のPONOと遊ぶこと。好きなハワイの食べ物は、タコポケとスパイシー・アヒ。ハワイで好きな場所は、カネオヘ湾にあるサンドバー(海の中に浮かぶ白い砂浜の場所)。好きなフラ・ソングは、I Fall in Love With Honolulu/Waikiki。

フラ会議がまもなく開催
フラ好きの方に嬉しいお知らせです。オアフ島ホノルルのハワイ・コンベンションセンターで2008年11月13日(木)から11月15日(土)の3日間にわたって行われるフラ会議、「第2回インターナショナル・ワイキキ・フラ・カンファレンス」が行われます。この催しはフラの「学会」で、ハワイの有名なクムフラたちによるフラをテーマにした多彩なイベントが行われます。参加券に含まれるものは以下の通りです。
・オープニング・セレモニー、送迎シャトルバス
・現代フラ、古典フラ、オリ、レイ作り、楽器製作などの多彩なワークショップとフラ・マスターの貴重なお話が聞けるセミナー(合計8クラスまで)
・食事をしながら、フラと音楽を楽しみ、クムと交流ができるランチ・プログラム
・ワイキキ・ステージで踊るホーイケ、サンセット・オン・ザ・ビーチでのクロージング・コンサート
・ランチ・プログラムで使えるミール・クーポン15ドル券
ウェブサイト(日本語):www.waikikihulaconference.com/jp/

この記事が属するカテゴリー: カルチャー, フラ, 暮らし
関連キーワード: フラ, フラ興行, 日本, 留学,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「フラ留学&ハワイ暮らし」


現地最新情報トップ5


前後の記事

さらにおススメ