ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

AuntyAYA

AuntyAYAのウィンドワード田舎暮らし〜ハワイアンの街、ワイマナロ(後編)

投稿者: AuntyAYA 更新日:2016年06月23日

AuntyAYA's Windward Living Vol.4 #2

今、ツーリストに人気沸騰のカイルアをはじめ、オアフ島のウィンドワードサイドにはのどかで素敵な場所がいっぱい! ワイマナロからノースショアまで、本当は秘密にしておきたい、教えたくないアレコレを… エイっ! おもいきって紹介します! 私のカントリーなライフスタイルも恥ずかしながら、ちょこっとお見せできたらと考えています。お洒落なカイルア情報を交えながら、オアフ島にも素朴な土地もあるんだと感じていただけたら嬉しいな〜♪

前編で紹介した「ワイマナロ・マーケット・コープ」の横にあるのが、私と愛犬MJのダントツお気に入りのカフェで、既にロコに大人気。満席のことも多く、本当に、本当に教えたくないのだけど、エイッ! Myハワイの読者には教えちゃいます! そのお店の名前は「アイ・ラブ・ナロ」。昨年の10月にオープンしたばかりなのに、オアフ島在住のヘルシー志向の心を鷲掴みにしているビーガン(菜食主義)のカフェなのです。

■関連記事/AuntyAYAのウィンドワード田舎暮らし〜ハワイアンの街、ワイマナロ(前編)

W12

注文をキャッシャーで済ませると、フレンドリーなスタッフから番号札をもらい、テーブルまで持ってきてくれます。オーナーのマリアを筆頭にどのスタッフも感じが良いのです。

W13

今回、頼んだのはローステッド・ベジ・アボガド・サンドウィッチとメディ・ボウル、スムージーはピナ・クーラーダ。メニューのネーミングもセンスが良いのです。運が良ければ、珍しいゴールド・ビートもお皿にお目見えします。今まで、色んな料理もスムージーも試してみたけど、全て美味しく満足度200%! 量も多めなので私は満面の笑み、小食の皆さんは注文される時に気をつけてくださいね。

W14

清潔な雰囲気の室内で食べるのも良いけど、私は裏庭が大好きです。オアフ島のオーガニック・ファームの野菜を主に食材として使っているのだけど、裏庭で栽培している野菜を使うこともあるそうです。

W15

こんなウォーター・プルーフのテーブルと椅子が置いてあります。日陰を探しながら、自分たちで動かしても良いのです。この日はリトルピカケの「アイ・ラブ・ナロ」デビュー日だったのだけど、すっかりお気に入りの場所になったようです。

W16

シェフはこのワゴンの中で料理をしています。シェフの愛犬のフレンチブルドッグの「すもう」はここの人気者。この裏庭はドッグ・フレンドリーなので、ワンコ連れが良くきます。MJもここではの〜びの〜び。お友達をみつけて遊んでいます。

W17

ヨガ教室やロミロミを提供している小屋も裏庭にあります。ヨガをしたあとにビーチでひと泳ぎして、ヘルシーで美味しいものを食べて、ロミロミを受ける。。。考えただけで健康になりそうですね。

W18

Ai LOVE –Nalo- アイ・ラブ・ナロのウエブサイトはこちらです。 http://ailovenalo.com/

さて、カラニアナオレHWYに戻りましょう。ワイマナロの道路には馬に注意のサインがあります。

W19

ワイマナロはポロやパニオロの競技も盛んでカイルアに向かうと、ハイウエイ沿いの山側には馬の牧場や馬舎があります。人慣れをしている馬はとってもフレンドリー。

W20

ハイウエイ添いの海側には「ワイマナロ・ヘルス・センター」が。ここは、フラ・ダンサーなら誰でもご存知の、マスター・クムフラのフランク・カワイカプオカラニ・ヒューエットさんが以前にカフナ(ハワイ語でドクターや専門職という意味)として働いていた場所です。

W21

さらにドライブを続けると、山側にワイマナロの住民に昔から親しまれているスーパー「シマズ」の姿が。今はタイムズと提携しているようだけど、ハワイ産にこだわっているのは今も変わりません。

W22

その向かいにあるのが、ワイマナロ・タウン・センターです。元横綱の曙のお母様がご健在中はお店を出していたので、ご存知の方も多いと思います。今でも、ワイマナロ出身の曙の凛々しい銅像があります。

W23

曙のお母様のお店があった場所に現在は「イースト・ホノルル・クローズ・カンパニー」があります。この何通りにも着ることができる「フラ・ホロホロドレス」が人気だそうです。

W24

ご自分でスクリーン・プリントもできるメンズ・シャツも人気だそうです。モデルはオーナーのミスター・フジエ。奥様のアンドレアがデザイナー。今回はあいにく、奥様は外出中でした。

W25

ご主人は曙のカイザー・ハイスクール時代の担任だったそうで、一緒に映った写真が飾られています。今でも曙とゆかりのあるお店で嬉しいですね。

W26

イースト・ホノルル・クローズ・カンパニーのウエブサイト

http://www.doublepawswear.com/

ワイマナロは懐かしい気分になる街。美しいビーチに美味しい食べ物、そして、アロハな人々。オアフ島に次々と高層ビルが建っても、ここだけは昔と変わらない、ゆったりとした時間が横たわっているように感じます。

*ワイマナロへはザ・バスで57番、57A番などに乗車されると便利です。アラモアナSCからは約1時間。

ハワイでザ・バスにご乗車の際はグーグルマップ、Da Busなどのアプリも便利です。

■関連記事/人気連載「ザ・バスの基礎知識」ザ・バスを乗りこなす!

Koco

AuntyAYAのプロフィール

オーストラリアと関西育ち。2000年にヨットレースのために初めて訪れたハワイの虜になりました。現在は自然豊なウィンドワードサイドのカハルウ・バレイで、釣りバカな相棒と、弱虫だけどすぐにハッスルするMJというワンコ、手作りのお人形のピカキとスローライフを楽しんでいます。心身ともに、できるだけ自然体でシンプルに生きたいと思っています。1番長い職歴は服飾デザイナーで15年、ハワイに来てからライター業をはじめ、現在はMyハワイ、季刊誌「フラ・ヘブン!」にてライター業をしています。趣味はフラ、マリンスポーツ、MJとトレッキング。
個人ブログはこちら:auntyaya.jugem.jp

この記事が属するカテゴリー: アロハダイアリー, 暮らし


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*