ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

キョーコ
人気連載「ハワイに感謝!キョーコと明子のローカル自慢バトル」

バトルその3:ローカル番組

投稿者: キョーコ 更新日:2016年02月04日

Kyoko & Akiko's "Mahalo Hawaii" vol.3 Hawaii's Local Programs

話題の人気ショップよりも、近所のパパママストアや老舗店をこよなく愛し、サイミンにはからし醤油をつけ、キカイダーに敬意を払い、ピジン英語もお手のもの …。そんなハワイのローカルライフにどっぷり浸かったライターのキョーコ(地元日本語日刊紙「ハワイ報知」元記者)とMyハワイ編集部明子(地元日本語月刊誌「ハワイパシフィックプレス」元記者)が、ハワイへの感謝の気持ちをこめてお送りするこのシリーズ! 観光情報とはひと味ちがう、目抜き通りから1本奥に入った知られざる、そして愛すべきハワイのローカル情報をお届けします。毎回テーマを決め、それについて綴ったエッセーでローカル度を競うローカル自慢バトル。2人とも友情にひびが入る覚悟で臨む真剣勝負です。応援よろしくお願いしま~す。2人のプロフィールはこのページの一番下をご覧くださいね。

■キョーコのエッセイ:KZOO放送「もしもし電話応答」

ハワイのローカル番組

 

日本人が多く住むハワイでは、日本語の新聞やテレビ、雑誌などいろいろあり、日本語族には大変ありがたいですね。

会社勤めをやめて、自宅で仕事をするようになってから、ワタクシが大変お世話になっているのが、ハワイの日本語ラジオ局KZOO放送(開局1963年/AM 1210)です。そんなわけでバトル第3弾のテーマは「ローカル番組」対決ということで、ワタクシの先攻でまいります。

仕事をしている間、KZOO放送をずっと聴いております。そしてワタクシの1番気に入っているコーナーが「もしもし電話応答」。

リスナーの質問にリスナーが答えるという助け合い、情報交換の場でございます。土日を除く毎日午前10時と午後3時半から30分間、「日本語の話せる腕のいい庭師を教えてください」「今日はマルカイストアでさつま揚げの試食販売やっていますよ」など、ローカル色満点の話題に、いつもほっこりさせられます。

このコーナーに登場する人は毎回ほぼ決まっていて、年齢は60〜80代でしょうか。レギュラーメンバーが15人ぐらいおり、「××の連絡先を教えてください」というお願いにすぐ答えてくれることから、「電話帳さん」と呼ばれている人もいらっしゃいます。

みなさん、お互いの名前も顔も知らない声だけのお付き合いなのですが、レギュラーメンバーの中の誰かがしばらく電話を掛けてこないと、「あのカイムキにお住まいの奥さん、具合でも悪いのかしら」「いつも元気な2世のご婦人、入院されたって本当ですか」など、もうすっかり親戚のようです。

■関連記事/白木屋で昔売られていたレコードが凄すぎる!

ハワイのローカル番組

 

そんな温かいもしもしコーナーですが、15年ほど前でしょうか、あるご婦人の登場でこの和やかな時間が大騒ぎになりました。ワタクシは当時、KZOO放送をあまり聴いたことがなかったのですが、このお騒がせのご婦人の話は知っておりました。

“メディア荒らし”の呼び名で、KZOOだけでなく、「投稿」や「苦情」というかたちで地元の日本語新聞社や雑誌社にもよく顔を出していたようです。明子さんもきっとご存知のことでしょう。

残念ながらその激しいバトルを実際に聴くことはなかったのですが、いつも穏やかな日系のおばさま、おじさまが「もう登場するな」「頭がおかしいんじゃないの」などと、ご婦人を怒鳴りつけていたと聞きます。

このご婦人、そんな言葉にひるむことなどなく、何度も電話を掛けてきては他のリスナーとバトルを展開していたそうです。恐ろしい〜。

たぶんそういうことがあったからでしょうか、今、もしもしコーナーの前には必ず注意事項が日英両語で放送されます。

「…否定的な内容、個人の批判や攻撃的で不適切な内容の場合は、切らせていただくことがありますのでご了承ください」

ワタクシもKZOOを聴くようになって2年余りになりますが、1年ほど前から、ちょっと危険なおばさまがもしもしコーナーに度々登場するようになりました。

口調が「ざま〜す」なので、それだけで不快に思われる方もいるのでしょう。このおばさま、とにかく自己主張が激しく、他人の意見を徹底的に否定したり、見下したりと、もう喧嘩をふっかけているとしか思えません。

予想通り、常連メンバーのみなさんから怒りの声が寄せられました。「このコーナーにそぐわない」「電話をかけてこないで」と。ああ、こわい、こわい。

すると、ある日このコーナーにKZOOの社長自らが登場し、この番組の主旨を詳しく説明したあと、「人を批判したり、文句を言ったりしないで下さい。そういう電話はすぐに切らせていただきます」と、強く訴えておりました。

このおばさま、最近登場しなくなり、ワタクシとしましてはちょっぴりさびしい気もしますが、先週は「ジネンジョと大和芋と長芋の違い」を2日間に渡って意見交換しておりましたこのコーナーが、この先もずっと続いてくれることを願ってやまない、KZOOファンのワタクシでございます。

■関連記事/白木屋に日本語ラジオ局、KZOOのスタジオがオープン!

■明子のエッセイ:OC16「キャリアチェンジャー他」

キョーコさん、あらあらずいぶん渋いところで攻めてきましたね。聴きだすと辞められないKZOO放送の魅力。私もいつか「もしもし電話応答」に登場してみたいと思いつつ、勇気が出ない若輩者です。顔は見えないんですけどね。

さて、KZOOに対抗できるローカル番組といえば…。そうだ! ローカルケーブル局のOC16とその番組で行こうではありませんか。OC16は、お店紹介や人物インタビュー、地元シェフのお料理や、クラフトなど情報満載の地元密着型ケーブル局で、そのローカル色の強さときたら! スポーツ中継だって、地元高校レベルの試合が多いんです。

ハワイのローカル番組

 

キャッチフレーズは「100%オリジナル、100%ローカル」で、どこまでもハワイの人々のためのテレビ局なんですよね。出てくるパーソナリティーたちも、”Go Tiny, Go Go Tiny, TV!”という、やたらと耳に残るジングルで知られるTiny TVのTiny Tadaniや、コメディアンのAugie T(写真上)など、「あ、どこかで会った事がある!」という人々ばかり。

実は我が家は夫も義母も義弟もTiny TVに出たことがあり、Tinyの大ファンなんです。だから誰かが、例のジングルを口ずさむと、必ず他の一人が ”TV!” と合いの手を入れるのがお約束になっています。

あと、これはOC16ではありませんが、誰かが「タクシー呼ばなきゃ!」というと、絶妙なタイミングで「フォー Tutu Tutu Tutu(422-2222、フランク・デ・リマ氏のおばあちゃんギャグ)」というのもね。ほとんどのローカル家庭では、このどちらかのやり取りが、日夜繰り返されているものと思われます。

OC16の番組って、地元密着型だからか、全国局のようなスケールは感じられないのですが、何気にまじめで、どれもすごく面白いのです。役立つ情報もいっぱいあるしね。その「実はまじめで内容が濃い」番組の一つに「キャリアチェンジャー」というものがあります。

その名の通り、新しいキャリアを見つけたい人たちのために、各界で働く人々が経験談を話したり、アドバイスするというもの。専門学校がスポンサーなので、将来をまじめに考える学生さんたちにもいいかと思われます。

ハワイのローカル番組

 

その、キャリアチェンジャーからある日、我が家に電話がかかってきたんです。夫にキャリアについて話してくれですって! うちの夫はマジシャン兼腹話術師、冬場はサンタクロースという、すごくマニアックな仕事についているんですが、その道を目指している人が一体どれぐらいいるというのでしょうか?

夫は大喜びで了承。仕事を通じて人を喜ばせることがいかにやりがいがあるかについて熱弁をふるい、先方のプロデューサーさんがすごく上手にまとめてくれたので、手前味噌ではありますが、なかなかよい感じに出来上がったのです(写真上:ちなみに肉襦袢を着込んでおります)。まあ、その後弟子入り志願は皆無でしたが…。

そのプロデューサーさん、実はこのMyハワイを運営する親会社の社長と昔一緒に仕事をしていたお友達だったらしく、「この世間の狭さはハワイならでは!」と、嬉しくなったのでした。

さて、最後にちょこっと宣伝。私の義弟(画家)、パトリック・チンが、OC16で新番組「Painting in Paradise(ペインティング・イン・パラダイス)」を始めました。様々なご家庭を訪ねて一緒に絵を書くという番組なのですが、ハワイの素敵な景色がたっぷり楽しめますので、もしハワイに来られた際には、ぜひチラリと見てやってください。shows.oc16.tv/show/painting-in-paradise

では、最後にご一緒に、「ゴータイニー、ゴーゴータイニー、TV!」っと。

■関連記事/【イベント】グルメとショッピングの祭典「メイド・イン・ハワイ・フェスティバル」

キョーコのプロフィール

キョーコ

神奈川県の鵠沼生まれ、茅ヶ崎育ち。丙午のバブル世代。
1988年からハワイ在住。日本語が飛び交わない米本土の田舎町に留学しようとしたが、父親に猛反対され、交渉の末に決まった留学先がハワイ。

家族

学生時代に知り合った韓国/日系4世の夫と、40歳目前でやっとこさ授かった娘の3人。大規模な再開発計画が進行中のオアフ島カカアコ地区在住。

ローカル歴

1991年からハワイ観光局マーケットリサーチ部にインターンとして勤務、翌年からフルタイムのアジア太平洋地区担当職員に採用される。ローカル率95%の職場で、ハワイアンカルチャーやピジン英語、さらには「仕事は楽しく、職場にはおやつ常備」の精神を学ぶ。

入社5年後、マーケットリサーチの仕事が外部委託されることになり、部署解散。翻訳業などを経て、1998年から創業1912年の日本語新聞社「ハワイ報知」に編集部員として勤務。日系退役軍人や県人会、ゲートボールクラブ、舞踊団体、文化交流グループ、日系食料品店など、さまざまな分野の取材を通じてローカルライフにどっぷりと浸かっていく。

ハワイに支部がある日本の俳句結社「ゆく春」の主宰と取材を通じて知り合い、俳句に魅せられる。数年に渡る主宰からの添削指導を受け、時間のあるときに「ハワイ歳時記」をもとにハワイらしい俳句をぽつぽつと詠んでいる。最近短歌をはじめた明子女史にライバル意識をメラメラと燃やしている。

2013年思い切ってフリーランスに。ハワイ報知のほか、ハワイアン航空機内誌「ハナホウ」やMyハワイなどでローカル情報やハワイアンカルチャーに関する記事の執筆、翻訳作業に関わる。

好きな言葉

ハワイアンスタイルバンドのヒット曲のタイトルにもなった“live a little(もっと人生楽しもう)”。更年期とミドルエイジクライシス(中年の危機)に陥り気味の自分に言い聞かせている。

キョーコのブログはこちらからご覧ください。

明子のプロフィール

明子

福岡県福岡市生まれ大阪府堺市育ち。
現在はオアフ島モアナルアバレー在住。同じくバブル世代。1999年からハワイ在住。

家族

夫(中国、ポルトガル系、その他もろもろ。ハワイ島カウ生まれ、オアフ島パウオアバレー育ち)。義母(ポルトガル系。ハワイ島カウ生まれ)。子なし。

ローカル歴

大伯父2人がハワイ島のプランテーションに移民。1人は日本に戻るが、もう1人は契約終了後もハワイに残り、オアフ島で内装業を営む。子ども時代より、大伯父から送られたマカダミアナッツなどに親しみ、ムウムウ着用。大学時代、オアフ島リーワードに居住していた叔母の家を訪ね、一瞬でハワイの虜に。将来ここに住むと一人誓う。

1994年、語学研修にハワイへ。3ヵ月のつもりが縁あって1年半滞在。その後就職し貯金に励み、1999年ハワイ大学(UH)アジア太平洋研究科に入学。大学&大学院と通算7年通う。学生時代にMyハワイ(当時はハワイの歩き方)にて、大食いクラブ会長A子の名前でB級グルメ情報やB級生活情報などを連載。ハワイのパパママストアをこよなく愛するようになる。

並行してハワイ出雲大社でボランティアをはじめ、その縁でHawaii Pacific Pressでインターン&弟子生活。弟子生活は10年以上にも及び、442連隊、MISなどハワイならではの歴史に心惹かれるようになる。また、YOH(ヤング・オキナワンズ・オブ・ハワイ)という盆ダンスクラブにも加入。退部した今でも沖縄系の盆ダンスの振り付けはばっちりで、あまりの踊りっぷりに驚かれること多数。

某取材でキョーコさんを紹介され、年齢が同じ&共通点多数で意気投合。Myハワイに誘う。紆余曲折を経て、今回の連載が実現。キョーコさんの俳句に対抗したわけではないが、昨年、隔月短歌同人誌「ふゆみどり」を何気なく手に取りいたく感激、ハワイ短歌会に入会。久々の若手気分を味わっている。

好きな言葉

"If can can if no can no can (やれたらやるし駄目なら駄目、気楽に行こうぜ的なピジンのスラング)"。

この記事が属するカテゴリー: スポーツ・セレブ, ハワイ暮らし・その他, 暮らし, 特集
関連キーワード: KZOO放送, OC16, コミュニティ, ハワイ, ローカル,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

2 responses to バトルその3:ローカル番組

  1. 匿名さま
    バトル第3弾、楽しんでいただけたようで嬉しいです!温かいコメント、本当に有り難うございます。これからも他ではなかなか得られないようなディープなローカル情報を頑張ってアップしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。

  2. バトルその3~ローカル番組。
    興味深く読ませもらいました~面白かった!
    ハワイが好きで何度も行ったけど、雑誌やテレビでの情報だけで行動をしていたけど、ハワイの内側、特に日系の人達の生活情報等が知れて、次の旅行での行動範囲が広まりました。これからも雑誌やテレビから得られない情報等のアップを楽しみにしています。頑張って下さい❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


人気連載「ハワイに感謝!キョーコと明子のローカル自慢バトル」


現地最新情報トップ5


前後の記事