ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「ハワイ在住者の交通手段」

交通手段その1

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年05月01日

このコーナーでは、現地在住のMyハワイ編集部が集めたハワイ暮らしに役立つ情報をご紹介します。ハワイでの滞在や生活に、もちろん旅行者にも役立つ情報が満載です。

ハワイ在住者の交通手段 1

ハワイでの交通手段といえば、オアフ島では現在のところ車かザ・バスか自転車か(オートバイは車と自転車の中間ということで割愛)、というのが一般的な選択肢です。2008年から、オアフ島西海岸の住民が通勤に使える「ザ・ボート」も登場しました。また、将来的にハワイ移住を予定している方には、まだまだ計画中ですが、電車という選択肢も数年後には加わるでしょう。ハワイでの交通手段を選ぶときにそれぞれの良い面と悪い面、そしてあなたの生活パターンと資金、それにまつわる環境などを総合的に考えて決定することをお勧めします。

ハワイのバス

ザ・バス
オアフ島の公共バス「ザ・バス」は島内で100近くの路線があり、乗り換えをすればさまざまな場所を訪れることができます。わりと住宅街の奥のほうまでバスが来る場所も多く、多くの住民が通勤や通学などに利用しています。大人の利用料金は現在片道$2.50で、1ヶ月間有効の定期券(特別便以外どの路線も乗り放題)は$60です(子供は半額、障害者と65才以上のシニアは片道1ドル)。運転手さんにトランスファー・チケットを貰えば、2時間以内なら乗り換えできます。目的地への行き方さえ分かっていればとても便利で、定期券を使えば特に格安なバスは多数の学生や会社勤めの人に利用されています(ハワイにある大学の学生は定期券をさらに格安で買えるUパスもあります)。

安い車の購入費、維持費や駐車場代などを考えると格安。ハワイの大学生には学割もあります
気軽アメリカでも地域によってはバスの時刻表がまったく当てにならない土地などもありますが、ハワイのザ・バスはアメリカにしては、わりと時間通りに動いています。ただし、日本のバスや電車のような正確さは期待できないので、時間に余裕を持って行動しましょう。
便利特に駐車場確保が難しい場合など(ワイキキ内や大学など)とても便利。自転車利用者や車椅子利用者にやさしい。(バスに自転車ラックが付いているので自転車を持ってバスに乗れる。車椅子に乗ったまま乗り込むことができる。(運転手さんや他の乗客が手伝ってくれる場合も多々ある)

安全性夜遅くに移動する女性は特に安全面に気を使う必要あり。人通りの少ない場所でバスを待っている間や夜遅くは降りてからも気をつけることが必要
時間路線などによっては遠回りしなければならない場合も。思い立ったらすぐに移動できる車などと比べると、やはり時間がかかるため、救急の場合なども不便。渋滞などに巻き込まれてしまう可能性もあります
不便時刻表が各バス停にないため、事前に調べておかなければいつバスが来るか分からない。(時間通りに来ない場合も)バスではお釣りが出ないため、料金分をぴったり持っていないとお金を損することに。バス内では飲食厳禁で音楽もかけられない
気候日陰のないバス停では炎天下で待つのはつらい
荷物量バスは基本的にひざの上にのるものか、椅子の下に収納できるサイズ以下のものしか持って入れないので、買い物などの量も限られること

年齢層:若者、お年寄り、子供、車の免許がない人
生活単位:一人暮らし、家族
生活スタイル:バスの便がいいワイキキなどに住んでいる人、時間に余裕がある人、あらかじめスケジュールが決まった生活ができる人
昼間の移動が主で、せっかちでない人におすすめ
ワイキキに住むシニアには、車を持たずにザ・バスを利用者する人が多い

ハワイの交通事情


有効な日本の免許を持っている人の場合、ハワイでは入国してから1年間日本の運転免許証を使った車の運転が許されています(その際にはパスポートの携帯も必要)。途中で帰国することなく1年以上滞在する人はハワイの運転免許証を取得する必要がありますが、その際も筆記試験に関しては日本語で受けることもできます。オアフ島内だけでなく、去年就航開始したスーパーフェリーを使えばマウイ島へ自家用車ごと行くことも可能になりました。

高速渋滞にさえ巻き込まれなければ高速で移動できる
便利・楽思いついたらいつでもどこにでも行ける。朝の通勤は好みの音楽を聞きながらコーヒーを飲みつつ移動、というようなスタイルの人にはぴったり(バス内は飲食禁止)。
荷物量サーフボードのように大きなものや家族でのピクニックなどに必要な荷物も楽に運べる。購入単位が大きいけれど格安なコスコでの買い物や、家族みんなの1週間分の食料をまとめ買いしても持ち帰りの心配無用

高額車の購入価格以外にも保険代(ハワイ州では義務)や維持費、駐車場代、また近年高騰しているガソリン代を総合するとかなり高い。特にハワイは車両保険がことのほか高額
盗難ハワイの車両盗難はかなり深刻な問題。そのため車両保険が高額。車種や特定社車両限定で盗まれたり、同じ車が何度も盗まれるケースも
不便ワイキキやコンサート会場などに車で行くと駐車場探しに時間がかかったり、高い駐車料金を払う必要がある場合も。大学などでも駐車場探しのためにかなり早くに登校したり、遠くの駐車場まで何十分も歩く羽目になることも。
渋滞ホノルル市内からカポレイ(オアフ島西側)あたりまでのラッシュアワー渋滞はかなりひどい

年齢層:全年齢層
生活単位:家族(特に子供のいる人)
予算:中以上・滞在期間:中−長期
滞在期間:短−中期
生活スタイル:夜出かけることが多い/荷物が多い
気ままに外出したい人や、スケジュール上食料の買出しなどをまとめてする人、子供の送り迎えなどをする必要のある人
バスの便の良くない地域に住む人

■ハワイの基礎知識 / ザ・バス攻略法1
■ハワイの基礎知識 / ザ・バス攻略法2

(2008年5月取材)

この記事が属するカテゴリー: ハワイ暮らし・その他, 暮らし
関連キーワード: ザ・バス,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*