ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

米国へ渡航される方のESTA(電子渡航認証システム)の申請方法

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2012年05月25日

ハワイの歴史、気候や地理などを扱った「知識編」と、旅行者にとっての必須トピックを扱った「実践編」に分けてお届けする「ハワイの基礎知識」。取り上げて欲しい内容がありましたら、編集部までお知らせください。

米国へ渡航される方のESTA(電子渡航認証システム)の申請方法

米国の入国制度が2009年1月12日(月)から変更され、査証(ビザ)免除者は全員ESTA(電子渡航認証システム)への登録が必要となりました。今回はESTAの申請方法について説明したいと思います。

 

  ESTAって?
米国の入国制度が2009年1月12日から変更されました。

ハワイ旅行、手続き、ESTA

90日以内の滞在目的で米国を訪問する場合は、以前と同様に査証(ビザ)が免除されます。米国の査証を取得する必要はありませんが、事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)に従って申請し、認証を受けないと米国行きの航空機等への搭乗や米国入国を拒否されます。米国内で乗り継ぎをする場合も同様です。ESTAは査証免除者が対象です。留学や就労の米国査証をお持ちの方は、ESTAへの申請は必要ありません。

ESTAへの申請は、専用のウェブサイトから行います。日本語表記の画面もありますが、入力自体は全て英語で行います。入力する内容は、米国入国の際に提出する出入国カード(I-94W)とほとんど同じです。名前、生年月日、性別などの申請者情報、パスポート情報、渡航情報の他、質問に対し、はい、いいえで答えます。インターネット環境のない方や英語が分からない方は、申請者本人以外が代行することも可能です。旅行会社で別途の契約として申請を代行する場合もあります。編集部注:なお、2010年9月8日(水)より、ESTAは有料($14)になりましたのでご注意下さい。

一度認証を受けると2年間(2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日まで)有効です。米国政府は、渡航する72時間前までの申請を推進していますが、具体的渡航日程が決定していなくても申請できます。米国への渡航予定がある方は余裕をもって準備することをお勧めします。

ESTAの申請方法

ESTA

ESTA認証を取得するためには4つのステップがあります。下記にその方法を記していますので参考にしてください。ステップ5で回答が表示され手続き完了となります。

◆ステップ1:申請書の入力
初めて申請する場合は画面左側の「申請」をクリックしてください。回答は全て英語入力です。*印は必須項目です。

◆ステップ2:申請書の送信
ステップ1で入力した情報の確認ページです。入力データに間違いがないよう確認してください。入力が正しくない場合は、赤字でエラーメッセージが表示されます。全ての入力項目を確認後、再度確認のためにパスポート番号を入力します。次に画像認証上の文字を入力し「申請」ボタンを押します。

◆ステップ3:申請番号の受領・記録
申請番号が発行されます。申請番号は情報を更新する際に必要ですので、このページを印刷するか控えを取ってください。「次へ」をクリックし、ステップ4に進みます。

◆ステップ4:ESTA料金の支払い
ESTA料金は一人$14。支払いは、マスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー(JCBを含む) のクレジットカードまたはデビットカードのみ使用可能です。該当するクレジットカードをお持ちでない場合、第三者 (旅行代理店、家族など) が ESTA 料金を支払うことができます。ESTA 申請が拒否された場合、料金は4ドルのみとなります。

◆ステップ5:申請に対する回答の受領
回答は即座に表示されます。回答には3種類あります。 (1)「渡航認証許可」は「ESTAが承認完了」という意味です。ビザ免除プログラムでの渡米が可能です。申請番号と有効期限を印刷して保存してください(空港で提示する必要はありません。)。 (2)「渡航認証保留」は「ESTAは審査中」とう意味です。回答は申請後72時間以内に確認できますので、再度ESTAにアクセスし申請状況を確認してください。 (3)「渡航認証拒否」は「ESTAは承認されませんでした。」の意味で、最寄の大使館・領事館でビザの申請が必要です。

それでは、情報の入力に注意し下記サイトから申請してください。

ESTA(電子渡航認証システム)オンライン申請
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html

◎この制度は、査証免除対象者の出入国カード(I-94W)の情報を出発前にオンラインで米国が収集し、米国が各渡航者について査証免除対象者として渡航する条件を満たしているか、保安上のリスクがないか等をチェックすることが目的だそうです。またESTAの本格的な導入に伴い、将来的には出入国カードは廃止する予定とのことです。

詳しくは、在京米国大使館のウェブサイト(日本語)や、 米国国土安全保障省のウェブサイト(英語)等をご参照ください。

在京米国大使館では、有料で電話での問い合わせを受け付けています。

それでは皆様、良い旅を!

 

(2012年5月、2015年7月更新)

この記事が属するカテゴリー: 出入国・到着ガイド, 基礎知識
関連キーワード: ビザ, 出入国, 申請方法, 米国, 電子渡航認証システム,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

1 response to 米国へ渡航される方のESTA(電子渡航認証システム)の申請方法

  1. estaの申請番号はとれたのですが、その後の支払いで、データをいれても、(支払う)又は(キャンセル)の項目がありません。
    どうすればよいのでしょういか。なんどもやりなおしても、うまくゆきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*