ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Kana

子連れハワイ旅行ガイド 第2回 

投稿者: Kana 更新日:2015年10月06日

Hawaii Travel Guide with Kids Vol.2

ハワイは、子連れ海外旅行先でいつも上位に入るほど大人気。気候もよく、日本語も通じやすく、地元の人もフレンドリー。「子どもと一緒にハワイの綺麗な海で泳ぎたい!」「普段なかなか子どもとゆっくり過ごせないので、ハワイの自然を前に子どもとのんびりバケーションを満喫したい!」と思う人も少なくないのでは?

でも、いざ子どもを連れての旅行となると不安や心配事も多いですよね。そこで、3人の小さな子どもがいる編集部員カナが、子ども連れでのハワイ旅行を少しでも楽しいものにするために、旅行前にできる準備や現地についてからの注意点などをご紹介します。

◎第2回 子ども用持ち物リスト編

子連れハワイガイド

「子どもを連れて初めてのハワイ旅行。でも、何を持っていったらいいのかわからない!」そんな方のために、第1回目の飛行機編に続き、今回は旅行の準備をするにあたって知っておきたい、日本から持って行くと便利なもの、ハワイに着いてから調達できるものをご紹介します。

■関連記事/人気連載「ハワイの基礎知識」ハワイの緊急医療サービス
■関連記事/ハワイの天気情報、気候
■関連記事/人気連載「ハワイの子育てお役立ち情報」 第2回 ハワイ在住ママのマザーバッグの中身拝見!

◎日本から必ず持って行きたいもの

・常備薬(解熱剤、体温計、冷ピタ、整腸剤、風邪薬、絆創膏、虫刺され)&母子手帳

子どもは慣れない場所では体調を崩したり、怪我をしたりしやすいもの。いざと言う時のために使い慣れた薬などがあれば安心。母子手帳は、万が一ドクターのところに行った場合に、今まで受けた予防接種やかかった病気のことがわかるのであると便利。

母子手帳

・食べ物(離乳食、ミルク、お菓子など)

小さな子どもやアレルギーのある子は特に、ハワイでの食べ物が体に合わない場合を想定して、日本からいくらか食べ物を持っていくことをおすすめします(*注:肉、牛乳、卵、鶏肉など持込が禁止・制限されている食品もあるので事前に確認しましょう)。

・オムツ・おしりふき、ウェットティッシュ

すべてハワイでも調達できますが、アメリカのブランドよりも使い慣れたものがよいという方は滞在中に必要となりそうな分を用意していきましょう。ハワイで調達しようと思っている人も、お店に行くまでの間に必要な分は日本から持っていきましょう。

・ビーチサンダル、水着

現地でも調達可能ですが、着慣れたもの、履きなれたものを少なくとも1セット持参したほうが安心です。

・水遊び用オムツ

こちらも現地でも調達可能ですが、1パックに入っている枚数が10枚以上のものがほとんどなので、少しだけ必要という方は日本から持参したほうが経済的。

子供用水着

・帽子

ハワイは日差しが強いです。紫外線対策の一つとして必ず持っていきたいアイテム。

・子ども用歯ブラシ

ハワイのホテルではアメニティに歯ブラシが含まれていないところもあります。歯ブラシがあったとしても大抵は大人用なので、子ども用の歯ブラシは忘れずに持っていきましょう。

・授乳用ケープ

授乳室がない場所が多いので、授乳中の方は必須。

 

◎あると便利なもの

・玩具、本、シールブック、塗り絵、折り紙

ホテルの部屋での暇つぶしになります。嵩張らない程度に。

・洗濯物干し(100均などで買える小さくて、バスルームにかけられるタイプのもの。)&洗剤&子ども用ハンガー、洗濯ネットなど

子どものちょっとしたものを手洗いしてホテルのバスルームに干す際に小さめの洗濯物干しがあると便利です。また、洗濯機を使う場合は洗濯ネットを持っていきましょう。

物干し

・赤ちゃん、子ども用のスプーンやフォーク

携帯用のものがあると便利。ハワイのレストランでは子ども用のスプーンやフォークを置いていないところが多いです。

・抱っこ紐

行動によってはベビーカーよりも便利です。

・ベビーソープ&シャンプー

ホテルに備え付けのものは大人用なので、敏感肌の子どもには子ども用のソープとシャンプーを持っていきましょう。

・パーカーやカーディガンなど羽織るもの

昼間は暑くても朝晩冷えたり、建物は冷房が効いていたりすることが多いので、羽織れるものがあると便利です。

 

◎ハワイに着いてからでも調達できるもの

・日焼け止め、虫刺され、虫除け

ハワイでは、子ども用はもちろんスポーツ用やビーチ&プール用など水に強いタイプのもの、スプレータイプ、スティック状のものまで幅広い日焼け止めが揃っています。ABCストアやスーパー、ドラッグストアなどで入手できます。

日焼け止め

・ビーチ用おもちゃ、浮き輪など

ビーチで使う砂遊びのおもちゃや浮き輪などはワイキキでも手に入るところがたくさんあります。

・オムツ&おしりふき

日本製のオムツではなくとも平気という方は、ハワイでオムツを買えば荷物が少なくてすみますね。ハワイで主流の紙オムツブランドについてはこちらをご覧ください。

紙オムツ

・子ども服

アラモアナセンターカハラモールなどのショッピングセンターはもちろん、ワイケレ・プレミアム・アウトレットや人気ディスカウント店「T.J.Maxx(ティー・ジェー・マックス)」や「ロス・ドレス・フォー・レス」でも子ども服の品揃えは豊富です。ハワイらしいビーチスタイルのものやアメリカならではのポップなアイテム、日本よりも安く手に入る人気ブランドの子ども服など選ぶのが楽しくなること間違いなし!

 

◎どうする? ベビーカー(日本から持参VS.ハワイでレンタル)

まだ歩けない赤ちゃんや長い距離を歩けない小さな子どもがいる方はベビーカーがあると便利ですね。ハワイでは、旅行会社を通して空港でレンタルしたり、ホテルのコンシェルジュデスクを通して他社からレンタルすることも可能です。日本から使い慣れたいつものベビーカーを持っていくか、それとも日本からの荷物を減らしてハワイでレンタルするか、迷う方も多いと思います。ここではそれぞれのメリット、デメリットをいくつか挙げてみましょう。

ベビーカー

<日本から持っていく場合>

メリット

・使い慣れているものなので子どもも安心。

・レンタルなどの手続きの手間が省ける。

デメリット

・日本の自宅~空港間の移動の際に荷物になる。

・飛行機では受託手荷物になるので壊れる可能性がゼロではない。

<ハワイでレンタルする場合>

メリット

・日本の空港までの行き帰りの荷物が少なくて済む。

・バスやトロリーに乗る際に比較的折り畳みやすい型が揃っている。

デメリット

・選べるベビーカーの種類・型が限られている。

・いろんな人が利用するので衛生面が心配。

それぞれのメリットやデメリットを考えてみた上でどちらにするか決めましょう!

イエローハイビスカス

準備をしっかりするに越したことはありませんが、万が一忘れ物をしたとしてもハワイで手に入るもので代用という手もあります。あまり心配せずに楽しみながら準備できるといいですね。ぜひ参考にしてみてください。Aloha!

この記事が属するカテゴリー: ハワイ滞在ガイド, ファミリー, 基礎知識


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。