ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Kana

子連れハワイ旅行ガイド 第5回 

投稿者: Kana 更新日:2017年02月07日

Hawaii Travel Guide with Kids Vol.5

ALOHA!子連れ海外旅行先でいつも上位に入るほど大人気のハワイ。「私も子どもを連れてハワイ旅行をしたいけど、ハワイと言えども異国だし、わからない事だらけで不安!」などと思っている方のために、3人の子育て真っ最中の編集部員カナが子連れハワイ旅行のお役立ち情報をご紹介しているこのコーナー。前回、第4回は、子連れに嬉しいレストランをご紹介しましたが、今回はハワイにたくさんある観光スポットの中で、子どもが喜ぶ観光スポットを5つご紹介します。大人も子どもも楽しもう!

◎第5回 子どもと楽しむ観光スポット編

シーライフ・パーク

ワイキキから車で30分ほどのオアフ島南東部に位置する海のテーマパーク「シーライフパーク」。感動するくらい綺麗なエメラルドのワイマナロの海を目の前にしたこのパークでは、イルカと一緒に泳いだり、餌付けしたりという貴重な体験ができるプログラムのほか、鮫やアシカ、エイと触れ合うプログラムが充実しています。至近距離ではなくて眺めるだけでよいという方も、イルカやアシカが大活躍するショーやパーク内にいる海の生き物たちを見て楽しむことができるので、小さな子どもがいる方でも大丈夫。園内には滑り台やジャングルジムなどの遊具のあるプレイグランドもあります。また、イルカの母とクジラの父をもつ「ウォルフィン」がみれるのは世界でも唯一ここだけだそうです。

dolphin_slp
sealion_slp

イルカやアシカのショーも大人気!

こちらもおススメ!
シーライフパークが2匹のウミガメを海に放流! »
訪れてみたい!ハワイの映画ロケ地12選(前編)!»

シーライフ・パーク

住所:41-202 Kalanianaole Hwy., #7, Waimanalo, HI 96795 MAP
電話:(808)259-2500
開園時間:10:30-17:00 年中無休

ワイキキ水族館

ワイキキの東、カピオラニ公園の海側に位置する「ワイキキ水族館」でも海の生き物を見ることができます。規模は小さいながら、ハワイ以外では見られない稀少な生物がたくさん展示されています。鮮やかな色の珊瑚やカラフルな熱帯魚、海草に身を隠すシードラゴンなど、子どもも大人も見入ってしまいます。日本語で聞ける音声ガイドも無料で貸し出しているので、詳しい説明を聞きたい方はぜひ借りてみてください。また、屋外にはヤドカリやウニなどの小さな生物を実際に触れることができるコーナーや、絶滅危惧種であるハワイアンモンクシールが泳ぐ水槽のほか、広々とした芝生エリアがあり、そこで敷物をしいてピクニックをする地元のファミリーもよく見かけます。アメリカ動物園&水族館協会の最優秀展示物賞を獲得した、「コーラル・ファーム」も必見です!

ワイキキ水族館の魚

見ているだけで癒される海の生き物たち

こちらもおススメ!
【オアフ島ガイド】ワイキキ水族館徹底取材 »
瞑想&回転する、ワイキキ水族館のアザラシが世界中の話題に »

ワイキキ水族館 (Waikiki Aquarium)

住所:2777 Kalakaua Ave Honolulu, HI 96815 MAP
電話:(808)923-9741
開園時間:9:00〜16:30 年中無休
ウェブサイト(英語):http://www.waikikiaquarium.org/

ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリーセンター

今オアフ島でもっとも注目を集めている街カカアコに位置する「ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリーセンター」。遊びながら学べる子ども向けの体験学習型博物館です。スーパーマーケットや郵便局、レストラン、パイロットなど様々な職種を体験できたり、移民文化やハワイのことなど、実際に触ったり、動かしたりしながら楽しく学べます。小さい子向けの水遊び場やプレイグランドもあり、屋内なので雨の日や暑い日でも快適に遊べるのが嬉しいですね。平日の閉館時間が早いので、来館を予定される場合は事前に営業時間を確認してください。

discoverycenter

カラフルな外観

ディズカバリーセンター

(写真はココのブログより)

こちらもおススメ!
子連れハワイ、かなりオススメのスポットとは? »
【オアフ島ガイド】いま大注目の街、カカアコ(その1:基礎知識編) »

ハワイ・チルドレンズ・ディスカバリーセンター

住所:111 Ohe Street, Honolulu, Hawaii 96813 MAP
電話:(808)524-5437
営業時間:9:00〜13:00(火~金)、10:00~15:00(土&日)、月曜休み
ウェブサイト(英語):http://www.discoverycenterhawaii.org/

ホノルル動物園

ワイキキの中心部から徒歩15分程度で行ける「ホノルル動物園」は、日本の上野動物園とほぼ同じくらいの広さで、900頭以上の動物が飼育されています。ゾウやキリン、シマウマのほかに、カバやライオン、トラなどの見応えのある動物や、ミーアキャットやフェネックといった可愛い小動物も大人気。また、子どもが動物と触れ合える「ケイキ・ズー(子ども動物園)」では、動物に触ったり、餌をあげたりすることもできます。大人が早足で一通り見ても1時間はかかる広さで、園内には小さい子向けの滑り台付きジャングルジムや児童向けのエクスプロア・ドームなどの遊具が設置された広場もあるので、一日中いても楽しむ事ができます。

ホノルル動物園入り口
ホノルル動物園キリン

一番人気エリアはキリンやシマウマもいる“アフリカンサバンナ”

こちらもおススメ!
ホノルル動物園に新プレイグランドがオープン »
【ファミリー】家族連れに大人気のスポット「ホノルル動物園」徹底取材! »

ホノルル動物園 (Honolulu Zoo)

住所:151 Kapahulu Ave. Honolulu HI 96815 MAP
電話:(808)971-7171
営業時間:9:00〜16:30 ※ケイキ・ズーは16:00終了 
休園日:クリスマス 
ウェブサイト:www.honoluluzoo.org

ダイヤモンドヘッド

買い物やビーチだけではなく、ハワイではハイキングも人気のアクティビティの1つ。中でもハワイのシンボル的存在のダイヤモンドヘッドは手軽なハイキングトレイルとして人気です。トレイルは狭く、デコボコしている部分もありますが、スニーカーを履いていれば小学校低学年くらいの子どもでも無理なく歩ける程度。すれ違う人と挨拶を交わすのもなんだか新鮮で楽しくなてきます。低学年の子どもなら頂上まで40~50分程度、往復で1時間20分~2時間程度です。普段、なかなか自然の中を親子で歩くことがないという方も、一緒に息を切らして汗をかきながら、素晴らしい景色を目指して登るダイヤモンドヘッド・ハイキングはきっとハワイ旅行の思い出としていつまでも残るでしょう。日焼け止め対策と水分補給を忘れずに!

diamondhead_kapiolani
diamondhead_view

ハワイに来てこの景色を見ないのはもったいない!

こちらもおススメ!
【オアフ島ガイド】ダイヤモンドヘッド・トレッキング »
美しい自然を大満喫!ハワイのおすすめハイキング6コース »

ダイヤモンドヘッド州立自然記念公園

開園時間:6:00〜18:00 ※最終入場は16:30。
入場料:歩行者は一人につき$1、車は一台につき$5
アクセス:ワイキキから2番のザ・バスで終点カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)で下車。登山口まで徒歩約15分。

あなたはどの観光スポットへ行ってみたいですか?普段忙しくて子どもとゆっくり過ごす時間がないという方も、ハワイで楽しい時間を一緒に過ごして、素晴らしい思い出を作れるといいですね。旅行計画の参考にしてみてくださいね。Mahalo♪

この記事が属するカテゴリー: オアフ島ガイド, ハワイ滞在ガイド, ファミリー, 基礎知識, 子ども向けアクティビティ
関連キーワード: カカアコ, シーライフパーク, ダイヤモンドヘッド, ディスカバリーセンター, ハイキング, ハワイ, ホノルル動物園, ワイキキ水族館, 子連れ, 子連れハワイ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*