ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第10回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 愛知県 古川様 「心はアメリカン!」 オアフ島ノースショア滞在記 その5

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2003年01月29日

第10回ハワイモニター旅行当選者 愛知県 古川さん

最終日 帰国



サーフィンの大会を開催中のサンセットビーチ

いよいよ最終日になりました。いつもなら帰る朝はゆっくりですが、今回は空港までの時間を考え、早めのチェックアウト。(チェックインの時も感じましたが、タートルベイ・リゾートのフロントは英語のみですが、応対が本当に気持ちよく、もう一度来てみたいと思わせるものがあります)。走りなれたカム・ハイウェイを一路空港へ。途中、サンセットビーチで大会が開催されており、TVカメラ・クルー、観客そして巨大な波に乗るプロサーファーが遠くに見えた時は感動しました。でも、見る時間と駐車スペースがなく、ゆっくり動きながら車窓から眺め、帰路へ。ワイメアビーチパークでも波を確かめ、ハレイワの町を通り、ドールで最後のジュースを飲み、H2に乗る前のワヒアワの町でガソリンを入れ、予定通り午前11時過ぎにホノルル空港に着きました。


フレンドリーなスタッフに感激したタートルベイ・リゾート

あっという間の5日間。こんな充実したHAWAII旅行は初めてでした。ハワイの魅力は「温暖な気候に海・山・ショッピング・食事、それに加え、日本語で安心して楽しめる」というのがポイントだと思いますが、今回のようなワイキキを離れる個人旅行も刺激があり皆さんにぜひ、試して頂きたいと思いました。ハワイの方はもちろんメインランドからの観光客も本当にフレンドリーです。こちらが上を向いて笑顔を向ければ、「ハーイ」と返ってきます。エレベーターの中ではもちろん、観光地でも一言二言のコミュニケーションはすぐです。小心者の我が息子達も、最後には自分から「ハ〜イ・センキュウー・ユーアーウエルカム」と嬉しそうにしゃべっておりました。彼らにとっても何か感じ、得るものがあったと思います。上の子供はそろそろ親について来ない年頃に入り、これが最後の家族ハワイかもしれません。こんな素晴らしい経験をさせていただいき、本当にありがとうございました。最後になりましたが、このようなプレゼントをして頂いた「ハワイの歩き方」様、ダラーレンタカー様、タートルベイ・リゾート様にあらためて感謝申し上げます。

●追記
ハワイ個人旅行を挑戦する予定の方へ(私の同僚であり、ハワイ通のShigeki Okamoto監修)
飛行機・飛行場
個人手配のチケットは、混んでいる時期でなければゆっくり座れる可能性が高いです。ツアー客が後ろで目一杯なのに、個人客の前の方は余裕があります(今回も行き帰りとも3人席に2人、以前友人達とフリ−で行った時も同じでした)。
税関は「旅行ガイド」に書いてある通り。滞在日数・ホテル・目的(サイトシーン)でOK。時々職業、職種、会社名を聞かれます。
「個人出口」からレンタカ−の受付へは、出口をでて一方通行(右向き4or6車線)の車線と車線の間に通路があり、少し右に歩くとシャトルバスの乗り場(下に書いています)があります。
シャトルバスに当然スーツケースを持って乗る訳ですが、運転手さんが手伝ってくれますので、降りる時チップ忘れずに!(米国人は皆な渡していました)
レンタカー
ハワイ・ドライブ・マップ」を忘れずに! 非常に分かり易く助かりました。
レンタカーは日本で予約した方が無難です。予約票を出せば問題なく手続き可能。また、保険も必ず聞かれますので、日本で済ませましょう(英語でガ−といわれても分からない場合があります)。
ガソリンはレンタカーですので、常に満タンということを覚えていれば良いと思います。まず、スタンドの空いている番号の所へ車を停め、敷地内の奥または横にあるコンビニまたは小さい店のキャシャーで、20ドルを渡して「一言」です。忘れないでほしいのは、笑顔と挨拶。スタンドの3番に置いたとして、朝ならば「ハーイ、モーニン、ナンバースリー、レギュラー、フィラップ(正式にはfill it up)プリーズ」。これであちらも笑顔で、「オーケー」ときます。車のガソリン口は日本のように車内になく、外から手で開ける場合が多いので注意。入れ方は大抵のガイドブックに書いてありますが、ノズルを外した時レバーをONにする事を忘れずに、だいたいノズルの下にある鉄のレバーを上に上げます。終わったらノズルを使ってレバーを下にし、そこに置いておしまい。後はもう一度キャシャーに行って笑顔で、「サンキュー」と言えば、「Have a nice day!」の返事とおつりが貰えます。
ホテル・レストラン
今回の旅行は日本人のいない所が多かったため、色々と勉強になりましたが、ホテル・レストランはツア−旅行でも皆さんも経験済みと思いますので、省略ます。一番大事なのは「笑顔と挨拶」です。ぜひ、現地に飛び込んで下さい。

最後に一言…
偉そうに書きましたが、WAIKIKIで日本人の中に入ると安心するのも事実です。「やっぱWAIKIKIっていいよね!」というのが妻と私の本音かな? それと「これが最後かもしれない家族ハワイ」な〜んて書きましたが、それは無理というものです。つまり我々は例の病気(ハワイ症候群)に犯されてしまっているからです。子供の受験? 関係ありまへん。必ずまた行きます。では、皆さん「ワイハ」で会いましょう。MAHALO!

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: アメリカン, オアフ島ノースショア滞在記, ハワイ旅行, プレゼント, 当選者, , 愛知県, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*