ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第11回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 京都府 中永様 結婚25周年でハワイ旅行 その1

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2004年01月26日

第11回ハワイモニター旅行当選者 京都府 中永さん

えっ、私が当選者!?



結婚25周年の年の瀬に降って湧いた「ハワイ旅行」に大感激

9月の最終日(30日)の朝、いつものように洗濯を干し終え、メールのチェックをしていたら、知らない人からのメールが。「また、迷惑メールか…」と思っていたら、「当選おめでとうございます」の文字が目に飛び込んできた。嘘みたいな本当の話なのだけど、ハワイ旅行が当たっていた。「ハワイの歩き方」のサイトをチェックしてみたら、本当に私の名前がありました。急に消えてしまうんじゃないかと、しばらく、「じーっ」と見ていたけど、私の名前はしっかりと居座っていたのです。もちろん、応募した覚えはあるんだけれど、まさか本当に当選するなんて 帰宅した主人に話したら、「えっ、嘘やろ?」と驚きながらも、出張がたて込んでいたので、慌ててスケジュールのチェックを始めたのです。すかさず、「11月26日からの1週間しか、空いてないやろー」と私。実は、そんなことは、主人が帰ってくるまでにしっかりチェック済み。ということで、もちろん相棒は主人に決定。私は「読者体験レポート」を読む人から、書く人となってしまったのです。

●準備・出発


宿泊はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・リゾート&スパのカリアタワー23階

フライト・チケットが我が家に届いたのは、何と出発前日のお昼前でした。ちょうど荷造りを始めかけたころ、家の前にFedExのトラックが止まったのが見えたので、思わず「ウチですか?」と家を飛びだしていました。これを受け取って、やっと「本当にハワイに行けるんだ」という実感が… 当日は、娘夫婦にJR京都駅まで送ってもらい、関西国際空港への直行便「特急はるか」に乗車。搭乗手続きの後、軽く食事をし、免税店をウロウロ。そろそろゲートへと、国際線出発ゲート行きのシャトルに乗った。乗り合わせたのは、これから搭乗するUAの乗務員さん3人とアメリカ人の青年2人。青年の1人がいきなり気さくに話し掛けてきました。それも英語で 当たり前か… 「あなたたちもハワイに行くの?」と聞いてるようだったので、「そうですよ」と答えたら、その後は、立て板に水ように話し掛けてきた。私の英語力も知らないで…. 「東京とか沖縄には行ったことがあるよー」とか。なのに京都は知らないようだった。「バケーションで行くの?」と聞かれ「そうですよー お兄さんたちも?」と聞き返したら、「違うよ。あーで、こーで…」と何だかえらく説明してくれたけど、結局、ほとんど聞き取れなくて、何の目的なのか分からないまま。が、笑って「へぇ〜、そうなんですかぁ〜」みたいに、分かったような返事をしている自分がそこにいました。「やれやれ…」。ちなみに、ここでの「 」内の会話は日本語で書いておりますが、本当は英語です。「はぁ〜」。出発前から、ひと汗かいてしまいました。

午後7時発のUA832便で、一路ホノルルへ。機内はほぼ満席。個別のモニター付きの飛行機に乗ったのは初めてだったので、嬉しかったんだけれど、見たい映画が英語だけだったのが残念。その後、うっかりホノルルでの入国審査の用紙に必要事項を記入するのを忘れて寝てしまっていたので、降りる寸前にあわてて記入。事なきを得ました。また、汗…

ハワイ初日


ホテル向かいの「ワイラナ・コーヒー・ハウス」でランチにハンバーガーをオーダー

ハワイ時間の午前7時半頃に、ホノルル国際空港に無事到着。飛行機を降りたら… 「そうそう、この香り、この香り」。毎回、「ハワイに来たんだー」という実感が一番するのがこの瞬間かもしれませんね。個人出口から出るのは、これが2回目。5分くらい待っていたら、「ハワイの歩き方」のスタッフの方が迎えにきてくださって、レイでの歓迎を受けました。たくさんの周りの人たちが見ている中、寝ぼけ顔のままで記念撮影だとおっしゃる。「恥ずかしい〜 化粧直しもしてないし…」

ホテルに荷物を預け、「どこかで打ち合わせをしましょう」ということにしたんだけれど、まだ午前9時前だったにもかかわらず、チェックインすることができました。今回のホテルは、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・リゾート&スパで、みなさんご存知のように、ハワイでも大型のリゾートホテル。私たちの部屋はカリアタワーの23階で、まだ新しく、部屋もとてもきれいでした。眺めこそシティー・ビューだったんだけど、ラッキーなことに22階以上の宿泊客は25階の「ラニカイ・エグゼクティブ・ラウンジ」という、オーシャン・ビューのラウンジが利用できる特典が付いていたのです。「ラッキー」。今までエコノミーなホテルにしか泊まったことがない私達なので、こんな待遇は初めて。おまけに今回は「タダ」の当選旅行なのですから。「まさか、この先の人生の運を、すべて使い切ったのではないか?」と心配になってしまうくらい。折角なので、とりあえず部屋に荷物を置いて、このラウンジで打ち合わせをすることにしました。朝はコンチネンタル・ブレックファスト、昼は軽食、夜はオードブルのサービスがあるらしい。もちろん無料 ペストリーとコーヒーをいただきながら打ち合わせをして、9時半頃にはスタッフの方と別れ、部屋へ。荷物を開けた後、ビーチ沿いを歩き、日本から予約しておいた、明日借りるレンタカーの予約確認。その後、免税店へカードを作ってもらいに立ち寄り、ホテルの前に戻ってきたら、ちょうど12時頃だったので、ヒルトンの向かいにあるワイラナ・コーヒー・ハウスでハンバーガーのランチ。その後、部屋へ戻って、少し休憩しました。


初めてのスパ体験。あまりの気持ちよさに病み付きになりそう

今回の旅のメイン・イベントとも言えるスパの予約を、午後2時半に入れてもらっていたので、2時過ぎには4Fにあるマンダラ・スパへ。フロントで予約番号を告げたら、ロッカールームへ案内されガウンに着替え。スパ体験は初めてなので、どうしたらいいのか「借りてきた猫」の気分。とりあえずシャワーを浴び、サウナもあったけど、これからマッサージなのに、のぼせるといけないのでジャグジーへ入ってリラックス。そうこうしている内に、係の人が呼びにきてくれて、マッサージルームへと案内されたのです。

夫婦一緒の部屋をリクエストしておいたので、一緒にマッサージを受けることに。私たちは「マッサージ・アラウンド・ザ・ワールド」というコースらしい。指圧とマッサージのコンビという感じで、ラベンダーオイルの香りに包まれて、頭の先から足の先までゆっくりほぐしてもらっている間に、いつのまにかウツラウツラとしてしまいました。「終わりました」と言われて目が覚めた時には、体がすごく軽くなった感じ。次は、フェイス・エステのコース。これは主人とは別々の部屋。私はフェイス・エステには行ったことがあったけど、主人は初めて。主人の顔を見たら、笑いそうなくらいツルツルのピカピカ 主人は「ケ・カネ・フェイシャル」、私は「ピュア・フェイシャル」というコース。ここで、フェイシャル・スクラブを購入しました。


ホテルの樹木にはクリスマスのイルミネーションが

あまりにも気持ちのよい体験に感動しながら部屋に戻って、出かけるためにお化粧をしようとしたら、もうツルツルで、パフがスルスル滑るんです。体もお肌がプルプルで、「粉ふき芋」になっていた手足が嘘みたい。もう、これは病みつきになるかも…

午後5時頃、ザ・バスでアラモアナ・センターへ。オールド・ネイビー、シアーズ、ロングス・ドラッグスで買い物をして、マカイマーケットのヤミー・コリアン・BBQのカルビプレートでディナー。ここは安くておいしいから、私としてはハワイで外せないメニューの一つになっています。ここの前は、いつも人が一杯で、テイクアウトしていく人も多いですね。量が多く、お腹いっぱいになったので、腹ごなしにホテルまで歩いて帰ることにしました。

部屋に戻るとメッセージが入っていて、$100の商品券がフロントに届いていました。ホテル内のレストランでもショップでも使えるとのこと。「ほんとに、至れり尽くせりの旅なんだぁ…」。主人がお風呂に入ったので、ミルクやジュースを買いにホテル内のABCストアへ。戻って私もお風呂。その後ベッドの上で、明日の予定を考えていたのに、私はノートとペンを持ったまま、主人もテレビをつけたまま、いつのまにか寝てしまっていたのです。気が付いたら夜の11時半、日本で留守番中の娘に電話を入れて、改めて就寝。明日のトレッキング、大丈夫かなぁ…

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 京都府, 当選者, 懸賞, 結婚25周年,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*