ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第12回 ハワイモニター旅行当選者2」

当選者 埼玉県 岡田様 ウクレレ兄弟のハワイアン・カルチャーな旅 その8

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2005年02月14日

第12回ハワイモニター旅行当選者 埼玉県 岡田さん

最終日 コックピットで記念撮影



コックピットでパチリ 最高の想い出

午前6時にタイマーをセットしておきましたが、起きてみるとすでに6時12分。しかし、「大した寝坊でなくてよかった」と一安心しました。タイマーのスイッチを、オンにするのを忘れていたのでした。最後で気がゆるんでしまったようです。それとも帰りの飛行機にまだ乗りたくない気持ちの表れでしょうか? 慌てて、洗面、着替えを済ませて、フルーツ、コーヒーで朝食をとり、ホテルをチェックアウト。タクシーで空港へ向かいました。幸い道路がすいていて、20分くらいで到着。ビジネスクラスなのでチェックインは簡単に終わりましたが、問題はセキュリティでした。どのクラスも一緒なのと、帰りで皆荷物が多く時間がかかり、なかなか列が前に進みません。

ようやくチェックを終えて、UAのラウンジに行くと、成田の時とは違いガラガラにすいていました。外の飛行機を眺めながら、コーヒーを飲み、一休みしました。

そのうちに、時間になったので待合室へ向かい、免税品を受け取り、機内へ。中に入ると、前方のコクピットのドアが開いているのが見えました。9月11日のテロ以来、警備を厳しくしている訳だし、断られるだろうなと思いながらも、中の写真を撮らせてもらえればレポートに使えるかなと思い、前方のフライト・アテンダントの方に訊ねてみました。すると、パイロットに相談してくれて、あっさり「OK」とのことでした。コクピットの写真を撮った後、機長が機長席に座らせてくれました。そのうえパイロットの帽子まで貸してくれて、機長自ら写真を撮ってくれました。今まで何度か飛行機に乗りましたが、初めての体験。自分の席に戻り、興奮して弟に話しましたが、全然興味なさそうで拍子抜けしてしまいました。

帰りの便は揺れもなく、映画を2本みながら、うつらうつらしている間に成田に到着。ビジネスのフライト・アテンダントの方は日系の方で笑顔を絶やさず、親切な方でした。一般に米系の航空会社のフライト・アテンダントの評価は日系に比べて低めですが、こういう方もいらっしゃるのだな、とうれしく思いました。

帰国後

自宅に戻り、荷物の整理をしていたところ、デジカメの充電器と電池が足りません。どうやらホテルでコンセントに差込んだまま置いてきてしまったようです。「大した金額でもないし、あきらめようか」とも思ったのですが、一応、翌日電話してみることにして、就寝。しかし、夜中の3時に目が覚めてしまったので、時差を考えるとハワイでは朝の8時なので、ホテルに電話してみることにしました。客室係が早速調べてくれ、部屋にあったので「その日のうちに送ってくれる」ことになりました。4日後には航空便で到着。貴重品でもないのに、きちんと対応してもらえたのには感心しました。

最後に

今回の旅行は12月の雨季にもかかわらず晴天が続き、幸いにも一滴の雨にも降られませんでした。朝晩は涼しいものの、日中は真夏を感じられる中、予定した観光、買物、食事とすべてを満喫しました。ただ、オプショナル・ツアーをたくさん入れたため、多少忙しい旅になってしまいました。次回はもっとゆっくりとした旅を計画しようと思います。毎回、ビジネスクラス、ハレクラニの旅という贅沢はできませんが、一度味わってしまうと忘れられません。何かの節目には是非、また利用してみたいと思います。

最後になりますが、「ハワイの歩き方」のスタッフの方には大変お世話になりました。ここにお礼を述べさせていただきます。ありがとうございました。

岡田 孝司

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ウクレレ兄弟, ハワイアン・カルチャー, ハワイ旅行, プレゼント, 埼玉県, 当選者, 懸賞, ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*