ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第20回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 神奈川県 伊勢谷様 仲良し嫁姑の夫抜きハワイ旅行! その6

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2008年12月27日

第19回ハワイモニター旅行当選者 神奈川県 伊勢谷さん

今日はホエラーズ・ビレッジでお買い物(滞在5日目)

マウイ島、ビーチ

いよいよ活動日最後となりました。昨夜の夕食の量が多かったので朝食はごく軽めに取り、本日は旅行のメインイベントの一つのショッピングに出発です。目覚めた時から何を買おうかと…買い物のメインは息子へのプレゼントと日本から決めていましたので、「気に入ったのがあればいいな」とワクワクしていました。時間に少し余裕があったので、まずはホテル散策。朝になって気がついた素敵な事といったら、美しいビーチと青く澄んだ海。ここはなんといっても真っ白な砂浜のあるビーチがポイントの一つでしょう。隣接されたホテルに繋がっている遊歩道には汗を流すランナーの姿がちらほらと見え、又朝日を浴びながらの読書する人も見受けられました。ここのプールは小さめですがキッズ用に別のプールもあり小さなお子さんにも安心して楽しめます。又バーベキュー用のコンロもあったので、それぞれにバーベキューを楽しむ事も出来るようです。ここでも手入れの行き届きた中庭でゆっくり寛ぐのもお勧めで、笑顔のスタッフからは挨拶が気持ち良いのが印象的でした。ゴルフコースも隣接しているので、プレーヤーの方の滞在にも良いと思います。

 

テンション上がる〜 息子へのお土産ショッピング

ホエラーズ・ビレッジ・ショッピングセンター

20分程散策した後、車で1分もかからない近くにある今回メインのショッピングをする「ホエラーズ・ビレッジ・ショッピングセンター」に到着です。カアナパリリゾート内に宿泊しているのであればどのホテルからも徒歩圏内でビーチ沿いにあるので散歩ついでに立ち寄る事ができますが、たくさん買い物をするのであれば、車がおすすめです。又、駐車料金が発生しますが日本語サイトからも駐車代割引券が見つけられますし、買い物の金額によっても割引・無料になります。この旅行にはこの大きなショッピングセンター内でのお買い物券(カード)がなんと$400もついているのです! 義母とも話し、これは素直に私が使わせて頂きました。車を駐車場に停め、買い物モードにオンになった私はテンションがかなり上がっていました!

まずエントランスで目に付くこのショッピングセンターの名前にもある大きなクジラの骨のレプリカ。そこを過ぎると広がったセンターコートに数々のショップが立ち並んでいるのが目に入ります。奥には小さいクジラ博物館とビーチへ続く通路もあり青い海と青い空にとても調和された開放感あるショッピングセンターです。お店は高級ブランドを扱うお店から日常品を揃えているABCストアまで幅広い商品を扱っていて、中央にはフードコートもあるので一休みする事も出来ます。フロアはエントランスのある一階とセンターコートのある地階、博物館側には2階もありましたが、ショッピングは前者2ヵ所になります。どのお店もハローウィン当日とあって、いろんなコスチュームを着た店員が訪れる客を楽しませながらの応対もアメリカならでは?! 「この人が店員さん?」とフェイスペイントに驚くお店もありました。

マウイ島、ショッピング

一通りショッピングセンターを一周した私たちがまず向かったのは地階にある子供服の店「Blue Ginger Kids」。お子さんのいる方は是非ここのお店を覗いて見て下さい! もう全てが可愛い!私はこのお店が一番のお気に入りになりました。値段は少々高めですが、なんとも美しい淡い色合いの服がメインで、アロハシャツから帽子・靴まで一通りお洒落着が揃っています。2階には大人用のお店もあり、お揃いのシャツを購入する事が出来ます。ここではTシャツ($19)、シャツ($28)、ズボン($18)、サンダル($23)を購入しました。ここからはあちこち行ったり来たりですが、ここハワイならではの可愛いTシャツを2人で2歳になる息子を思いながら似合う似合うと夢中で買い物を続けました。「Crazy Shirts」で、アロハ柄のショートパンツ($29)とマンタのTシャツ($20)。「The Gecko Store」では、Tシャツ($16)と、私用にカラフルなノースリーブ2枚(計$52)。朝の9時30分開店と同時にやってきて夢中になっていた2人はお昼になったので、戦利品を一度車のトランクへしまい敷地内にある「フラ・グリル」で昼食を取ることにしました。

 

ショッピングの合間にランチで一息

マウイ島、フラ・グリル

ビーチ沿いにあるこのお店はビーチサイド(砂浜の上)か店内フロアの2ヵ所が選べ私たちは見晴らしの良いビーチサイドで食事を取りました。水着に軽くTシャツを羽織った人が沢山いたので、食事を取るだけにこのセンターに訪れる人も少なくないようです。又、ショッピングセンター反対側にも同じ様なお店がありましたが、こちらのお店の方が空席待ちのお客さんがいる程の人気ぶりでした。眩しい日差しの中、私たちはフォカッチャ・チキン・サンド($9.95)、9種類の野菜のサンドイッチ($8.50)とアイスティー($6.85)を。次の買い物は何にするかと相談しながらの食事でした。これからはこの旅行に行かせてくれた主人へとハワイの思い出として自分へ買い物する事にしました。

家族でおそろいのTシャツ購入

マウイ島、ショッピング

食事を取り終え、義母とはそれぞれ別行動でショッピングを続けました。3人家族でお揃いのTシャツを選んだのは一階にある「Endangered Species」。 このお店はハワイのお土産が数多く揃っているので、おすすめのお店の一つです。店員も若い方ばかりなので、割りとカジュアルな物が多く目立ちました。ここではお揃いのTシャツ($22/$22/$18)、息子へフリース($25)、父への帽子($20)、主人へTシャツ($22)を購入。「Malibu Shirts」で、主人へのTシャツ($26)を購入。買い物カードの残高が残り少なくたった所で自分への最後の買い物へ地階の「HONOLUA」に。ここもまたプルメリアやカトレア等南国の花をモチーフにした色使いも派手では無く日常使える洋服が多く揃っています。そこで妹へのプレゼントに可愛いワンピース($38)、自分へのフリース($60)を購入。残高に少し足りない分を現金で支払いこれにて買い物終了。滞在時間約4時間のショッピングに大大大満足の2人は抱えきれない程の袋を両手に車に乗り込み、ショッピングセンターを後にしました。

アーリー・アメリカンなラハイナの街を散策

ラハイナ・センター

私たちはそのままホテルには寄らずカアナパリリゾートから程近いマウイ島観光の中心地の一つ、ラハイナ地区へと向かいました。最後の夕食をハワイ島でも行った「ルースズ・クリス・ステーキ・ハウス」で取る予定でしたので、店舗が入っている「ラハイナ・センター」へ駐車し散策する事にしました。午後2時頃で、日差しが強く海沿いに広がるラハイナへはサングラス無くしては歩けません。汗をかかないカラリとした暑さと強い日差しにここちよい風が吹き、買い物で満足した2人の足並みは軽やかでした。ハローウィンと金曜日が重なってか、地元の人や観光客で賑わうこの港町は歴史を感じさせる少し古い、アーリーアメリカンな町並みです。ちょうど町の中心には「バニヤンツリー」という大樹があり、その下はちょうど心地よい日陰になっていてベンチには暑さしのぎで休んでいる人が何人もいました。この樹の大きさにも静かなる歴史の風が吹き少し神聖なる気持ちにさせてくれる場所でもあります。 道沿いにある「CROCS」のお店に入り息子へのサンダル($25.78)を購入。日本同様ハワイでも人気があるのか、そんなに広くもないこのお店はひと際混んでいました。

マウイ、ラハイナ

一通り街を散策した後、一角にある小さなショッピングモールで休憩をしました。今日は朝テンション高く歩き回っている私たちにも少し疲れが出てきたので、長めに休んで道へと戻ると、ここで毎年行われる「Halloween in Lahaina」のパレードを待つ人たちで溢れかえっていました。歩道に座って待機している人にスタート時間を尋ねると、あと30分程という事だったので私たちも歩道に座り待つことにしました。道は完全に車両が停められ、待つ見物人の数はかなりの人数になり周りのテンションが高くなるのがわかりました。そして大きな歓声が上がるとパレードの始まりです。パレードはラハイナ警察と消防団から始まり、いろんなテーマのコスチュームやフェイスペイントをした沢山のチーム約200人位でしょうか、陽気に歌ったり踊ったりしながら行進していました。中でも私が一番愛らしく可愛く思ったチーム(家族)が、いろんな飾り付けをしたラジオフライヤー乗せたまだ1歳にもならない子供をニワトリに扮装させ、両親がコックでその子を調理する仕草がなんとも愉快で私と義母は笑いのツボに入りました! パレードは見ているだけでこちらも楽しくなり、なんといっても子供達が可愛いすぎます! なかなか日本では目にしない光景に、両親が今日の為にと一生懸命頑張った姿が分かります。と、同時に私は初めて長期間離れた息子に急に逢いたくなり、初めてのホームシック(息子sickness!)になりちょっと寂しい気持ちも出てきました。

 

ハワイ最後のディナーは、ルースズ・クリスで大満足

ルースズ・クリス・ステーキ・ハウス

パレードは約30分程で終了、私たちは予約してある「ルースズ・クリス・ステーキ・ハウス」へと向かいました。先ほども述べましたが、金曜日と言う事もあり席はすでに満席。ハワイ島同様人気のあるこのお店を利用する際には、必ず事前に席の予約をお勧めします。通された席は一段上がった奥の席ですが店内を見渡せ、ちょうどサンセットの美しさが見える最高の場所でした。メニューは同じくメインを選べるクラシカルメニュー(計$170)。今回私はメインを白身魚(マヒマヒ)のソテーに、義母はこちらの一番のおすすめ・ヒレステーキを注文しました。料理の方は白身魚は新鮮さが分かるよう少しレアになっていて、塩コショウと少しのハーブでソテーしてありますが、大変柔らかく美味しかったです。ヒレステーキも柔らかく頂き、お肉なのですがあっさり頂く事が出来ました。紳士的かつ陽気に話しけるスタッフの対応にも気分が良く、なんといっても湾に面している為綺麗にサンセットをみる事が出来たのも嬉しい事でした。ハワイでの最後の食事に大満足の2人は、あっと言う間に旅が終わってしまう事に少し未練を残しつつ、ホテルへと帰りそれぞれ帰国の準備と早めの就寝で一日が終わりました。

 

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 仲良し嫁姑, 当選者, 懸賞, 神奈川県,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*