ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第21回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 三重県 北川様 猫の恩返し!? 夫婦で初めての海外旅行 その05

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2009年04月18日

第20回ハワイモニター旅行当選者 三重県 北川さん

猫の恩返しでハワイ旅行に当選!? 夫婦で初めての海外旅行 (3日目前半)

この木なんの木、日立の木、モアナルア公園 この木なんの木 この木なんの木 この木なんの木 この木なんの木

今日は1日かけてドライブを楽しみたいと思います。チェックアウトの手続きをとり、日本語案内をしてもらえる所でモアナルアガーデンの場所を調べてもらいました。モアナルア・ガーデンは皆さんご存知、日本人になじみの深い日立の木「この木何の木気になる木〜♪」の木がある公園です。グーグルの地図を貰い細かい道もわかったので、大丈夫だろうと思いながら9時ちょっと前に出発。さすがに3日にもなると運転も慣れて来て、ハイウェイにもスムーズに乗れるようになりました。「ハイウェイ1を東へパールハーバーを右手に見ながらハイウェイ201に入り、3番のインターで降りるとすぐに公園があるはず!」だったのですが、グーグルの地図を見ながら突き進むも、公園があるようには見えません。ゲートがあり、そのまま進むと病院に入って行くらしく、この道は違うなぁ〜と思いつつもゲートの入り口の警備員の人に「モアナルア・ガーデンはどこですか?」と聞くと、近くにある小さい木を指差して「ビッグツリー」とジョークまじりに紹介。「えー?これ?」と答えると爆笑されました。どうやら近くにあることは間違いないらしく、警備員の人は「ターンレフト!」と教えてくれたので、左に曲がってみるも住宅地。とても公園があるようには見えないし、グーグルの地図通りに行っても住宅地をぐるぐると回り続けるばかり。まさに迷子状態です。かれこれ3、40分はさまよい続け、途中で車を止めて地図を見ている日本人も発見。どうやら私たち同様に迷っているようです。学校の裏手の方に木があるのは見えるのですが、そこにたどり着くにはどの道をいけばいいのかよくわからない。

この木なんの木

もうあきらめようと思っていた時、庭の草木を手入れしているおばあさんがいたので、道を聞いてみると、おばあさんは偶然日系の人で日本語も少しできたので、親切に道を教えてくれました。信号からぐるっと回って一度ハイウェイに乗るような形になってすぐ降りると公園があるとのこと。おばあさんに教えてもらった通り行ってみると、「あった! ありました! 公園の看板も!」。こんなに簡単に入って来れる道だったのに、どれだけさまよっていたのでしょう。ハイウェイに乗らないとたどり着けないなんて考えもしませんでした。おばあさんに感謝です。「ハワイの人は優しいなぁ〜!」。車を停めて歩いていくと、おっきい木がたくさんあります。テレビの中の1本だけじゃなかったんだなぁ〜。天気もよく、とても気持ちのいい公園でした。苦労して着いたので感激もひとしお。もちろん日立の木の歌も唄いました。私たちが木を眺めていると、大きな観光バスがってきて続々と日本人観光客が登場。大きな木の下から空を見上げたらキラキラと緑が光っていてきれいでした。ベンチに腰掛けしばし休憩をして次の目的地に向かう前にトイレに行くと、オープントイレでびっくり! 「おぉ!海外だとやっぱりオープントイレがあるんだなぁ」。さすがに恥かしいのでここでのトイレはやめておこうと思って外に出たら日本人のおばさんたちが続々とトイレにやって来たので、「ここはオープントイレですよ」と伝えると、おばさんたちは「えぇ? ほんと?」と言いながら普通にトイレをしていて二度びっくり。うーん、日本のおばさんはたくましい。これはジェネレーションギャップというものでしょうか。

 

カイルアでアンティーク屋さん巡り

カイルア

モアナルア・ガーデンを後にして次の目的地カイルアへ向かいます。ハイウェイ201からハイウェイ3に乗り山道を抜けトンネルを抜けると海が見えて来ました。14番のインターで降りて630号線に入りカイルアの街の中へ。日本にいた時、雑誌で見たリサイクルショップ屋さんと雑貨屋(アンティーク、古道具)さんを目的地に歩いてみます。小さな街だけど、意外と日本の観光客の方も来ていて、団体ではなく個人旅行で来ているような人が多いようでした。小さな雑貨店や食事処、スーパーなどもあります。 リサイクルショップ「サルベーションアーミー」はすぐに見つかりました。結構な数の洋服があり、日用雑貨や家具なども売っていて、日本のリサイクルショップと同じような雰囲気でしたが、やはり商品は日本の物とは違っていて見ていておもしろいです。次に向かったのは「ザ・ハンター・コレクティブルズ」という雑貨屋さん。かわいらしいグラスやカップ、置物などが置いてあります。中でも伊勢エビの柄コーヒーカップは斬新なデザインでびっくり! 日本でも見たことがない代物です。コーヒーや紅茶を飲むのに伊勢エビの柄とはなんとも複雑な気分。買おうか迷ったのですが割れ物なので持って帰るのに危ないかな?と思い断念しました。

ハワイでゲットしたアンティークのピンバッジ

ショーケースを覗いていると店員さんがピンバッジの箱を出して見せてくれて、どれでも$1とのこと。ガチャガチャと漁っているとかわいい猫のピンバッジ発見! 迷わず購入。私はさらにギターのピンバッジも選んで、夫はスーパーマリオとマクドナルドのコラボバッジを選んで買っていました。カイルアは雑貨店が多いらしく、小さな地図を出して○をつけて他の雑貨店も紹介してもらえました。他の雑貨店も見てみようとさらに歩いて街を散策します。途中、レコード屋さん(「ハングリー・イヤー」というお店)があったので、ついつい中へ。中古CDも売っていて、中古は$1.99〜、新譜も$13〜。新譜は日本と比べるとずいぶんとお得な感じがしました。うっかりつかまり再び物色。中古のCDを1枚購入しました。残念ながら教えてもらったお店は午後4時からの開店ということで見れませんでしたが、周辺にあった雑貨店を見て回りました。水道の排水溝の止め栓にアロハシャツやフラダンス、鳥をモチーフにした物がありとてもかわいらしいです。こんなちょっとした部分でもおしゃれな感じにチェンジするなんて。文化の違いを感じます。日本でも使える物かどうか確信が持てなかったため購入はしなかったけど、これはきっと日本でも流行るんじゃないかなぁと思いました。小腹が空いたのでスーパーの「タイムス」で赤ウインナーを酢飯で巻いたお寿司のような物と缶コーヒーを買いました。ハワイに来て気づいたのは缶コーヒーの種類が少ないこと。日本は缶コーヒーの種類がたくさんあってどこでも大量に売っているけど、ハワイではあまり見かけません。あと、スーパーの中も静かです。日本のスーパーは野菜コーナーでキノコの歌が流れ、魚コーナーで魚の歌が流れ、肉コーナーでは焼き肉の歌が流れ、さらに店内にはBGMも流れています。これでもかと言わんばかりに音攻めに合うのですが、ハワイのスーパーは静かで売り子さんの呼び込みの声もありませんでした。ポップ広告も少なく、表示がシンプル。入り口にチラシが貼ってあったので、安売り用のチラシ(折り込み広告?)はあるようでした。このスーパー・タイムスはあまり大きいスーパーではないのだけど、カートの大きさは大きく(アメリカでは標準サイズ?)、「通路目一杯になるなぁ」などと思いました。

 

オアフ島東海岸をドライブ、絶品サンドイッチと地ビールに遭遇

オアフ島東海岸

お寿司とコーヒーをつまみつつワイキキに向かってドライブを楽しみます。ラジオをかけると「Right Now(ライト・ナウ)」がよくかかっていました。最近、日本でもよくかかっている曲なので、流行っている音楽は変わりないなぁと思いました。61号から72号に入り、山道を抜けるとすぐ海が見えて来ました。道幅がとても広く感じます。日本では歩道部分との境目にポールが立っていたり、ガードレールがあったりと広くない道をさらに狭めているような感じです。道路脇に看板もたくさん立っています。こんなにごちゃごちゃしているから、日本は交通事故が多いのではないでしょうか? そういえば私たちのようにに怪しい運転をしている観光客がたくさんいるだろうに、ハワイでは交通事故を見ることはありませんでした。途中、パトカーに先導されたトラックとすれ違ったのですが、荷台には家の半分が乗っていてびっくり。「うーん、スケールでかい!」。 日本でも組み立て式の家はありますが、家半分づつ運ぶことはまずないです。トラックが通るとき、皆、車を脇に寄せて道を譲っていました。

ハワイ

カウポ・ビーチパークのちょっと手前で車を停め、美しい海とちょっと離れた所に島があるなぁと景色を眺めつつ休憩。夫と車を写真に撮りました。結婚してからは軽自動車に乗っているので、大きい車は久しぶり。普段と違うイメージでちょっとかっこよく映っていました。次の目的地、潮吹き穴にはすぐに着きました。「海が青い! 空も青い! そして風が強い!」。高台なので遠くまで海が見渡せました。波も高く、サーフィンを楽しでいる人も見えます。下を見下ろすと崖下に人がいてびっくり! 「この崖をどうやって降りたのかな?」と横を見ると確かに降りれそうな道がありました。ここのパーキングエリアにはたくさんの観光客の人が来ていました。ココ・クレーターの脇を通り車を走らせます。海と崖が近く、ハワの道は直線が多いですが、さすがにこの辺りは道がうねっていました。「ハワイでは崖崩れとかないのかなぁ?」などと余計な心配しつつ、ココ・マリーナショッピングセンター内にあるコナ・ブリューイングカンパニーへ。

地ビール

旅先では地酒や地ビールを楽しむのが我が家のお約束なので、ハワイの地ビール「コナビール」の直営レストランはぜひ来てみたかった所です。カウンターに座り早速注文。サンプラーを頼むと10種類のコナビールの中から4種類の飲み比べができます。私はLONG BOARD(ロングボード)とPIPELINE PORTER(パイプライン・ポーター)、BIG WAVE(ビッグ・ウェーブ)、WAILUA WHEAT(ワイルア・ウィート)の4種類を頼みました。LONG BOARDは香ばしいラガービール。昨日ウォルマートで買ったのもこのビールです。PIPELINE PORTERは黒ビール。色のわりにさっぱりしていて香ばしく甘い感じでした。BIG WAVEはクリーミーでフルーティな香りで、WAILUA WHEATはさっぱりとしたクリアな味でした。私が一番好きだったのはBIG WAVE。どのビールもおいしく頂きました。ハワイの生ビールは日本の生ビールと違い、泡がほとんどありません。ビールの試飲でお腹いっぱいになりました。1杯200mlくらいのグラス、4種類で800mlですもんねぇ。

コナ・ブリューイング・カンパニー

夫は注文のとき、「ドライブ、ドライブ」と言ってソフトドリンクとクラブサンドウィッチ(またもや!?)を頼んでいました。最初にジンジャーエールを頼むとお姉さんが「テイスティング」と言って少しだけコップに注いで夫に渡してくれ、夫が「なんでだろう?」と思って飲んでみるとかなりハードな味。「わしゃぁ〜生姜です!」と主張している味です。お姉さんが気を利かせてノンアルコールビール風の飲み物のメニューを見せてくれました。日本語で小さく説明も書かれています。夫は「これ下さい」と指差してルートビアーという飲み物を頼んでいました。これがまた、なんともいえない味。ドクターペッパーみたいな感じでしょうか。ある意味懐かしい味です。サンドウィッチを頼んだとき、「シェア?」とお姉さんが聞いてくれたのに、夫が「ノー」と言うもんだから、「分けるって聞いてなかった?」と話ししたり…。その後、届いたサンドウィッチはやはり思っていたよりも大きい! ポテトチップスが隣についています。お姉さんが気を利かせて取り分け皿を出してくれました。あぁ…言葉の壁はまだまだ厚いです。

ハワイのサンドイッチ

このサンドウィッチ、かなりおいしいです! アボカドがちょっと暖かくて柔らかく、味もあっさりとしていて食べやすい。夫はあっという間に平らげていました。お姉さんの丁寧な仕事っぷりに感謝して、店を後にしました。「ありがとう!」。お店を出ると夫がトイレに行きたくなったので、近くにいたおばさんにトイレの場所を聞くと2階にあるとのこと。不思議なナンバーを言うので「なんだろう?」と思っているとどうやら暗証番号ようで、その数字を覚えながら2階へ。「おぉ!」。確かに暗証番号をいれないと開かない仕組みになっています。夫がトイレから出てくるのを待っていると、歩行器を使用しているちょっと足の具合の良くないおばあさんとおじさん(息子さんかも?)がトイレにやってきました。おじさんは夫が出て来た時だったので、トイレに入れたのですが、おばあさんは女子トイレの暗証番号を知らないので入れずに困っています。おじさんは私たちに「番号知ってる?」と聞いて来たので、「待ってて!」と伝え夫が走って行って番号を聞いてきて女子トイレを開けました。おばあさんが夫に「ありがとう、我が息子よ」と言ってくれて夫も感激。ハワイにきて初めて人の役に立てたことが嬉しかったです。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 三重県, 夫婦, 当選者, 恩返し, 懸賞, 海外旅行, ,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*