ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第04回 ハワイモニター旅行当選者2」

当選者 兵庫県 柴田様 3世代ハワイ旅行 その4

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年12月19日

第4回ハワイモニター旅行当選者  兵庫県 柴田さん

10月21日 ハワイ3日目

部屋からの眺めが素晴らしい、ハワイらしいさわやかな天気。持ってきた、カップうどんとバナナとコーヒーの朝食をベランダで… このシチュエーションに不似合いなカップうどんが妙に美味しかった(コーヒーメーカーでお湯を用意)。 今日の午前中はワイキキ・ビーチに何隻かとまっているカタマランに乗ってセーリングです。以前、2回乗ったのですが、1回目はサンセット・セーリングで1時間半のドリンク付き。オレンジ色に染まるワイキキの景色はとってもロマンチックだったのですが、周りはカップルばかり。ノースリーブと短パン、おまけに1人で乗っていたら身も心も寒ーくなり、マイタイをがぶ飲みしました。長袖とパートナーはあったほうがより楽しいかも。 2度目のセーリングは娘や姪も一緒に乗って、のんびりと… のはずが、沖の方では、かなり激しい揺れとざっぶんざっぶん波をかぶり、喜んでいた娘達も、後半はずぶぬれ放心状態に。私は子供の手前平静さを装っていましたが、こっそりライフジャケットの位置を確認しました(なんせ泳げないので)。でも、ラッキーにもイルカの群れに出会い、ジャンプしてみせてくれたので、みんな、むちゃくちゃ感動しました。

今回もずぶぬれと揺れを覚悟で、ちょうどハイアット前のビーチのあたりから出る、黄色いカタマランに乗りこみました。サイババのようなオッちゃんがほら貝を吹いて出航です。しばらくは穏やかに、流れる様に動いているので、前方のネットになっている所にうつぶせに寝転がってみました。これがまた、海の上を飛んでいるような感覚で気持ちいいー。波を進む音も心地良いし。もちろん沖からみるワイキキの町とそのうしろにせまる山側の景色も絵葉書みたいです。きっと母は「裕次郎夫人みたい」と思ったにちがいない。こうやってボーっとのんびり船に乗るのって、日本ではあまりないので、贅沢な時間って感じがします。沖のほうでは少し波をかぶりましたが、あっという間に60分が過ぎ、ビーチの方に戻ってきてしまいました。どうやら今回は激しさがテーマではなかったみたいです。ちょっと安心…

そのまま、ビーチですこし遊んで、いったんホテルに帰り、お昼は「デュークス」でとることにしました。すごい混んでいましたが、せっかくだからテラスのほうの席をお願いしたら、「陽がサンサンと照りつけてるけどいい?」と聞かれ、「オッケー、オッケー」なんて答えたら… ホントに日光直撃のテーブル。まぶしくて、暑い。それならやっぱり冷たい冷たいアルコール。私はトロピカル・カクテル、ダンナはビール、母達はジュースで日差しに立ち向かいました。あとは、イカのフライやシーザー・サラダ、ピザを注文。このイカのフライがお酒のつまみにとってもグッドでした。 今日の夕方は母がとても楽しみにしていた「パラダイス・コ―ブ・ルアウ」に行くので、集合時間の4時まではホテルのプールでゆっくりしようということになりました。

私はあのプール横のジャグジーにトロピカル・ドリンク片手に(また?)浸かりたかったのですが、その前に今回頂いた「バナナ・リパブリック」のチノパンツ商品券を使うため、母と娘をプールに残し、キング・カラカウア・プラザ内のショップに行きました。 1階はメンズ、2階はレディースで、店内は広く、欲しいものいっぱーい。最初はこっそり2枚の商品券とも私が頂いちゃおう―と企んでいたのですが、最近太り出したダンナは、手持ちのパンツがきつくなってしまっていたので、ダンナのチノパンとチノショーツを買わせていただきました。日本人観光客の見守る中、お店の前で記念撮影。ダンナの物を買ったのに、なぜかモデルは私… 結構、じっくり見てたので、ホテルに戻ると3時を過ぎていました。憧れのジャグジーには今日はもう時間切れ。

パラダイス・コ―ブ・ルアウはホテル内のツアーデスクで申し込んだのですが、大人48ドル、子供30ドル(送迎・食事込み)でした。そこのツアーデスクはもともとこのツアーを持っていなかったらしく、他へ電話して用意してくれたみたいです。あとで、色々調べてみると、自分で直接申し込んでおけば、大人はともかく、4歳の娘は無料だったんじゃないかな(子供は6歳から12歳まで25ドルとガイドブックに書いてありました)と、ちょっと残念、っていうか、くやしいーっ。リサーチは大切ということを痛感。 ホテルまでバスが迎えにきてくれましたが、ツアー客はほとんど欧米の方で、欧米からの観光客に設定されているツアーなのか、みなさんノリがよく、バスの中からもう盛り上がっていました。1時間くらいでオアフの西側、コ・オリナ・ビーチに到着。イヒラニ・リゾート・スパのあるところです。入り口でトロピカル・ドリンクをもらって、民族衣装の素敵なスタッフの方と記念撮影。あとは、ディナーまでの2時間近くを会場内にあるアトラクション(全て無料です)、 2杯までは無料のドリンク(アルコール各種あり!)などで各自楽しみます。アトラクションにはマト当てとか、石を小さいゲートにうまく転がすゲーム、タトゥーを入れてくれる所、手首や頭につけるレイを作ってくれるなど色々なブースがあり、ビーチの方ではアウトリガーを漕ぐ事も出来ます。私達は、ほとんど全て体験して楽しみました。なんといっても会場内は売店以外、全て屋外なので、とっても開放的で、ハワイらしい雰囲気なのがすごく気に入りました。サンセットの頃になると、ホラ貝の合図で民族衣装のお兄さんが、ヤシの木にあっという間に登っていき、上からプルメリアの花を降らせてくれます。「この花びらをつかむと幸せになれる」というのでみんな必死です。もちろん、私も2つゲットしました。会場内で腰ミノを配っているスタッフがいたのですが、チャレンジ精神旺盛な方はもし見つけたらぜひ、もらってください。後で、腰ミノをつけたまま皆の前でフラダンス、地引き網などできます(させられます) 。こ

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*