ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第08回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 神奈川県 穂谷様 マウイ島初上陸! ウキウキ家族旅行 その1

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2001年12月14日

第8回ハワイモニター旅行当選者 神奈川県 穂谷さん

当選!?


おそらく、もうお決まりのフレーズではないかと思いますが、念のため。実はこの当選を最初に知ったのは、私ではなく主人でした。これは主人の話なのですが、その日もいつも通り、会社でMyPCを開き、毎週土曜日の習慣である「ハワイの歩き方」の更新チェックをしました。そして、先週から予告があった「2周年記念モニター旅行当選発表」もキチンと頭の中にインプットされており、まずはそこからという事でページを開いたそうです。すると、「あれ? 神奈川県 穂谷かおり様? 当たってんのこれ?」ということになり、もう頭の中は真っ白、後頭部にガツンと来るような衝撃を覚えたそうです。

しかし、何かおかしい。「確か、当選した時ってメールが届くはず。おかしいな…」なんて思ってメールを確認したのですが、届いていない。それもそのはず、主人は自分のメールアドレスで確認していたのですから。当たったのはワ・タ・シ。私のメアドで確認すると、ちゃんと「ハワイの歩き方編集部」から当選メールが届いていました。以前から、当選された方のレポートを拝見していましたが、「いいな〜」と思っていた「アロハ!」で始まるメールが届いていたのですから、もう驚きでした。

そして、本当に当選している事を確認した上で、主人は私に連絡したのでした。私と言えば、そんな事はいざ知らず、2人の子供を引き連れて実家へ向かう途中。携帯が鳴り、取ると主人からでした。「ハワイ旅行、当たってるんだけど…」、最初は何を言ってるのだろうと思って「何をからかってんの」と言い返したら、「だからハワイの歩き方のモニター旅行当たってるんだって」。その後、私が何を言ったかはもう覚えていません。もうその瞬間から顔は緩みっ放し。気が付くとニヤついている自分に気が付きました。しかし、同時に9月11日のアメリカにおける「同時多発テロ」というとても悲しい事故の直後という事で、旅行する事に対しての複雑な思いもありました。でも、その後いろいろな情報と現地の方からの安全宣言という大きな励みもあり、いつも通り(今回で5回目)楽しく行こうと決心がつきました。そうと決まれば、ここからはもう家族全員「Hawaiiモード」へ突入です! 

ハワイへ出発当日


いよいよ出発当日。海外旅行でしか行く機会の無い成田空港は、何か特別な場所というイメージがあり、ここに来ると気分はもう絶頂。抑える事が出来ませんでした。ただアメリカのテロ事件の影響でしょうか、荷物検査は北米線のみ別ゲートを設け、厳重な検査を実施していました。(おそらく全員だとは思いますが、スーツケースの中までじっくりと検査を受けました)。難なくクリアして、22:15発のJAL72便でHawaiiへ向けて飛び立ちました。(この日はホノルル行きの便が1便しかなく満席状態でした)。
子供の楽しみである機内食はちゃんと「チャイルドミール」の手配がなされており、(編集部のUさんありがとう!)大満足、あとはHawaiiに着くのを待つだけです。

そして9:40にホノルル国際空港に定刻通りに到着。飛行機を降りた瞬間に感じとれるHawaiiの匂い」にもうノックアウト。でも、まだまだ早すぎです。イミグレでの入国検査〜荷物の受け取り(これに関してはパスポートの提示回数の多さと警察、軍関係者がいつもより多いという印象があった程度で、すんなりパスしました)を経て、さあ! Hawaiiの地を踏み出しました。「あ〜やっぱり、ここよね」なんてすっかり酔いしれてしまったのですが、ここでもやってしまいました。実は先日、編集部のUさんから「待ち合わせは個人用出口で」と約束をしていたのですが、舞い上がっていたのかすっかり上の空、なんと団体出口に出てしまったのです。(次回行かれる方は気を付けて下さいね)。待つこと15分、主人に電話してもらったのですが、行く途中でやっとスタッフの方とお会いできて、その後、やっと対面する事が出来たのです。

乗り継ぎの手配が押し迫っている事もあり、あまりお話する時間も無かったのですが、当選はすごい確率と聞いて、今回の旅行の凄さを知った瞬間でもありました。Aloha Air Lineのカウンターで旅行中の説明と今のHawaiiの話などをして頂きました。そして、つかの間の初対面の時間も終わってしまい、Uさんとスタッフの方とは早くもここでお別れ。Hawaii旅行5回目にして、初のマウイ島進出! Aloha Air Lineにて一路マウイ島カフルイ空港へと飛び立ちました。一度は乗ってみたかった島間のフライト。同じ飛行機でもとても新鮮に見えました。フライト時間は30分足らずなのですが、ドリンクサービスがあるとは全く想像もしておらず、Hawaiiといえばグアバジュース、しっかり飲んできました。あっという間にマウイ島が見えてきました。「山と自然が多い大きな島」。それが飛行機の中から見た第一印象です。そして、いよいよ初上陸です。思っていた通り「とってもローカル」。オアフ島とは全く違う感じの場所という事がすぐに感じ取ることが出来ました。すぐさま、ダラーレンタカーにてチェックイン。
手続きも手短にシャトルバスで車両置き場へ直行。マウイ滞在時の足として活躍してくれる「Douge Startus」とご対面。トランクを詰め込んで、さあ出発です。

マウイはオアフと違って、一方通行があまりなくすぐに馴染む事が出来ました。穂谷家のHawaiiでのお約束として、まず「BIG K(Kマート)」へ直行。ここで食料、飲料を調達します。これでマウイ生活の準備完了。滞在地のワイレアの「アウトリガー・ワイレアリゾート」へと向かうのでした。ネーミングの通り、リゾート地でありとても優雅で、時間を忘れられる場所でした。Hawaiiへ来ると毎回、時間との格闘なのですが、マウイ・ワイレアではその事はなしという事にしようと決心しました。オアフ在住の方がバカンスで訪れるという事が分かったような気がします。そしてお約束Part2として「B級グルメ」。これも外す事が出来ません。初日は手軽な「セブンイレブン」で「スパムむすび」、「スパム弁当」、「チャーシューマン」、「焼サイミン」を買ったのですが、どれも美味、最高です。特に「チャーシューマン」「焼サイミン」は騙されたと思って食べてみて下さい。病み付きになります。長い道のりでしたので、その疲れを癒す事と優雅に過ごすという事で、初日は早めにCloseしたのでした。

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, マウイ島初上陸, 家族旅行, 当選者, 懸賞, 神奈川県,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*