ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局
人気連載「第04回 ハワイモニター旅行当選者1」

当選者 東京都 元永様 ハネムーンよ、もう一度? その2

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2000年11月01日

第4回ハワイモニター旅行当選者 東京都 元永さん

3日目 2000年9月3日(土)

今日は日曜日、お待ちかねのサンデーブランチの日です。私達は噂によく聞くシェラトン・ワイキキの「ハノハノルーム」を日本から電話予約済み。のんびりと起床し、主人は昨日買い立てのアロハシャツにバナナ・リパブリックのチノパンを早速着込みます。ハノハノルームは最上階(30階)にある、とても見晴らしの良いレストランです。ところが私達が通されたのはダイヤモンドヘッドがちらっと見える程度の奥まった席。ちょっと頂けません。「もっと景色がよく見える席に変えてほしい」とお願いすると、快く窓向きのブース席に移らせてくれました。この時の対応といい、その後のサービスといい、ウェイターさんは何を頼んでもニコニコと応じてくれます。

さすが噂に名高いハノハノルーム、嬉しくなりました。ここは喜んでチップを置きたくなるレストランですね。メニューはと言えば、生牡蠣、サーモン、蟹、ワッフル等が美味しかったです。オムレツはお好みの具を選んでのオーダー。ケーキの種類は他に類を見ない程です。ギターの生演奏をバックに、2時間たっぷり心地良いブランチを楽しみました。

ホテルの部屋へ戻り、ラナイから海を見下ろすと、ワイキキビーチは既に人々で賑わっていました。私達もABCストアで購入した浮き輪を抱えて、いざビーチへ。砂浜を歩き、波が足元に寄ってくるともう待ちきれません! 海に入り、浮き輪でプカプカと浮かびながらのんびりダイヤモンドヘッドを眺めていると、ああ、ハワイに来たんだなぁと改めて実感します。波が静かな時に海の底を覗くと、白い石が波に寄せられて砂の上に列を作っていてとても綺麗でした。海を満喫したら、ちょっと一休み。ハイアット1階のキモ・ビーン・コーヒーの一番人気のコーヒーをテイクアウトします。ラナイで日の暮れかかった絶景を眺めながらのコーヒータイムとなりました。

夕方になり、キングズ・ビレッジの衛兵交代式とフラショーを見に行きます。ここはすべて立ち見ですが、とても間近でフラを見ることができます。男性も女性も上手です。途中には憧れのカヒコ(古典フラ)もあり、その美しさ、気高さに食い入るように見入ってしまいました。最後はプイリ、ウリウリ、イプ等フラの道具をすべて使った大フィナーレ。ショーの後にダンサーの方達と一緒に写真を撮らせてもらい、お土産に絵ハガキまでもらってしまいまいした。

今夜はこの後も予定があるので、急ぎ夕食を取ることに。キングズ・ビレッジから歩いてすぐの「ペリーズ・スモーギー」へ行きます。ここは朝昼晩とビュッフェで、とても安いと評判のお店です。絶対に行きたいと思っていました。夕食なのに1人9ドル25セント、チップは不要というのですからすごいですよね。行列ができることもあるそうですが、今日は幸い並んでいる人はいなくて、すぐに席に着くことができました。

店内はとてもカジュアルな雰囲気で気楽にくつろげる感じです。店外のテーブルは横に小さな滝も流れていて、なかなか優雅な趣きでした。お料理は十数種、飲み物やフルーツも盛り沢山で取り放題。わくわくします。店内は開け放しなので、ときどきテーブルの横をネコがうろうろ歩いたりもします。でも誰も気に留めないあたりがとってものどか。お肉にお魚、パスタにサラダをもりもり食べて、最後にノンカフェインのコーヒーで食事をしめます。店内はそこそこ綺麗だし、お料理もそこそこ美味しく種類も豊富。店員さんも皆親切でこのお値段。やはり評判になるだけのことはあると思いました。

さあ夜のメインのマジック・オブ・ポリネシアです。ここのカクテルショーを地球の歩き方デスクで申し込んでおきました。ショーが始まると、なるほど名前の通り、ポリネシアの雰囲気の中で幻想的なマジックが繰り広げられていきます。なんといっても最大の見物は大掛かりな仕掛けのマジックでしょう。十数人のダンサー達が舞台の上から一瞬にして消え、数秒後には客席から現れるという不思議な早業には拍手喝采でした。中にはコミカルなマジックや観客の中から選ばれた人が参加するマジックもあり、ジョーク交じりのトークを聞きながら、笑ったりビックリしたりであっという間の楽しい1時間でした。マジックの合間合間には本格的なフラやファイヤーダンスなどもあり、こちらも存分に楽しめるものでした。

4日目 2000年9月4日(日)

せっかく晴天続きだったのに、今日は朝から曇り空です。早起きしたので7時に朝食に行きます。ハイアット3階の「テラス・グリル」。ここは初日にKさんUさんとご一緒した場所で、その時からここのビュッフェも行ってみたいなぁと思っていたのです。料金は一人約17ドルですが、ハイアットのクーポンを使って15%引きに。ここでこの旅初めてカレーライスや味噌汁を目にしました。テラス席でフルーツを頬張っていると足元に小鳥が寄ってきます。目の前にはワイキキビーチが広がり、とても優雅な朝食となりました。このレストランと同じ階にはプールもあり、テラスとは地続きになっています。プールの側には木製のロッキングチェアーが並んでいたので、ここで食後の腹休めをすることにしました。のんびりとビーチを眺め、プールの噴水の水音を聞きながら椅子に揺られます。このロッキングチェアー、あまり使用している人はいないようですが、食後の休憩に是非おすすめです。主人はあまりの気持ち良さにうとうとと眠ってしまいました…。

ロイヤルハワイアン・ショッピングセンターでは毎週月・水・金曜日に無料のフラ・レッスンを催しているので、今日はそれに参加します。参加者は約40人と大人気。特に日本人が多いようでした。講師はプアケアラ先生。まずは基本ステップの練習から始まります。それから流れ良く本日の一曲へ。マヒナ・ホク(月と星という意味だそうです)というスローな曲を1時間かけて教わります。ゆったりとした曲ながらも1時間も踊り続けると心地良く体が熱くなってきます。先生の優雅なお手本を参考に気持ち良く踊ることができました。

ホテルへ戻ろうとすると少し雨が降っています。でも傘をさすほどではありません。ロコ気分で元気に歩くうちに止んでしまいました。おやつのスパムむすびと飲み物を買って部屋へ帰り、今日もラナイに腰を下ろします。ビーチを覗くと、先ほどの雨のせいか泳いでいる人は少ないようです。腹ごなしが済んだら、私達はまた浮き輪を抱えてビーチへ出ることにしました。今日は昨日よりも波が大きく、深い場所に浮かんで揺られているのが何とも楽しいです。しばらく海で遊んでいました。しかし夕方も近づいたというのに、おやつのスパムむすびのせいか、はたまた朝食ビュッフェで食べすぎたせいか、珍しくお腹がすきません。このまま昼食は取らずに夜を迎えることになりました。

今日は楽しみにしていたハレクラニのサンセットフラを見る日です。ハレクラニ…初めて訪れましたが素敵なホテルですね。エントランスからして優雅な雰囲気が漂っています。「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」に着き「フラが見たい」と告げるとプール脇の席に案内してくれました。この席がまた良かったのです。西にはオレンジと紫に輝く幻想的な夕日、東にはその夕日に照らされて昼間とは違った顔を見せるダイヤモンドヘッド…その両方の姿が刻一刻と移り変わっていく様を垣間見ることができるのです。あまりの美しさにそこかしこで歓声が上がります。

そんな夕日を背に踊るのがカノエ・ミラーさん。とびきり美しいフラを堪能させて頂きました。ところでこの日は他にも二人フラを踊った方がいました。後でウェイターさんに聞いてみると、「今日はレイバー・デイでハワイの祝日だから特別ゲストだった」と丁寧に教えてくれました。そうそう、ここでももちろんカクテルを頼みました。私はハレクラニ好きの友人のお勧め、グリーンバナナを試してみたところ、大正解。そしてそのおつまみのポテトチップスがまた美味でした。厚切りでしっかりと油分を含んでいて…。でもカロリーが非常に高そうですね。

夕食はハレクラニのすぐ近くのワイキキパークホテル内「パーク・カフェ」のビュッフェに決定です。シーフードを食べたい気分だったのですが、中に入るとなぜか肉料理ばかりが並んでいます。どうやら今日はお肉の日。シーフードの日は週末で、値段も高くなるとのことでした。気を取りなおしてプライムリブを頂きます。目の前で切り分けてくれる厚みのあるローストビーフにしっとりとソースが滴って、また歯応えが何とも言えません。ここは他にも野菜とデザートが充実していた印象です。迷うほど種類の揃ったケーキ類。ソフトクリームには15種ものトッピングが選び放題で困ってしまいます。麻婆豆腐には大きなお肉がゴロゴロ入っていて笑ってしまいました。店内は比較的静かで落ち着く感じです。1人約19ドル。今回のハワイの最後のディナーが終わりました。

5日目 2000年9月5日(月)

とうとう帰国の日が来てしまいました。少しでも長くハワイを味わっていたい私達は無理やり早起きして、8時前にはハイアットからカラカウア通りを挟んで目の前にあるアウトリガー・オンザビーチの入り口に立っていました。最後に「デュークス」で朝食ビュッフェを取ることにしたのです。ウェイトレスさんはとても気さくで、「どこから来たの?」、「楽しんでいますか?」と席に案内してくれるまでの短い間もちょくちょく声を掛けてくれます。テラス側の席に着くと、目の前は海。とても見晴らしの良いレストランです。テラス席のパラソルは藁でできていて、なんとなくバリ島を思わせます。大きなごついお皿にエッグズ・ベネディクトやオーダーのオムレツを盛り、これまた美味のキャロットマフィンをコーヒーと共にじっくり味わいます。パパイヤ、メロンをたっぷりと頂き9時頃食事を終えると、お店の外には席を待つ人々が大勢いました。素敵なお店なので混むのも納得です。

ホテルを出発するまでにはまだ時間があったので、キングズ・ビレッジの辺りをぶらぶらして過ごすことにしました。しかしついにチェックアウト。ホノルル空港までタクシーを使い、ここでこの旅最後のチップを渡します。そしてJAL73便で大好きなハワイに別れを告げたのでした。

旅行を終えて

最後になりました。このレポートを書き終えるまでは私の中のハワイ旅行は終わってはいませんでした。だから正直まだまだ終わりたくない気持ちでいっぱいです。それくらい私はまだどっぷりとハワイ気分に浸っているのです。

今回はショーとビュッフェ三昧の旅行でしたが、ハワイのあのおおらかで気さくな人々の笑顔も忘れることができません。パームツリーのそびえるカラカウア通りを闊歩し、毎日のようにフラを見て感動し、出会った人々と「アロハ!」と挨拶を交わした夢のような日々…。このような旅行をプレゼントしてくださったハワイの歩き方の皆様、本当にありがとうございました。K様、U様、大変お世話になりました。これからもホームページの更新を楽しみにしています。宿泊先のハイアット・リージェンシー、商品券をくださったバナナ・リパブリックの方々にも心からお礼を申し上げます。私の拙いレポートを読んでくださった方々、ありがとうございました。そして大好きなハワイに、心からマハロ! です。

読者レポートインデックスへ>>>

この記事が属するカテゴリー: ハワイ旅行読者レポート
関連キーワード: ハワイ旅行, プレゼント, 懸賞,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*