ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

【マウイ島ガイド】情緒あふれる人気の町ラハイナ

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2014年05月31日

Maui Guide:Lahaina Town

マウイ島西部の最大の観光スポットといっても過言ではない、ラハイナ。海岸沿いの町には風情のある建物が並び、ノスタルジックかつにぎやかな雰囲気でいっぱいです。個性的なギャラリーも数多くあり、ハワイ土産選びもグルメも楽しめる、おしゃれな町です。しかもこのラハイナは昔ハワイ王国の首都だったことから数多くの史跡が残っており、知的な旅も楽しめる場所。そんなラハイナ観光についてご紹介しましょう。

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナの気候、場所
ラハイナはマウイ島カフルイ空港から車で約40分の場所にある、海沿いの港町です。ハワイ語で「レレ(照りつける太陽の意味)」と呼ばれたようにオアフ島ホノルルよりも日差しが強く、特に午後2時~3時頃は暑くなります。しかし夕刻頃になれば気温も下がって爽やかな風が吹きぬけ、快適に町歩きができるでしょう。

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナの歴史
この街は19世紀前半はハワイ王国の首都で、数多くの捕鯨船と船員が休息を取るための基地でもありました。多いときには400隻、1,500人もの船員がラハイナに立ち寄ったそうです。その後捕鯨産業は衰退しましたが、当時の景観などを保存しようとラハイナの町自体が国家歴史登録財に指定されています。港町の情緒を保ちながら現代的なリゾートに発展した、そんな場所がラハイナです。

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナのショッピング
ラハイナのメインとなる通りが「フロント・ストリート(Front Street)」。南北にのびる約1kmほどのこのストリート沿いにはブティックやギャラリー、レストランなどが連立し、端から端までゆっくり歩いて 20~30分程度。人気の観光スポットらしくどこも人でにぎわっています。店はサーフ系のアパレルショップから土産店、アートを扱うギャラリー、ジュエリーショップなどさまざまで、スーパーマーケットのフードパントリーもあります。ネイバーアイランドの街はオアフ島よりも店が早く閉まるところが多いですが、ラハイナは夜になっても営業している店が多く寂しい雰囲気はありません。

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

ラハイナの繁華街の北端にあるのが「ザ・アウトレット・オブ・マウイ」。2013年末に、ハワイで2番目となるアウトレットセンターとして誕生した、注目のショッピングスポットです。カルバン・クライン、クロックス、ゲス、バナナ・リパブリック、コーチなどの人気ブランドのアウトレット店が集結。格安で買い物ができます。またここにはステーキレストランとしてアメリカでも有名なルースズ・クリス・ステーキハウスや、ハードロック・カフェといった有名ストランも多数あります。

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナのホテル・コンドミニアム
ラハイナには大規模ホテルは無く、宿泊施設であるのはラハイナ・ショアーズなどのコンドミニアムか、「○○・イン」などと名前が付いた小規模ホテルのみです。写真のラハイナ・ショアーズはフロント・ストリートの繁華街の南端に位置し、ビーチ沿いにあるラハイナで唯一のコンドミニアムです。
ラハイナから車でわずか10分ほどの場所にあるマウイの一大リゾート、カアナパリ・リゾート内には、シェラトン・マウイ・リゾート&スパウェスティン・マウイ・リゾート&スパカアナパリ・アリイといった多くのホテルが点在しています。

【マウイ島ガイド】カアナパリ・リゾート
■【編集部体験レポート】おシャレ&大人なハワイ滞在を叶えるウェスティン・マウイ
■【編集部体験レポート】のんびり滞在しながら”遊・買・食”も満喫できるシェラトン・マウイ

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナの史跡
冒頭で述べたようにラハイナには王朝時代、そして捕鯨時代と独特の歴史があり、それを伝える史跡も数多くあります。中でも中心となるのがこの写真の大木、バニヤンツリー。ちょうどフロント・ストリートの中心あたりにあり、この木陰で一息ついている人がたくさんいます。このバニヤンツリーの海側には昔の裁判所が博物館になっており、このほか宮殿や墓地などの史跡もラハイナのあちこちに残されています。

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナとカアナパリを結ぶ砂糖キビ列車
砂糖キビがマウイ島の主な産業だった時代、砂糖キビを運ぶために利用されたのがシュガーケイン・トレイン(砂糖キビ列車)。それを再現した列車がラハイナからカアナパリ・リゾートを結んでおり、観光客にも人気です。ラハイナ駅と終着駅のプウコリイ駅までの所要時間は約30分です。※2014年8月1日で終了
シュガーケイン・トレイン(英語):
www.sugarcanetrain.com

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●ラハイナの交通機関
マウイ島では本数は少ないものの公共のバスが運行しています(写真)。ラハイナ地区のバスはフロント・ストリートを走り、ラハイナ以外のエリアではカフルイ、カアナパリ、カパルア、マカワオなどを運行しています。料金は大人1回$2、一日券$4です。レンタカーを借りてラハイナまで観光に来る場合は、フロント・ストリート沿いに多くのストリートパーキングがありますが、朝早くでないと埋まっていることがほとんど。ショッピングセンターなどでは利用者は無料となることが多いようです。
■マウイ・バス(英語):www.co.maui.hi.us/index.aspx?NID=609
マウイ・バス ラハイナの時刻表(英語):
mauibus.net/regions/lahaina

マウイ島にあるショッピングも観光も楽しめる、歴史ある街ラハイナ

●プラスアルファ情報:ラハイナは最高のサンセットスポット
マウイ島の中で西側にあるラハイナは、海越しにきれいなサンセットが見えるベストスポットでもあります。夕暮れにラハイナを訪れたなら、ぜひこの時刻を逃さずレンズを構えてみてはいかがでしょう?
■ハワイの日の出&日の入り時刻 早見表

 

この記事が属するカテゴリー: ホテル, マウイ島, マウイ島のホテル, 基礎知識, 離島案内


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ