ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

ハワイ歩き方事務局

ホノルル・コーヒー・カンパニーのバリスタが世界大会で第2位に!

投稿者: ハワイ歩き方事務局 更新日:2011年07月29日

ホノルル・コーヒー・カンパニーのバリスタが世界大会で第2位に

Pete Licata of Honolulu Coffee Co. Won Silver Medal at World Barista Competition

■ピート・リカタさんが世界第2位に

honolulucoffee
honolulucoffee2

ホノルル・コーヒー・カンパニーのバリスタ、ピート・リカタ氏が、2011 年6月2日(木)~5日(日)にかけてコロンビアの首都ボゴタにて開催されたワールド・バリスタ・チャンピオンシップで第2位に輝きました。リカタ氏はアメリカ・バリスタ・チャンピオンシップで見事1位を獲得し、アメリカ代表として世界大会に出場しました。

世界大会の優勝者は、エルサルバドルのアレハンドロ・メンデス氏。他に、スペインや日本、オーストラリア、そしてイギリスなど世界各国から優秀なバリスタたちが参加しました。

ワールド・バリスタ・チャンピオンシップでは、プロのバリスタとしてエスプレッソを作るその過程からサービスまでのトータルが、芸術面と技術面の双方から審査されます。2011年度の大会では、世界50ヵ国以上から生え抜きのバリスタが集結し、その技術を競いました。各バリスタは15 分間にエスプレッソ4杯、カプチーノ4杯、そしてオリジナルのシグニチャードリンク4杯を作り審査されました。

リカタ氏は、審査員と会場に集まった多くの観客、そしてインターネットで中継を見る世界中の人々を、「実からカップへ」という独自のスタイルを用いたコーヒーの淹れ方で魅了しました。アメリカ合衆国内において唯一、コーヒーを栽培する州ハワイに暮らすリカタ氏は、ハワイ島のコーヒー農園、Rusty’s Hawaiian(ハワイ島カウ)とWai’ono Meadows(ハワイ島ノースショア)にて自らコーヒー豆を収穫し、熟練のバリスタとして注意深く選別した最高級の豆を丁寧に焙煎したコーヒー豆を競技に使い ました。その豆がどのようにしてそこに運ばれて来たのか、その過程を語りながら淹れられたエスプレッソやカプチーノは、100%ハワイ産のコーヒーとして審査員の前で湯気を立てたのです。

全米1のバリスタとして大活躍中のリカタ氏。受賞を記念した100%ハワイ産コーヒーの新作コーヒー豆を店頭及びオンラインにて2011年7下旬より販売の予定です。価格は$44.95になる予定だそうです。

ホノルル・コーヒー・カンパニー

◎アラモアナ店
場所:アラモアナ・センター3階
電話:(808)949-1500
営業時間:8:30-21:00(月~木)、 8:30-22:00(金・土)、8:00-19:00(日)

■ショッピングセンター情報 / アラモアナセンター

この記事が属するカテゴリー: ニュース


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ