ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

ハワイの住宅抵当流れ率は全米で下から5番目

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2012年06月01日

ハワイの住宅抵当流れ率は全米で下から5番目

Hawaii Foreclosures among the Lowest States

■景気回復の指標のひとつ

ハワイの経済

CoreLogic社の調べによると、ハワイ州内で今年初めから4月末までの期間に抵当流れとなった住宅は601件で、これは全米でも下から5番目の数字であることがわかりました。

全米で一番抵当流れの件数が少ないのは、サウス・ダコタ州の62件、続いてワシントンDC、ノース・ダコタ、ウェスト・バージニア州でした。逆に、もっとも抵当流れの件数が多いのは、カリフォルニア州の14万2千件で、続いてフロリダ、ミシガン、テキサス、ジョージアの各州がランクインしました。

これら上位5州の抵当流れ件数の合計は、全米の抵当流れ件数の半分を占めるそうです。アメリカの住宅バブル崩壊から5年たちますが、ハワイの倒産件数は4月現在14ヶ月連続で減少傾向にあり、経済は回復傾向にあるものとみられています。

(ホノルル・スター・アドバタイザー紙より)

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: 住宅抵当流れ率, 全米,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ