ハワイのホテル、グルメ、ショッピング、オプショナルツアーなどの旅行情報 ホノルルから「ハワイ観光に役立つ最新情報」を毎日更新

Myハワイ編集部

ハワイならではのシャカサインが失われつつある?

投稿者: Myハワイ編集部 更新日:2012年06月26日

ハワイならではのシャカサインが失われつつある?

The Shaka Sign is Disappearing on Hawaii’s Road

■道を譲ってもらったときは、シャカで「ありがとう」を伝えよう

親指と小指を立てるハワイ独特の「シャカ(Shaka)サイン」。ハワイの人々の間の挨拶には欠かせないこのサインは、たとえばドライブ中に道を譲ってもらったときの「ありがとう」の言葉の代わりに使われています。

そんなドライブシーンでのシャカサインの使用が近年減ってきているそうです。これは今年2月、ホノルルを中心に789人に行われた調査でわかったもの。道を譲るなどしてもらったときに、「シャカサインをする」と答えた人は18%にすぎず、76%が単純に「手を振る」と回答したそうです。

日本の方もハワイでドライブ中に「ありがとう」と伝えたいときは、ぜひシャカサインを送ってみてはいかがですか?

(スターアドバタイザー紙より)

 

 

この記事が属するカテゴリー: ニュース
関連キーワード: シャカサイン, ハワイならでは,


私たちをフォローしてください!
@hawaiiarukikataをフォロー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

さらにおススメ